スズキ ソリオ ハイブリッド 追加 2016年11月

スズキ ソリオ ハイブリッド 追加 2016年11月

コンパクトサイズのミニバンクラスの絶対王者だったスズキ・ソリオ。
2015年に、ニューモデルにチェンジしてさらにその地位を堅固にしたことは間違い
ありません。

ソリオの独壇場であったコンパクトミニバン市場についに追手となるライバルが登場!
しました。

それは、軽自動車市場でしのぎを削り合うライバルメーカーダイハツが主に開発した
トヨタ・タンク、ルーミーです。

タンク・ルーミーはトヨタと業務提携しているスバルとダイハツからもバッチ違いの
OME供給車で販売されます。

日本全国くまなく販売網があるトヨタが、ライバルとなると今までの王者のソリオも
黙っているわけにはいきません。

とうとう王者の座を守るために切り札ともなる、ストロングハイブリッドがソリオに
加されました。
2016s-11291-300x200.jpg
読者の方には、ソリオにはハイブリッド車がすでにあったのではないか?
と思われる方もおられるでしょう。

以前からあったハイブリッドはエネチャージと呼ばれるマイルドハイブリッドです。
ブレーキなどの減速時などで充電してバッテリーに逐電して発進加速時にはモーター
がガソリンエンジンのアシストを行い省エネに貢献するものです。

新型は、S-エネチェージとさらに進化しています。

現行ソリオに搭載されるエンジンは、1200cc直4DOHCのNAとマイルドハイブリッド
そして今回追加となったストロングハイブリッドの豪華3本立!

ストングハイブリッドは、スズキが独自に開発したもので、モーターのみの駆動も
もちろんOKです。

maxresdefault.jpg
ライバルのタンク・ルーミーは1000cc直3DOHCターボ。
最近、話題のダウンサイジングターボです。

ライバルとは、一味違うソリオのエンジン。
でも、直列4気筒エンジンのほうが振動も騒音も少なく快適なドライビングが出来る
ことは言うまでもありません。

ソリオのほうが、ライバルよりもエンジン性能で圧倒しています。


グレードは、ハイブリッド(ストロングハイブリッド)のSZ・SX、マイルドハイブリッドの
MZ・MX、そしてベースグレードのGの5つです。

価格は約145~212万円

駆動方式は、FFと4WDが有りますがストロングハイブリッドはFFのみです。

ミッションは、CVT。ストロングハイブリッドにはAGS。アルトのも採用されている
MTとATのイイとこどりの新感覚のミッション。

燃費は、ストロングハイブリッドが32km/L(JC08モード)でマイルドハイブリッドが
27.2km/L(JC08モード)と高燃費をマークしています。

ライバルを圧倒しているソリオ。

私の個人的意見ですが、ソリオのお買い得モデルは、4WDも選択できる
マイルドハイブリッドでしょう。

タグ

2016年12月28日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/269

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)