検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“カムリ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

トヨタ マークX マイナーチェンジ 2016年11月

トヨタ自らがスポーツセダンと明言してはばからないマークXが、このほどマイナー
チェンジされました。

噂では、これから2~3年の間にトヨタのセダン軍の再編を行うことが語られています。
現在あるラインアップを統合整理して、クラウン・カムリ・カローラの3つの大きさの
セダンに統合される予定らしいのです。

クラウンは、トヨタ初期から販売し続ける古のビックブランドです。FRセダンは、
マークXを廃止してクラウンのみになる予定。

カムリは、北米などでバカ売れしているFFビックセダン。
次期マークXは開発も中止されてカムリに統合されるようです。
FRスポーツセダンも現行モデルで最後かと思うと実に悲しい思いがします。
carlineup_markx_exterior_carviewer_item_350rds_8W1_angle02.jpg
スポーツセダンは、ドイツ車(Mベンツ・アウディ・BMW)に任せておけばよいと
思っているのかもしれません。
ハイブリッドやミニバンばかり売れ続ける国産車には、スポーツセダンの新規投入は
実際難しいのかも知れませんね。

車名は販売店の関係から残るかもしれませんが、FR駆動のスポーツセダンとしては
まさに最終モデルになるかもしれません。

現行モデルが登場して、もう7年経ちます。
ニューモデルが登場してもいい時期ですがその様子は見られません。

エスティマのビックマイナーチェンジのように、トヨタはここで一旦様子見するつもり
なのでしょう。

D-1GPの競技車両によく使われたマークⅡの後継モデルのマークX。
社長さんが乗るのはクラウンで、部長が乗るのはちょっと控えめなマークXです。
佐藤浩市部長の運転するマークX。
万年平社員の私は憧れています。

控え目だけど実力あるスポーツセダンにいつかは乗りたいと思っている私です。

フロントマスクは、カローラなどに採用されているキーンルックが取り入れられています。
顔立ちは、マイナーチェンジする前のモデルよりもハンサムになりました。

ボディはさらに堅牢になり90か所以上のスポット打ちが施され走行性能はさらに向上しています。

先進的安全機能の「セーフティセンスP」が、驚きの全グレードに標準装備されました。
これにより安全性は確実にアップ!

新たに登場したスポーツグレード「RDS」は、電子制御されたスポーツサスペンションが
スポーツマインドを掻き立てくれる逸品です。

搭載エンジンは、噂であった2000cc直4DOHCダウンサイジングターボ(現行クラウンに搭載)
されているエンジンは残念ながらありません。

2500ccと3500ccのV6・DOHCの2種類。ミッションは6速ATで、FRと4WDがあります。
価格、約320~385万円です。

マークⅡから連綿と続く歴史あるマークXの最終モデルを新車で購入するには最後の機会になるかもしれませんね。

タグ

2016年12月11日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トヨタ カムリ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
カムリを激安で手に入れる方法とは・・・?

  トヨタ自動車の「カムリ」と言えば同じくトヨタの中堅セダンコロナと同等のクラス、ひと頃は比較的コンパクトな車体ながら室内の有効スペースが広くゆったり乗れる車としてミドルクラスセダンの中でも存在感のあるブランドでした。近年自動車市場におけるセダン需要の低迷等の煽りを受けて「セプター」や「カムリ・プロミネント」「ウインダム」等との統合により2000年代中頃にはトヨタ車の中でも比較的地味な部類の商品んなってしまいました。

 しかし、初代から続く広い室内スペースや作り込まれた高級感のあるインテリア等により北米では非常に評価が高くここ最近でも9年連続でトヨタ車の中での販売数No.1を勝ち取っている車でもあります。日本国内でハイブリッドカーの市民権が不動の物になったと感じられた昨年、トヨタはこのカムリをハイブリッドカー専用車として国内投入してきました。北米での人気同様日本でもその足元を固める事ができるか非常に興味が沸いてくる車で、この車の販売実績如何によっては今後のトヨタのハイブリッドカーのデザインにも大きな影響を及ぼしそうな一台ですね。

タグ

2012年7月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トヨタカムリ ハイブリッドレザーパッケージ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
トヨタカムリ ハイブリッドレザーパッケージ を激安で手に入れる方法とは・・・?




200901161800000.jpg
トヨタカムリ公式サイト(http://toyota.jp/camry/)より使用

 カムリはアメリカの量販車種で、アメリカでは年間30万台、全世界では年間90万台を売るそうである。
 2011年10月のモデルチェンジで特筆するところは、全車ハイブリッドになったことであるから、世界的なエコへの指向にともない、トヨタはアメリカをハイブリッドで席巻しようと目論んでいるのだろうか?
 そのカムリ、アメリカではごく普通のサイズだが、日本ではトヨタがラインナップするセダンの中でも最大級である。クラウンと比べると、全長はちょっと短いが、幅が広い。こちらはFFだから、室内のスペースはもっと広い。
 見た目は、前傾したイメージが強く、古過ぎず、新し過ぎずと、よい意味で普通。実はボンネットがからり高い位置にあるのだが、その辺はプレスラインでそのように見せない工夫がなされている。ただし、実物を見ると、その巨大さ故にちょっと引いてしまうところがあるかもしれない。
 インテリアは、室内は広いし、小物入れが多いなど、快適である。インパネからタコメーターと水温計が消えたのは寂しいが、イマドキのハイブリッド車なら必要ない。筆者は、革のシートに否定的なのだが、カムリだけには例外的に本革シートを奢ってもよいと思った。

タグ

2011年10月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ