検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“コンパクトカー”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

スズキ スイフト 新型 2017年1月

2016年末、突如舞い込んだビックニュース!
スズキのコンパクトカーの稼ぎ頭・スイフトがフルモデルチェンジされました。

欧州での輸出をメインに開発された、コンパクトハッチバックは4代目へと進化。
1134229.jpg
2016年初頭のニューモデルのイグニスや春に発売になったバレーノなど軽自動車
だけでなくコンパクトカーにも力を入れているスズキ。

新型スイフトの発売時期は、スズキの情報操作などで2017年春頃?と推測されて
いましたが、驚きの年末の2016年12月27日に発表の年始の2017年1月4日からの
販売です。

きっとスズキの販売店では年始年末もないほどの忙しさで準備されてされていることでしょう。

今は、新車販売で40%以上の比率の大人気になっている軽自動車市場ですがいずれ
ブームも去り需要が落ち込むことが予見されています。

ライバルのダイハツは、トヨタとの業務提携により軽自動車に特化した会社。

そんなライバルメーカーに一歩も二歩も差を付けたいスズキの自動車市場に対する
戦略は軽自動車とコンパクトクラスの2本立て!です。

まぁ、野球で例えるならピッチャーも打者もOKなファイターズの大谷翔平選手といったところでしょうか。

ニューモデルとなったスイフトのプラットフォームは、新規開発されたHEARTECT
(ハーテクト)が採用され硬性感あるボディーと確かなハンドリングが今まで以上に進化しているのがよく分かります。

ボディデザインは、立派なフロントグリルが備わったことでしょうか。
どことなくアウディのグリルに似ていると感じがします。
アクセントでレッドの横バーがあり上部には誇らしげにスズキのSマーク。
いつの日かMベンツを凌ぐブランドに成長してほしいものです。

搭載エンジンは、1000cc直3DOHCのNAとターボそして1200ccのマイルドハイブリッドと
ストロングハイブリッドの鉄壁な布陣。
先にモデルチェンジしたソリオのストロングハイブリッドと同じエンジンが、新型スイフトにも採用されました。

現在の国産コンパクトカーは省エネで全然元気がありません。

唯一元気バリバリなのは間違いなく2017年トップにフルモデルチェンジをはたしたスイフトです。

駆動方式は、FFと4WD。燃費は、ソリオと同じ32km/L(JC08モード ストロングハイブリッド)です。

価格は、134万3250~184万5720円。

グレードは、ストロングハイブリッドのHYBRID RS、1000ccダウンサイジングターボのRStそれに
NA版のRS、マイルドハイブリッドのHYBRID ML、標準グレードでNAのXL、廉価版のXGになっています。

タグ

2016年12月30日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

スズキ バレーノ 新型 2016年3月

ソリオ、エスクード、イグニスとこのところ矢継ぎ早にニューモデルを投入し続けているス

ズキが、あらたなニューモデルを登場させました。

バレーノは、インドで生まれのいわば帰国子女みたいな車です。

イグニスやソリオがすでに存在しているコンパクトクラスにまた新たに登場したバレーノ。

キャラが被らないか、いささか心配してしまいます。

しかし、それは取りこし苦労というもの、、。

20150901215824c4c.jpg
バレーノのボディーサイズは全長4m未満ながら全幅は5ナンバーサイズ以上の1745mmと立派

な3ナンバーなのです。ヨーロッパなどを意識したボディーサイズなのですね。

あらためて全長×全幅×全高=3995×1745×1470。


コンパクトサイズが、勢ぞろいするスズキの中にあってもスイフトやイグニスなどとはキャ

ラが被らないようにうまくモデルのラインアップが図られているのがまさに絶妙!と言えま

す。


ボディースタイルは、どのモデルにも似ているものがなくどちらかと言えば、マツダ風のク

ネクネとうねったボディーラインは艶めかしものです。
2015sb002.jpg

搭載エンジンは、スズキでは新たに開発した1000cc直3ターボエンジンとスイフトやイグニ

スに搭載されている定評ある1200cc直4DOHCエンジンの2種類。

ライバル達に搭載されている燃費重視の直列3気筒エンジンがとうとうスズキからも登場し

ました。


しかし、その1000cc直3ターボエンジンはライバルたちの燃費重視モデルとは明らかに違う

ダウンサイジングターボでエコな燃費を得られるとともに爽快な走行性能も見事に
獲得しているのです。


1000cc直3ターボエンジンの最高出力は、111PS/16.3kgとパワー的には1500ccのNAエンジン

なみでトルクは1600ccなみを獲得しています。燃費は、20Km/L(JC08モード)。

実は、1200cc直4DOHCエンジンのほうが省エネ志向で、24.6km/L(JC08モード)を
獲得しています。


ミッションは、1000ccが6速ATで、1200ccがCVTです。

駆動方式は、FFのみ。

価格は、XT(1000cc)が 141万4800円。XG(1200cc)が 161万7840円です。

 

スズキ バレーノをお得に買うには?


値引きの期待ができない

新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も人気のバレーノだけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中バレーノを
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるバレーノを
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのバレーノの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2016年3月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:スズキ

マツダ ベリーサ「ミスティックレザーセレクション」

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ベリーサを激安で手に入れる方法とは・・・?

 今やモデル末期と思われるモデルだけど意外とコンスタントな販売成績を維持しているのがマツダのベリーサです、先代のデミオと同じプラットフォームながら走りを楽しむデミオとは異なりシックで落ち着いた内外装のデザインと静粛性能を高めてコンパクトながらも上質感の高いモデルに仕上がっています。最近のマツダはスカイアクティブを基にした新構造のモデルを次々に投入していますのでこのベリーサも今のまま販売が継続されるのかどうかは"?"な所ですが、それでもコンスタントに販売成績を伸ばしているのはやはりそれなりの魅力があるのでしょう。今やチョッとマツダの本流からそれてしまった感のあるベリーサですがこの夏新たにデビューした限定モデルに試乗して改めてチェックしてみましょう。

タグ

2013年8月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

フォルクスワーゲン up!

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
UP!を激安で手に入れる方法とは・・・?

 最近街中でも結構な頻度で見かける様になった欧州製のコンパクトカー、外車と言うと所有するステータス性に重きを置く風潮もここに来て大分鎮まったと見え国産車と輸入車の選択もかなり自由度が増した様です。 大きな要因は車を自身のステータス性に重ねる人の割合よりも人目を気にせず自分のライフスタイルに合った車を選ぶ人が増えて来た事に加えて輸入車の品質がより日本の車事情にも適合されるように外国メーカーも生産管理や搬送、アフターサービス迄も工夫を重ねて輸入車とは言え特別な覚悟をしなくても良くなった事も大きいでしょう。そこで前回に続いてヨーロッパの小型車の中でも人気の高いフォルクスワーゲンのUP!をご紹介します。

タグ

三菱 ミラージュ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ミラージュを激安で手に入れる方法とは・・・?

 ミラージュと言う名前に懐かしさを覚える方は恐らく40代より上の年齢層の方々ではないでしょうか?80年代にはエリマキトカゲのCMで日本中で話題となった三菱自動車の小型車で、当時はホンダシビック マツダファミリア 日産パルサー (どの車も今や存在していませんが・・・)などがライバルでした。 2002年の生産中止以降約10年振りに復活を遂げた三菱ミラージュ、今回は同社の世界戦略者として日本だけでなく世界中のコンパクトカー市場に投入される計画で生産拠点もタイに移され日本へは船便で輸入される形を採る事になりました。

 近年のコンパクトカーはフィットを中心としたエコカーブーム、しかも かつてミラージュが活躍した時代とは異なり軽自動車の規格も大きくなりコンパクトカーの市場を軽自動車が取り込んでいる現状で新型ミラージュが日本市場で再び注目を集める事が出来るか否か非常に興味深い所です。

タグ

2012年8月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ミツビシ