メルセデスベンツ

メルセデスベンツ S400 4MATIC クーペ 新型 2016年5月

2016年3月にSクラスに新しく加えられたクーペは、S400 4MATIC クーペ です。

ボディースタイルは、流麗な2ドアクーペスタイル。ボディーサイズは、
全長×全幅×全高=5025×1900×1420とSサイズの堂々たるサイズをながら
ワインド&ローのいかにも走りそうなスタイリングは秀逸になっています。
imagesMB.jpg

ヘッドライトは、スワロフスキークリスタルジェントライトシステムでガラス工芸で有名なあの

スワロフスキー製のヘッドクリスタルを埋め込んだもので実にきらびやかになっています。
imagesM.jpg

搭載エンジンは、Mベンツ初となる3000ccV6ツインターボエンジン。最高出力は、
367PS/50.9kg-m、ツインターボエンジンのなせる業!です。


このハイパワーは、Mベンツの4マチック(4WD)で持て余すことなく走行性能へ発揮されます。

0-100km加速は4.6秒と実にスポーティーなもの。最高時速は、250kmでリミッターが
効いてしまうので残念ながら分かりません。(300kmはでるかも、、。)

大柄な車体で、スポーツエンジンを積んでいながら燃費は10.6km・L(JC08モード)は
立派でしょう。


S400は、Sクラスクーペのエントリーモデルとした位置づけながらゴージャスな雰囲気は
Sクラスそのものになっています。
上位グレードには、S550・S63・S65のそうそうたるメンバー。

しかし、上位グレードでも最高速はリミッターが効く250kmしか出せません。
(日本で公道では、法律上250kmは出せませんね。)

室内は、最高級ナッパレーザーが使われ、質感ともさすがSクラスに仕上がった
ゴージャス仕様です。


シートは、動力性能に見合ったバケットタイプが奢られています。
夜間ドライブでは「アンビエントライト」で雰囲気豊かに演出。


世界のMベンツが誇る安全運転装備はレーダーセイフティと
ディストロニックプラス(ステアリングアシスト)が標準で搭載されました。


駆動方式は、4WDで、ミッションは7速ATです。

価格は、1477万円になります。

タグ

メルセデスベンツ Vクラス V220d 新型 2015年10月

「いつかわクラウン」から、いつの間にかLサイズミニバンが幅を利かせてその座を奪い
「いつかはアルファード」に変わってしまった最近。

これが、日産党ならば「いつかはフーガ」が「いつかわエルグランド」でしょうか。

日本でのミニバンブームは留まるところを知りません。


日本国内のLサイズミニバン市場は、ホンダがエリシオンをモデル終了したのでトヨタ・ア

ルファード(またはベルファイアー)と日産・エルグランドのガチンコ勝負のまっただ中で

す。


そこに、割って入ってきたのが世界に誇る自動車メーカー・メルセデスベンツ。

エルグランドやアルファードどちらもすぐに識別できるほど特徴的なフロントマスクですが

、さすが世界に名だたるスリーポインテッドをフロントマスクに据えたMベンツのVクラス。

勝るとも劣らない迫力あるマスクで国産Lサイズミニバンを威嚇します。

timthumb.jpg

ボディーサイズは、アルファードよりもひとまわり大きく全長×全幅×全高

=4905×1930×1880(標準ボディ)。ちなみに、アルファードは4915×1850×1895なので、
MベンツVクラスはアルファードよりもさらに幅広くなっていることがよく分かります。


しかも、ボディーは標準ボディーにアヴァンギャルド・ロング(全長5150m)さらに長いア

ヴァンギャルドエクストラロング(5380mm)の超LLサイズボディーまで3タイプ。

3列シートで7人乗りはどのボディーも同じ。


2列目、3列目シートは取り外し可能で国産Lサイズミニバンにはない広大なカーゴルームが

出現します。お父さんの単身赴任での引っ越しでも全然へっちゃらなくらいです。

さらに、2列目シートをはずして後席を応接間のような対面シートにできるのもいいですね。


最近の国産ミニバンでは安全性の面からこのように出来ない車が多くなっています。

搭載エンジンは、経済的なディーゼルエンジン2200cc(163PS)で必要十分な走行性能を獲得

しています。ただ、ビックボディーに大人7人フル乗車でのロングドライブや高速道路など

で必要以上にアクセルを踏むとパワー不足を感じるかもしれません。


ディーゼルエンジンの図太いトルク(38.7kg・m)でグイグイ走らせるのがきっとよいので

しょう。


燃費は、16.4km/Lなのでこのサイズで燃料は軽油なので経済的にもお財布に優しそうですね



ミッションは、7速ATで駆動方式はFRのみ。


グレードは、V220dトレンド(535万円 受注生産 ベースグレード)・V220d(620万円)・

V220dアヴァンギャルドロング(695万円)・V220dアヴァンギャルドエクストラロング(730

万円)。


フラッグシップのアヴァンギャルドエクストラロングにはメルセデスベンツが誇る世界最高

峰の先進的安全機能「レーダーセーフティパーケッジ」が標準搭載されています。









 

ベンツVクラスをお得に買うには?


値引きの期待ができない

新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も人気の
ベンツVクラスだけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中、
ベンツVクラスを
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるベンツVクラスを
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのベンツVクラスの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ