ダイハツ ムーヴコンテ:カスタム

ダイハツ ムーヴコンテ:カスタム

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムーヴ コンテカスタムを激安で手に入れる方法とは・・・?

 新聞報道によると現在国産車の中で最も販売が順調な種類の車は軽自動車だと言う、少し郊外に行けば軽自動車専門の販売ディーラーが何社もある事をみても普通車に比べて利幅の薄いと言われる軽自動車であっても十分商売として成立しているのだから相当の販売台数をこなしているのだろうと推測出来ます。今回試乗したのはダイハツのムーヴコンテカスタム!ムーヴと言う車が「コンテ」と「カスタム」に別れたと思ったらその「コンテ」に更にカスタムと言うグレードが出来てしまった。軽自動車に馴染みの無い人から見るとネーミングだけではもはやどんな車か想像出来なくなってしまうのではないか?といらぬ心配をしてしまいます。

 とは言え、新しいグレードが出ると言う事は新たな需要の掘り起こしを狙っているのでしょうからその辺りの雰囲気を見ていく事にしましょう。

 ムーヴの中でもコンテシリーズはどちらかと言うと女性的な落ち着いたデザインで、如何にも元気印のカスタムではチョッと気恥ずかしさを感じる人向けのデザインが特徴の車でした。が、このコンテカスタムはそんなデザインコンセプトから一転して主にヘッドランプ・テールランプのデザインを思い切って変更し顔付きにやや迫力を持たせたデザインになっている点が一番のポイントでしょう。室内もシックなブラック基調で統一されこれまでの白っぽい無機質な感じのインテリアから随分異なる雰囲気を演出しています。

 車体構成そのものには変更無いので運転席に座った時のポジション取りではこれまでと何ら変わる点は無いのですが、室内の基本となる色が変更されただけで乗員に与える雰囲気はここまで違うと言う事を改めて感じさせてくれ、室内の配色が消費者に与える影響の強さを考える良い材料になります。

 コンテシリーズの長所は何と言ってもその室内の広さでしょう、インパネの奥行きを押さえ実際の有効室内寸法を最大限に取れるレイアウトと各ウインドウの傾斜を極力垂直に近づけ天井を広く取る事で乗員の周囲に感覚的な広さを演出する事に成功しています。確かにそのデザインの元ネタは日産のキューブやスズキのラパンである事は承知の上ですが、攻撃的でないデザインは年齢・性別・嗜好に囚われず幅広い層の支持を得易い事は既に実証済みで実際コンテも多くのファンを獲得して来たと言えるでしょう。

 居住スペースに余裕があるため大柄なドライバー(筆者は身長180cm)が乗り込むに当たってもそれ程不自然な体制を強いられる事はありません。3気筒の660ccエンジンはアイドリング状態から十分に静か、3気筒エンジン独特の振動も殆ど感じさせずギアをニュートラルにしたまま軽くエンジンを吹かしてみても軽やかにレスポンス良く回ってくれます。今やコンパクトカー以下のクラスでは3気筒が主流になりつつあり4気筒と比較する事もあまり意味が無いのかも知れません。

 コラム式のシフトレバーをDに入れ走り始めると組み合わせれているCVTのお陰もあって実に滑らかに加速して行きます、エンジン自体がコンパクトでありそれ程パワーに余裕も無いにも関らず実用的にはスイスイと加速して行きます。660㏄なのでグイグイと加速するのではなくあくまで「スイスイ」なのですが通勤・通学・お買い物であれば実用上何の不足も無い動力性能で日頃2500㏄のマイカーを足にしている自分にとっては車の本当の価値とは何なのだろう?と考えてしまいます。不満があるとすればベルト駆動のCVT特有の音が気になる人には気になるかも知れませんが、昔の様にマニュアルシフトの癖の無い気持ち良ささを知っているドライバーは今や少数派で車と言えば自動制御で走ってしまうのが普通の世代にとってはこのCVTの鳴きも他人から指摘されなければ気付く方も少ないでしょう。

 パワーの小さい軽自動車だけに故意に車の挙動を乱すような動きをさせようと思っても中々そんな事にはなりません、敢えて言うなら雨や雪などの路面状況の悪い場合に無謀な操作をすればですが・・・何れにしても走行性能云々に拘るユーザーであればこういった車種選択はしないだろうし何も考えずに購入したとしても性能上不具合を感じる事は無いでしょう。

 誤解を恐れずに言えばコンテの魅力はそのデザインの中に「全力で頑張ってないユルイ雰囲気」が何とも心地よい所、実際にそのリラックス出来る室内空間をそのままに少し精悍な雰囲気をエッセンスとして加えたコンテカスタムは他の「如何にも片意地張った雰囲気」のデザインではなく少し余裕を持たせて普通の立ち位置に寄った雰囲気でこれまでよりもより広いユーザー層に受入れられるようになったのだろうと感じます。

 

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムーヴ コンテカスタムに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年2月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ダイハツ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/85

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)