スズキ アルト(5MT)

スズキ アルト(5MT)

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
アルトを激安で手に入れる方法とは・・・?

 最近はエコカーブームや長引く経済の低迷、生活スタイルの変化などで普通乗用車よりも軽自動車を選ぶ人が多くなっているとも言われています。今回はオートバイから小型自動車までを製造するスズキ自動車の主力車種である「アルト」を取り上げてみました。通勤用のセカンドカー、ちょっとした農作業の足、エントリーユーザーの移動手段等、軽自動車ユーザーの多くははどうしても軽自動車でなけばならない事情がある場合が多く年齢層も使用目的も様々なジャンルで今回は敢えて5速マニュアルミッションを試乗してみます。

 規制緩和でボディサイズも随分大きくなりファミリーカーとして利用する方も多いと思いますが日常の足として使う場合を想定したチェックをしてみましょう。

 今回のアルトのデザイン的な特徴はフェンダー上部まで延びた「まが玉」の様な形のヘッドランプと少し背の高くなったゆったりとした印象のエクステリアです。かつての様に「軽自動車=女性ユーザー」という公式が当てはまらなくなった現在では可愛らしさが前面に出過ぎず、清潔感と快適性が感じられるよく考えられたデザインであると思います。サイドから見ると必要最小限に抑えられたエンジンルーム、規格寸法一杯に広げられたキャビンで見た目にもゆとりの感じられる室内空間を感じる事が出来ます。

 乗り込む為に実際にドアを開くと少し高い車高のお陰でドアが大きく乗り込み易い印象、少し高めの着座位置もあり身長180cmの筆者でもごく自然に運転席に座る事が出来ます。その際にハンドルやドアトリム等を窮屈に避ける必要もなくここ数年の軽自動車のパッケージングの進化を感じられます。サイドウインドウはAピラー付近がやや低くなり開口面積も大きいので運転席からの風景は一昔前のリッターカー(死語?)以上の開放感を体感できます。メーター類も実用車として必要最小限の情報が分かり易いレイアウトで好感が持てます、トリップメーターの表示パネルには今時の車らしく平均燃費や瞬間燃費等を表示する機能もあり運転する度に経済的な運転を心掛ける習慣が身に付いてくれます。

 エンジンを始動するとスズキらしい軽くフリクションロスを感じさせないスムーズなアイドリングです、ギアを1速に入れクラッチを繋ぐと軽いペダルの割に節度ある操作感でミートポイントが運転者に伝わる使い易いクラッチですから半クラや微速等の調整も難なく可能です。アクセルを踏み込み加速して行くと実際にはタコメーターは装備されていないので何回転で回っているのか正確には判りませんが、程よく車内に侵入して来るエンジン音でシフトアップポイントも掴み易いセッティングです。マニュアル車の場合、運転し易いか否かを決める大きな要素の一つにペダル類の剛性と踏込シロ(量)、踏込み重さ等のバランスが挙げられますがこのアルトではこれらのバランスが良く初めての方でも非常に楽に運転する事が出来ます。シフトレバーの操作感も良好で、軽自動車のMT車にありがちな「入っているのかどうか判らない」物ではなく1速から5速まで確実にシフトチェンジする事が出来ます。ただ、最近主流となっている電動パワステのセッティングは今一歩の印象で、ハンドルを切ってコーナーをクリアした後に直進に戻る際ハンドルがセンターに戻ってくれない。軽自動車の品質はこんな物と言えばそれまでかも知れませんし、普通自動車に比べキャスターアングルの自由度が少ない分仕方ないのかも知れませんが、設計時の工夫次第でクリア出来た部分ではなかったか?と思ってしまいます。

 後部座席も含め室内の広々感は高く、シート自体のクッション性も良い為乗車した際には比較的快適に目的地まで移動する事が出来ます。一般の街中で信号待ち停車の多い場面であっても装備された平均燃費計で見ると悪くても19.8㎞/Lを下回る事が無く普通に走れば250㏄のオートバイ程度の平均燃費である事が分かり毎日の足としても十分納得のいく物でしょう。

 軽自動車の利点は狭い道や場所等にも気軽に入り込める小回り性能が高い事が挙げられますが、このアルトを実際に田舎道の狭い農道等に乗り入れて見ると意外とこれまでの高評価にケチが付く場面に遭遇します。今回乗り入れた道は田園地帯の中の幅員2m以下の道、とはいえクラウンやハイエース、2tトラック等でも不安を感じず十分走行出来るアスファルトの道なのですが、このアルトで走ると何だかとても狭く感じてしまいます。よくよく観察すると、その原因はAピラーの太さと傾斜角度にある様で車体剛性やキャビンの安全基準クリアの為とは思うのですが特にダッシュボードとの付根辺りは軽自動車とは思えない位の太さがあります。この為狭い道では道の両端が運転席からは確認し難く結果的に真横の視界はかなり開放感があるにも拘らず前方視界に集中するような場面では一気に窮屈な印象になってしまいます。更にこの事は交差点での左右の安全確認にも大きな影響を与え、特に右側から進入して来る車両や場合によっては交差点の右折方向の道路全体がAピラーの陰に隠れてしまうのです。常に広く信号のある交差点だけを走行する場合であれば問題に感じ無いのかもしれないのですが、これは右左折時に信号を渡る歩行者や自転車の発見遅れにもつながるので注意したい所。

 全体的にはエンジンとトランスミッションの相性も良く普通乗用車の流れにも十分付いて行ける動力性能とそれを抑えるブレーキ性能。コンパクトな車体ながらも開放感のあるキャビン、ヘッドレストの高さも十分で座り心地の良いシートと車としての性能そのものは申し分無いと言うのが率直な印象で「軽No.1」を自認するスズキだけに良く考えられていると評価出来ます。それだけに先述の左右Aピラーの死角に付いては「非常に惜しい!」と思ってしまいます。

 

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
アルトに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年7月22日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/49

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)