マツダ CX-3 マイナーチェンジ 2016年10月

マツダ CX-3 マイナーチェンジ 2016年10月

国産乗用車では、搭載エンジンがディーゼルのみになるディーゼル専用車がマツダの
CX-3です。

ハイブリッドや電気自動車ではない第3のエコカーとして華々しくデューを果たしました。

マツダの先進的省エネ技術のスカイアクティブテクノロジーの第5弾となるCX-3。

現行マツダモデルに共通するデザインアイデンティの鼓動デザインは、マツダの確固
たる信念をイメージするものでしょう。

世界的なブームになっているスモールSUVクラス。
maxresdefault2.jpg

日産・ジュークやホンダ・べゼルそしてこれからデビューするトヨタ・C-HRも同じ土俵で
戦うライバルです。

CX-3のデビューは2015年。

それから2年経過して、さらに激化するスモールSUV市場を勝ち抜くためCX-3も
マイナーチェンジで魅力の強化が図られたのです。

新たに投入された新技術は、コーナーの旋回能力が上がるG-ペタリング コントロールです。
先にマイナーチェンジされたアクセラやアテンザと同じ機能になります。

コーナーでハンドルを切ればそれに合わせてエンジン回転数を抑制してくる機能。

この機能に加えてサスペンションや電動パワステがさらにチューニングされて抜群の
乗り心地を実現しています。

登場時から驚くほどの静かなディーゼルエンジンでしたが、マイナーチェンジで
ナチュラルサウンド周波数コントロールが標準装備されてディーゼル特有の不快な
ノック音がさらに軽減されて快適なドライビングの向上しました。

ヘッドライトはハンドルに連動するアダプティブLEDヘッドライトが採用され夜間走行時
の視認性をさらにアップさせています。

新聞発表にもあったメーカートップクラスの性能を誇る衝突軽減ブレーキ
アドバンスド スマート システム ブレーキ サポート」もうれしい全グレードに搭載です。

インテリアでは、マルチインフォメーショ ンディ スプレイのフルカラーとなり視認性が抜群
に良くなりましたね。

ボディーカラーには、マシーングレープレミアムメタリックなど3色追加。

1500ccディーゼルターボエンジンの最高出力は105PS/27.5kg・mと
トルクでは2500ccNAクラスの実力。
index.jpg
燃費は、23km/L(JC08モード)とガソリンエンジンの同排気量と比べるとそれほどの燃費
ではないもののガソリンよりも15円以上も安いディーゼル燃料はやはりお財布に優しいと言えるでしょう。

価格は、約237~303万円です。

駆動方式は、FFと4WDでミッションは6速MTと6速ATがあります。

タグ

2017年1月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/272

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)