スズキ キザシ

スズキ キザシ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
キザシを激安で手に入れる方法とは・・・?

 いくら国内で人気が無いと言っても世界戦略を考えればやはりセダンを作らない訳にはいかない、スズキのキザシはそんな中で生まれたのだろう。角の取れたデザインは特に写真で見ると大きさを感じ難く、当初発表された時にはスイフトのセダン版が出たのかと思ったのですが良く見るとなんとエンジンは2.4Lの立派なボディでこれがスズキのグローバル戦略の一つであるという。海外市場をメインターゲットにした車種であるだけに国内の街中で見かける頻度は決して高くはないが、それでも欧州に目を向ければBMWであれば3シリーズと戦わなくてはならないサイズだけにどんな仕上がりになっているのか気になるところです。

 冒頭にも触れたようにキザシのボディサイズは決して小さくない・・・というかむしろ国内では大きいサイズの車です、事前の資料で写真だけ見るとどうしてもその大きさが伝わって来なかったのですが実際に目の当たりにするとそのボディのボリューム感が判ります。エンジンの基本構造はエスクードと同じパワフルな2.4Lのガソリンエンジンですがエスクードと異なるのはトランスミッションがCVTとなっている点とエンジンの出力特性をオンロード志向に改め最高出力もエスクードに比べ20馬力程向上させている点です、エンジンの素性はエスクードで既に証明済みでありその力強さにCVTのスムースな乗心地を組み合わせたいと言うのがメーカー側の意向なのでしょう。

 セダンとしてはごく普通の着座位置となるドライビングシートに座るとインテリア全体がブラックで統一された室内はなかなか引き締まったスポーティーな印象を与えてくれ走らせる楽しさを演出してくれています。黒の下地にホワイトの文字が浮かび上がるメーターも飾りっ気や豪華さは無いものの視認性が高く車のキャラクターに良く合っています。全幅1800mmのボディーは室内空間にもたっぷりとした余裕を与えてくれ助手席との適度な距離感も居心地の良い雰囲気です。本皮製のシートは欧州車を意識してかやや硬めのクッションでしっかりした作りになっていますが太腿の両サイドのホールド性がいま一つ、おや?走りを意識したのではなくゆったりとした余裕を楽しむのかな?とこの辺りで車の方向性を今一度確認したくなったりするのがややマイナスポイントかな? リアシートの空間もフロント同様に十分に確保されており仮に身長175cmの大人が4名乗車したとしても不便さを感じる事は無いでしょう。

 エンジンを始動させると4気筒らしい雰囲気ながらも静かにアイドリングを始めます、シフトレバーをDレンジに入れるとさすがに2400㏄もある排気量のお陰で走り始めから太いトルクで車を押し出してくれます(実際にはFFなので~引っ張り出す?~)そのままバイパス道に入り加速してゆくとCVTらしい継ぎ目の無い加速で一気に交通の流れをリードしてくれます。エスクードに比べ20馬力アップしていると言う事なのでさぞや鋭い加速かとやや緊張して臨んだのですが、意外とマイルドな加速で目標の速度域に達してしまったのでやや拍子抜けしたのですが考えてみればトランスミッションがCVT化され力強さを前面に出したエスクードとは異なりこちらは「その気になれば速いけどそれまではトルクで速度を乗せてゆく様なやや大人っぽい加速」を演出したのでしょう。それでもCVTのマニュアルモードを使ってワインディングを走れば思い通りのエンジン回転をキープしながら楽しく駆けてゆく事が出来、運転の楽しさも十分残されていると言えるでしょう。

 外見のデザイン的には敢えて今流行の派手なプレスラインを彫り込む事を避けフォルクスワーゲンやアウディの様な塊感のあるプレーンなデザインは嫌味が無くピンポイントでのスマッシュヒットは狙わず国籍や年齢、性別、時代の流行等に流されにくい普遍的なデザインをする事でより幅広い地域展開を目指して開発されたのであろう事が見て取れます。その辺りの感覚はリアのマフラーエンドがバンパー埋め込みタイプになっている点にも「他車とは競い合わせない」デザインを目指したのでしょう。

 じっくりと細部まで見てゆけばこの車の真の目指した姿が見えてきます、ブラックで統一されたインテリアやハイパワーなエンジン性能を見るとスポーツセダンを連想しがちですが実は適度にスポーティーではあるけれど実はコンフォートセダンを目指しているのが本来の姿のようです。サスペンションはライバル達と比べてもカーブでの沈み込みも大きくソフトな印象、ハンドリングもややダルで余裕のある味付で実際には意識して飛ばそうとしない限り車が運転手を急かして来る事は無い。この事からもゆったりと上品でパワフルなトルクを味わう車と言うのがキザシの本来の姿のようです。であればもっと落ち着いたインテリアデザインにまとめる事も出来た筈なのにインテリアは敢えてスポーツ路線に振ったデザイン・・・世界の中でより多くの人の目に留まる為には見た目はスポーティーな仕様にした方がコマーシャル効果があると判断したのでしょう。

 スポーティーなデザインが好み だけど実際には車は通勤やレジャーで家族や仲間と乗るものでスポーツ走行を楽しむと言う訳ではない。こういった実に実用的で利に適ったコンセプトがそのまま形になった様なスズキの正直さが伝わってくる実用セダンであるという事が良く判りました。これから歴史を重ねてスイフトやエスクードの様にこの分野でもスズキ独自の世界観を作り上げて貰いたいと思います。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
キザシに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年2月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/82

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)