マツダ ベリーサ「ミスティックレザーセレクション」

マツダ ベリーサ「ミスティックレザーセレクション」

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ベリーサを激安で手に入れる方法とは・・・?

 今やモデル末期と思われるモデルだけど意外とコンスタントな販売成績を維持しているのがマツダのベリーサです、先代のデミオと同じプラットフォームながら走りを楽しむデミオとは異なりシックで落ち着いた内外装のデザインと静粛性能を高めてコンパクトながらも上質感の高いモデルに仕上がっています。最近のマツダはスカイアクティブを基にした新構造のモデルを次々に投入していますのでこのベリーサも今のまま販売が継続されるのかどうかは"?"な所ですが、それでもコンスタントに販売成績を伸ばしているのはやはりそれなりの魅力があるのでしょう。今やチョッとマツダの本流からそれてしまった感のあるベリーサですがこの夏新たにデビューした限定モデルに試乗して改めてチェックしてみましょう。
 最近のマツダのデザインは特徴的なフロントグリルや張り出したフェンダー、複雑な造形のヘッドライトなどが各車に共通の要素とされどの車も人目見ればマツダ車だと見分けの付くデザインになっています。そんな中でこのベリーサはデビューが2004年と国産車の中では10年以上という異例の長寿モデルとなっています、今となっては少しおとなしい感じのデザインですが今回改めて見ると水平基調のデザインに飽きの来ないエクステリアデザインはフォーマルな中にも少し張り出した前後のフェンダーアーチ、ガラス面の傾斜をより垂直に近づけキャビンを大きく取る手法など何となくミニのシルエットにも共通する物を見出すことが出来ます。これにより足元は力強く地面に踏ん張った安定感が生まれ少し広く大きめの屋根を乗せても全体的にまとまりのある一体感と何処か懐かしい雰囲気の漂うシルエットを醸し出し全てのライバルや兄弟車であるデミオでさえも全てフルモデルチェンジしてしまった今でも古臭さを感じさせない長寿モデルの基本のツボを良く押さえてある事が判ります。
 運転席に乗り込んで見ても大き目のキャビンのお陰で搭載可能になった当時のアテンザ用をベースに作られたシートは座面も大きく身長180cmの筆者が乗車してもちっとも窮屈間はありませんしサイドサポートもありしっかりと体を支えてくれます、インテリアデザインもコンパクトカーにありがちな「こうやって造ったら安く出来ますよ」というような類の物ではなくきちんと車の雰囲気に合せてデザインされている所が共感を持てます、一部プラスティックの素材感と言うか仕上加工をもう少し・・・と感じなくも無いけど本体価格160万円の車であることを考えたら十分納得です。また、今回の特別仕様車である「ミスティックレザーセレクション」は特に薄いグレーというかオフホワイト調の本皮シートを標準で装備しておりその縫い目に白いステッチが入るデザインは外観同様にレトロな雰囲気がより強調され全体に品の良いオシャレな雰囲気です。

 コンパクトカーとは言えエンジンは1500㏄なので動力性能そのものには全く問題はありません、然しながら今となっては旧式のパワートレインとそのセッティングであることはスタート直後の加速感に少し滲み出てしまいます。このクラスは近年どの車種もCVT化が進みエンジンは低回転のまま滑らかに加速してゆく車が多いのですが、このベリーサに関しては結構威勢良く加速して行こうとするのです。発進時に何も考えずにバカッとアクセルペダルを踏み続けてゆくとその直後からギアは1速ホールドの状態で結構な速度まで引っ張って行きます。まあ、これはこれで楽しいのだけど吸音材も多く使い走行時の静粛性能にも気を配った造りこみの車にしては「チョッと性格違うんじゃない?」と思ってしまいます。最も慣れてしまえば踏み込み量をコントロールして穏やかな普通の加速をしてやれば良いだけの事なのだけど予備知識無く走らせるとインテリアの雰囲気にそぐわない加速で少し驚きます。

 比較的長いホイールベースのお陰で車自体の安定感は非常に高いのも特徴です、今や少数派になりつつつある油圧式パワーステアリングも実に自然な雰囲気で最新のフィットやヴィッツ等と乗り比べるとやはりベリーサのハンドリングの方が数段滑らかで自然な感じです。ハンドリングのフィーリングに気を良くして山間部を走り続けて感じるのはフィットやヴィッツ等の他のコンパクトカーの様に妙に切れ込んでヒラヒラ回り込もうとする感覚が無く以外にもどっしりとした安定感を持ってカーブをクリアして行くのが判ります。地面にしっかりと踏ん張りを利かせつつボディそのものもしっかりと剛性を持っているようで実は走行後に始めて気が付いたのですがフロントにはストラットタワーバーが装備されている!静粛性と上品さが売りのコンパクトとは言えやはり走行性能を維持する為に目立たない点にも力を入れているのはメーカーの姿勢として評価したい点ですね。

 ここ10年で日本車の中でもコンパクトカーの品質は随分向上していると思うのですが、反面、コストダウンの跡もよく目立つようになって来ました。ベリーサ位の大きさであればセカンドカーではなくファーストカーとして乗りたいユーザーも実際のところ多いのだと思いますが、どうも国産車は小さくなると安っぽくなる傾向が強いのが特徴です、古くはホンダのコンチェルト・トヨタのプログレ・・・小さいけど安っぽさが無く良い車は定期的に各メーカーから出てくるのですがどうも長続きしないのは日本人の国民性なのでしょうか?「これだけお金払うのだから・・・大きくて立派に見える方が・・・」

 スカイアクティブ系のエンジンとはエンジンブロックの製造過程が全く異なるベリーサのMZR系エンジンは長い目で見ると無くなって行く運命なのでしょうが、このコンパクトな車体のなかでもしっとりと落ち着きのある身のこなしとデザインに高い静粛性を持つボディは是非とも次モデルにも生かして欲しい。噂ではCX-3が出るとか出ないとか・・・前面に走行性能の車はマツダ的ではあるがベリーサのような長期間オーナーに支持される車も作り続けて欲しいと思います。



ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ベリーサに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年8月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/112

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)