ポルシェ

ポルシェ ボクスター 718 新型 2016年2月

最近の省エネブームの影響は、純粋なスポーツモデルまでに及んでいます。
オープン2シーターモデルのポルシェ ボクスター 718は、そんな純スポーツモデル。

実は、「ポルシェ718」は空冷の水平対向4気筒エンジンをミッドシップに搭載し、
1950~1960年ころに活躍した往年のミッドシップスポーツカーなのです。

今回、6気筒から4気筒にダウンサイジングされた水平対向エンジン搭載から、
往年の名スポーツカーの車名を復活させたのです。

搭載エンジンは、ポルシェ伝統の水平対向6気筒から水平対向4気筒+ターボエンジンに
改められ、車体重量バランスに優れたミッドシップに搭載されました。
3zoom.jpg


グレードは、718ボクスター(658~710万4000円)と718ボクスターS
(852~904万4000円)。

ミッションは、6速MTと7速ATが選択可能。

ハンドル搭載位置は、左右どちらも設定されていますが、左ハンドルのみ
4月1~30日までの受付の期間限定車です。

搭載エンジンは、水平対向4気筒エンジン+ターボで、718ボクスター
(300PS/38.7kg・m)が2000ccで718ボクスターS(350PS/42.8kg・m)が2
500ccの排気量になっています。
4zoom.jpg

走行性能は、ボクスターの0-100km/h加速は4.7秒。ボクスターSでの
0-100km/h加速は4.2秒。最高速度は275kmと285kmの俊足ぶりを発揮しています。

これだけの走行性能を発揮しながら、ボクスターの燃費は14.5km/Lで、
ボクスターSは13.7km/Lとスポーツカーとしては成績優秀な燃費性能を獲得しました。

ボクスターSに搭載されたターボは、VTG(バリアブルタービンジオメトリー)を備えた
高出力と高燃費を実現したポルシェの新技術。新しい911にも搭載されましたが
新型ボクスターSにも投入されました。

前モデルに比べて実に、35馬力ものパワーアップをはたして燃費は13%も向上させ
たのは立派です。

タグ

2016年4月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ポルシェ