検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“エキシージスポーツ350”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ロータス エキシージスポーツ350 新型 2016年8月

ニューモデルとなったロータス エキシージスポーツ350。
全長×全幅×全高は、4080×1800×1130は、まさにワイド&ローのスポーツカーそのもの。
車重は1125kgで、従来モデルのエキシージSよりも大幅な減量が行われました。
51kgの軽量化は、女性の大人1人分の重さになります。
997360.jpg

シャーシはオールアルミ製、ボディーはFRP素材のオールグラスファイバーで軽量化に大貢献。
空力特性に優れたとても低いフロントに、リヤには長年のレース活動を思い起こさせてくれる
巨大なウイングが備わります。
もちろん大きいだけでなく空力特性に効果があるのは間違いないですね。

小型軽量で軽快な運動性能が心情の2シーターミッドシップMRスポーツにとって、
車重の軽量化はによりも大切なことです。

LOTUS_Exige-350-BACK_V2-new.jpg
搭載エンジンの変更はなく、3500ccV6DOHC(VVT-i)スーパーチャージャーの最高出力は
350PS/400Nmと、1tそこそこの小柄な車体と相まって強烈なパフォーマンスを発揮します。

0-100kmは4秒を切る俊足ぶりで、271kmの最高速を誇る。
ミッションは、6速ATとMTがあり、0-100kmは6速ATが3.8秒で6速MTが3.9秒です。

コンピューター制御のATのほうが0.1秒だけ早くなっていますが、スポーツカーは
やはりマニュアッションで乗りたいものですね。

スポーツカーのフォルムは伊達でなく、高速になるほどダウンフォースが得られます。
160km走行時で42kgのダウンフォースでグリップアップは間違いありません。

20151210195645.jpg
標準のインテリアは、ファブリックのスポーツシート。黄色のチェック柄
(タータンインテリア)は、いかにも英国車を思い起こしてくれます。

オプションで、レザーやアルカンタラなど選択可能。
ドライブ・スポーツ・レース・オフの4つの走行パターンをボタン一つで変更できる
ESPエロクトロニック・スタビリティ・プログラム)は、優れもので違いがハッキリわかる
走行特性になっています。

価格は、972万円(6速MT)で1022万7600円が(6速AT)です。

タグ

2016年8月21日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ロータス