スバル エクシーガ2.0iーS AWD

スバル エクシーガ2.0iーS AWD

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
エクシーガを激安で手に入れる方法とは・・・?

 先頃発売されたBRZが話題のスバルですが今回は敢えてモデル末期で成熟の進んだエクシーガについての試乗レポートです。スバルといえば水平対抗エンジン、エンジンのピストンが横向きにあることや、周辺の補機類のレイアウトと合わせてパワーユニットを低重心化出来ることが最大の特色でその独特の乗り味に古くからのファンも多く存在します。一般的なセダンやステーションワゴンの部類の中では背の高いレイアウトのエクシーガですが、その低重心技術はどのように生かされているのでしょうか?

 プッシュスイッチによりエンジンを始動するとスバル特有のエンジンの鼓動感がドライバーにも伝わってきます。リニアトロニックと呼ばれるCVTと組み合わされるエンジンは2000ccしかも4輪駆動車となればアクセルの開閉に伴う走行時のレスポンスが損なわれるのが気になるところですが、実際はどうなのだろう?ギアをDレンジに入れ動き始めるとCVTらしくクリーピング現象は少なめでありながらも意外と素直にエンジンの動力が地面に伝えられる感じがします、安全確認の上国道へと出て行きます。

 走り始めると意外と4WD独特の重さを感じる事なく滑らかに加速して行きます、スバルの担当者曰く「燃費性能ではトヨタさんや日産さんの車には勝てませんが走行性能には自身があります!」との事でしたが、実際1550㎏の車重のエクシーガは常に落ち着いた挙動でゆったりと落ち着いたドライブが楽しめ、かと言って一昔前の4WD車の様な機械的な抵抗感を感じながら加速する様な様子は全くありません、これならターボ等無くても十分気持ちよくクルージング出来るというのがこの車に関しての第一印象です。車道と路面電車などの軌道敷が交差するような凸凹のある道や山間部の峠道でもこの特性は変わらず車内でも乗員は常にリラックス出来ます。

 幅1770mmのワイドボディーを持つ車体ですが運転席からの視界も良好で都心の駐車場や1.5車線程の道でも持余す事なく取り回し出来る点も誰でも楽しく運転出来るポイントの一つと言えるでしょう。このグレードにはセンターコンソールに装備される通常のフロアシフトレバーの他にステアリングを握ったままで操作出来るステアリングシフトパドルも用意されておりMT車の様なドライバー主体のシフトチェンジをよりスポーティーに味わう事が出来るようになっています。

 低回転時から効率よくトルクを取り出す事が出来るCVTならではの恩恵の一つが、一般的な市街地で時速50km/h程度で走行する際のエンジン回転数は1500回転ほどしかなく、エンジンの回転を然程上げる事なく車速を上げる事が出来ます。ダッシュボード上部に走行時の平均燃費が表示されるディスプレイがあるのですが、市街地を走ってもガソリン1L当り11㎞を下回ることは無く4WDの安定感のある走行性能を考えれば十分実用的な車である事が判ります。それでも絶対的な燃費性能が気になる方や4WDは必要無いと言う方はFFという選択肢もあるけれどこの燃費性能であればスバルのお家芸とも言えるフラットエンジンから一直線にリアアクスルまで伝えられる独特のパワートレインの生み出す抜群の安定感も日常の足として十分経済的にも納得がいく物であると思います。

 レガシィよりもやや腰高で柔らかい乗り心地は助手席や後部座席に乗る同乗者にも優しく車窓からの眺めも一般の乗用車より一段高く視覚的にも開放感が得られる他、少し高い車高のお陰でシートの座面もその分高く乗降の際には意外と楽な姿勢で体の移動が出来、走行時のノイズも程よく抑えられ車内はとても静かな移動空間になります。シートの作りも前後左右に余裕がありどんなポジションでも受け入れてくれるのであらゆる体型の乗員の方もリラックスする事が出来るでしょう。エクシーガには3列目のシートがあり乗車定員が7名となりますが流石に3列目はあくまで補助、サードシートの作りが悪いのではないのですがセカンドシートに大人が普通に座れば3列目に残されたスペースでは大人が座るとどうしても膝の周辺に窮屈さを感じてしまいます。

 目の前のダッシュボードやドアトリム等にもソフトな高級感のある素材であるので最近ありがちなプラスチックを多用した内装の様な安っぽさが無いのも魅力のひとつですね。独特なパワートレインのレイアウトから来る安定感のある走りを楽しんでみて下さい。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
エクシーガに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年6月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スバル

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/43

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)