マツダ MPV

マツダ MPV

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
MPVを激安で手に入れる方法とは・・・?

 1988年にデビューしたMPVは元々日本では販売する予定のなかった車でした、当時の同社上級セダン「ルーチェ」に搭載されていたV6 3,000㏄のガソリンエンジンを搭載した大型のバン(当時は日本ではミニバンというカテゴリーは認知されていませんでした)が、運転しやすい車体に広く使い易い室内、4WD仕様は乗用ミニバンとは思えない悪路走破性が高く評価され北米を中心に大人気となりました。 折からのRVブームで日本でも販売されるようになり北米同様アウトドア愛好家には知る人ぞ知る名車(但し、市街地や高速道路ではドンガメ等と呼ばれましたが・・・)でありました。

 そのMPVも現在の車で3代目、初代の「クロカンも走れるミニバン」から「市街地をスマートに走るミニバン」へと車の性格を大きく変更したモデルになりました、日本車としてはかなり大きい部類に入るMPVですがその大きさゆえに実際の走行性能はどうなのでしょう?日常の使い勝手と共に検証してみましょう。

 3代目MPVがデビューしたのは2006年なので今やモデル末期と言えなくもない車種なのですが、その日本のミニバンの中では際立ったエクステリアデザインのお陰で不思議と現在でも古さを感じさせられない外観に仕上がっています。特にフロントウインドウの傾斜がミニバンとしてはかなり大きめという事もありメーカーのキャッチフレーズ通り「スポーツ出来るミニバン」を具現化していると感じるデザインです。

 運転席に乗り込むといきなり体にしっくりくるポジションだと感じます、運転席の座面が一般的な乗用車に比べ高い位置にあるお陰で乗降の際に身体に掛かる負担が少なく自然な姿勢で乗降できる点が大きく作用しているようです。これはセカンドシートに於いても同様でフロアの高さが的確でタイトスカートを身に着けた女性でも比較的楽に乗降出来ます、ただ一点、この高さのシートに座るのが最も難しい服装は和装の場合で和服を着た同乗者は(これはMPVに限ったことではありませんが・・・)この手の車に乗り込むのは少しコツが必要です。

 全幅1850ミリのボディーは国産車中でも最も大きい部類に入りますがお陰で室内の広々間はじつにゆったりとリラックスできる空間が用意されています、セカンドシートも同様で左右にスライドできるシートはシートアレンジの自由度が高く座った際の足元もゆったりしており装備されるオットマンを利用すれば長距離の移動中も快適な移動空間を確保出来ます。スクエアなキャビンはライバル車種であるエスティマやオデッセイ等と比較すると一回り以上開放感があり3列目のシートもライバル達よりも広い実用寸法を確保していますが客室フロアが3列目で一段高くなっているので大柄な方が乗るには少し体勢が窮屈になってしまいます、やはりミニバンと言えど3列目で快適に過ごせるのはお子さんや小柄な方となってしまうのは仕方のない所でしょうか。 とは言え2列目シートまでの快適性能はライバル他車より一歩リードしているのは間違いないでしょう。

 エンジンを始動させると定評のあるMZエンジンは極めて滑らかで静かに回ります、ボディーの遮音性も高く室内にはエンジンのメカノイズは殆ど侵入してきません。トルコン式5段ギアを装備するATとの組み合わせで出足から力強いトルクで加速してくれます、2300㏄のエンジンは1800㎏の車体に対してはスペック的にはやや不足気味なのではないかと思っていましたが実際に走り始めると車体の重さを感じさせられる事もなく時速100㎞程度迄は伸びやかに加速してくれます。

 元来スポーツカーの様な圧倒的な速さを求めるジャンルでもなく強いて言えばグランドツアラー的要素が高い車でゆったりした室内を持ちながら迅速に長距離のドライブを楽しむにはピッタリの性格でハンドリングはミニバンにありがちなダルな印象は希薄でスポーツセダン的なキビキビしたハンドリング、でありながらしっかりした足腰で後部座席に乗車する同乗者にとっても振り回されている感覚に陥らない絶妙なセッティングがなされています。

 このMPVの弱点はやはり先述の長所の裏返しで大きい車体は道幅の狭い団地内の路地やスペース的な余裕のない駐車場での取り回しはとっても苦手です。長いホイールベースに加えFF方式のレイアウトであることからどうしてもハンドルの切れ角は少なめ、最小回転半径5.7Mと言う数値は逆に良く出来ましたと言うべきなのでしょう。デザイン、室内の仕上げ、主要装備を考えれば価格的にはお買い得な設定なので、後は大柄な車体でも臆する事無く操る器用さがあれば国産車の中でも最高にリラックス出来るマイカーを相棒にする事が出来ますよ。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
MPVに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年8月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/55

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)