ダイハツ ムーヴL

ダイハツ ムーヴL

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムーヴを激安で手に入れる方法とは・・・?

 スズキのワゴンRの良きライバルと言えるダイハツのムーヴ、デビュー当時は室内空間性能に優れる若者向けの車という印象でしたが近年はその性格も少しづつ変化しているようです。背景には初代ムーブの登場から今年で17年、当時のエントリーユーザーも落ち着いたファミリー世代になっている事や若年層の減少、そして室内空間の大きさを売りにする車としては同じくダイハツのタントがデビューし両者の間で巧く住み分けが出来てきた事もあるようです。

 現在のムーヴは軽自動車規格一杯に無理やり作られた広々感よりも若年層から高齢者まで色々な人のニーズに応えられる様にとの思いからか外観からはドライバーに優しいフレンドリーな印象を受ける車になった印象を受けます。今日はそんなダイハツの代表車種を見てみました。

 現在のムーブは1995年のデビューから数えて5代目に当たるモデルです、基本的なレイアウトやシャシー構造は4代目のプラットフォームを流用しているようですがトランスミッションやエンジンの制御などより成熟させた近代的な装備を身に付けたお陰で史上最も燃費効率の良い車に仕上がっています。660㏄の小排気量エンジンをスムースに走らせる為に全車CVT方式のトランスミッションになった事に加えスロットルも電子制御化されおよそどんな人が乗っても落ち着いた動力性能を体感出来る所が先代までとの最も大きな違いでしょう。4代目から室内長はやや縮小され3代目モデルよりはやや前側2席の足先の空間が狭くなった印象もありますがメーカーの発表によればこれによりエンジンルーム内のレイアウトに自由度が増しエンジンルーム内の冷却効率や空気の循環性が改善された事で発売当時はガソリンエンジン車としては世界一の燃費性能を達成出来たとの事です。

 室内が狭くなったとは言えそれは前モデルと比べての事で数値的にもミリ単位の話なので事前の予備知識を持たずに乗車した際にはそんな事は殆ど気になる事はありません、むしろスライド機能のある後部座席のお陰で後部のスライドドアを開いた際にはその広さに感動してしまいます。これは軽自動車をファミリーカーとして使用される方にとっては大変魅力的なポイントになるのではないでしょうか。シートの作りは比較的大きめでしっかりとした厚みも感じられるクッションを使っているので軽自動車にありがちなクッションの薄いベンチに座っている様な印象はありません、片道200キロ程度のドライブであれば4人乗車でも許容範囲内です。

 運転席に座った際の印象は比較的視界が広く開放感がある感じ、これは大きさに配慮したメーター類がダッシュボードのセンターに配置されている効果も大きいと思いますが、普段センターメーターに慣れていない筆者は実際に運転すると視線の移動に少し戸惑ってしまいこの辺りのデザインは個人の好みも大きく反映される所でしょう。軽くてやや小さいペダル類の操作性や同じく軽いハンドリングは一般的な軽自動車の操作感覚そのものですが、今回採用されたCVTや電子スロットルが当たりの柔らかい落ち着いた挙動を演出してくれるので運転する際も自然に落ち着いた運転になってしまい同乗者に与える安心感もより大きいものがあります。

 メーターのデザインそのものは違和感無く自然に読み取れるものでこの辺りのデザインもすべての年齢層に受入れられ易いようにとの配慮が感じられ好感が持てます、そんな車の性格上サスペンションのセッティングはやや柔らかめで高い速度でコーナーに入ってゆくのはどうも苦手で背の高いボディの影響もあり結構大きめのロールが出現しますから、ごく普通の方が運転する場合には自ずとカーブの前では減速する安全運転が自然と実践出来るでしょう。特にこの手の背の高くトレッドも狭いタイプの車はコーナーでの姿勢が安定し難い物なのでドライバーに敢えて不安要素を分り易く伝えるセッティングはファミリーカーには必要な事だと思います。

 高速道路などを走行するとボディの構造上どうしてもロードノイズや駆動系の騒音が車内に賑やかに侵入して来るのですが一般道レベルで考えれば不快な騒音や振動は良く抑えられており実に滑らかな印象の乗心地を体感できます。リャシートのスライド機構のお陰で狭くなりがちなトランクルームの容量も十分確保する事が出来ている点も日常生活の上では非常に便利なポイントです。日頃あまり意識する事の無い部分ではありながらも最も利便性を感じる部分とも言えるからです、センターコンソールから出たシフトレバーもコラム方式に比べ使い易く生活に根差した便利で快適な車という位置付けで考えると細部に渡ってよく検討され商品化している事が実感できます。

 お子様が小学生程度の家庭ならばファミリーカーとしても十分使え、山間部ではリアシートを収納すれば広大なカーゴルームに道具を積み込み田畑の見回りに、多くの年齢層の幅広い使い方に対応出来る使い勝手の良い軽自動車です。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムーヴに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年11月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ダイハツ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/67

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)