MC22S ワゴンRなど、突然のエンストにご注意を!

MC22S ワゴンRなど、突然のエンストにご注意を!

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ワゴンRを激安で手に入れる方法とは・・・?

軽自動車のベストセラーといえば、SUZUKIのワゴンR。

そう、日本で一番売れている軽自動車。

その飽きのこないデザインと、卓越したパッケージングや経済性、

そしてカスタマイズに困らない豊富なアフターパーツのラインナップ。

家族の便利な車から、若者のオシャレなカスタマイズベースまで。

その幅広い立ち振る舞いができるのもワゴンRの魅力といえよう。

 

まだまだ街中で活躍中のMC22S型ワゴンR。

1998年~2003年まで製造され、最終後期型でももう10年近く前に生産されたことになる。

そろそろあちらこちらに不具合が出てきてもおかしくない頃といえるお年頃。

 

そんな中で困ったトラブルといえば、『突然のエンスト』。

さっきまで調子よく走っていたのに急にエンジンが止まってしまい、

またエンジンをかけようとしてもウンともスンともいわない・・・。

これは困ります。かなり慌てます。

 

この原因の多くはISCV(アイドルスピードコントロールバルブ)とECU(エンジンコンピューター)。

ISCVはスロットルのところにあるアイドリング時の吸入空気量を制御するもの。

これが経年劣化などで異常な信号をECUに送ってしまい、その異常信号のせいでECUも壊され、

この『突然のエンスト&再始動できず』の症状となってあらわれます。

ISCV←→ECUという関連性を持ったトラブルなので、どちらか一方を交換しても

症状がまず改善しないというのも特徴。

 

ここで厄介なのが距離をあまり走ってないから大丈夫、とか、こういう乗り方してると

壊れますといった法則がないこと。

距離や使用頻度にかかわらず突然起こりうるから厄介です。

また、エンジンなど多くの部品を共用しているエヴリィなどでも良くみる症状ですからご注意を・・・!

(あ、でもカプチーノは不思議とこの症状で困ってるというのは聞かない気が・・・)

 

 

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ワゴンRに激安で乗り換えませんか?

タグ

2011年10月23日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/23

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)