検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“マツダ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

マツダ CX-3 マイナーチェンジ 2016年10月

国産乗用車では、搭載エンジンがディーゼルのみになるディーゼル専用車がマツダの
CX-3です。

ハイブリッドや電気自動車ではない第3のエコカーとして華々しくデューを果たしました。

マツダの先進的省エネ技術のスカイアクティブテクノロジーの第5弾となるCX-3。

現行マツダモデルに共通するデザインアイデンティの鼓動デザインは、マツダの確固
たる信念をイメージするものでしょう。

世界的なブームになっているスモールSUVクラス。
maxresdefault2.jpg

日産・ジュークやホンダ・べゼルそしてこれからデビューするトヨタ・C-HRも同じ土俵で
戦うライバルです。

CX-3のデビューは2015年。

それから2年経過して、さらに激化するスモールSUV市場を勝ち抜くためCX-3も
マイナーチェンジで魅力の強化が図られたのです。

新たに投入された新技術は、コーナーの旋回能力が上がるG-ペタリング コントロールです。
先にマイナーチェンジされたアクセラやアテンザと同じ機能になります。

コーナーでハンドルを切ればそれに合わせてエンジン回転数を抑制してくる機能。

この機能に加えてサスペンションや電動パワステがさらにチューニングされて抜群の
乗り心地を実現しています。

登場時から驚くほどの静かなディーゼルエンジンでしたが、マイナーチェンジで
ナチュラルサウンド周波数コントロールが標準装備されてディーゼル特有の不快な
ノック音がさらに軽減されて快適なドライビングの向上しました。

ヘッドライトはハンドルに連動するアダプティブLEDヘッドライトが採用され夜間走行時
の視認性をさらにアップさせています。

新聞発表にもあったメーカートップクラスの性能を誇る衝突軽減ブレーキ
アドバンスド スマート システム ブレーキ サポート」もうれしい全グレードに搭載です。

インテリアでは、マルチインフォメーショ ンディ スプレイのフルカラーとなり視認性が抜群
に良くなりましたね。

ボディーカラーには、マシーングレープレミアムメタリックなど3色追加。

1500ccディーゼルターボエンジンの最高出力は105PS/27.5kg・mと
トルクでは2500ccNAクラスの実力。
index.jpg
燃費は、23km/L(JC08モード)とガソリンエンジンの同排気量と比べるとそれほどの燃費
ではないもののガソリンよりも15円以上も安いディーゼル燃料はやはりお財布に優しいと言えるでしょう。

価格は、約237~303万円です。

駆動方式は、FFと4WDでミッションは6速MTと6速ATがあります。

タグ

2017年1月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ ロードスターRF 新型 2016年12月

2015年ニューモデルにチェンジしたマツダロードスター。
原点回帰してライトウエイトスポーツを追求し、大好評をはくしたND型ロードスター。
ルーフは、ソフトトップ。

オープンが基本なのでソフトトップですが、実際の使用ではソフトトップを全開で
の走行はごく限られた期間しかないのが日本の気候なのです。

真冬や真夏は寒すぎたり暑すぎたりしてオープンに出来ません。
全開オープンで過ごせる期間は初夏のころか、秋の初めくらいしかない
かもしれません。
なので、本当に短い期間しかオープンを楽しめません。

そんなソフトトップしかなかったマツダロードスターにハードトップクーペスタイルの
ロードスターRFが登場しました。
020_o.jpg
オープンの爽快感は、ソフトトップに譲るもののボディ硬性や搭載エンジンそして
何と言ってもボタン一つでルーフが開閉出来る便利さは特筆ものです。

ソフトトップは、後方視界もあまりよくありません。真冬の暖房もハードトップよりも
よくありません。

まさにリトラクタブルハードトップ仕様のロードスターRFは、まさに一年中使える便利
なオープンカーなのです。
20161119-10255473-carview-000-1-view.jpg
ボディスタイルは、ファストバッククーペで、乗車定員は2名。
トランクは、2人分の旅行鞄が収まるサイズなので実用的なスポーツカー
になっています。

リトラクタブルハードトップは、10km以下の低速ならば開閉可能で、開閉時間は約13秒ほど。
信号待ちでハードトップ開閉も可能になので、気軽にオープンマインドを味わえられます。
RoadsterRF-049.jpg
搭載エンジンは、2000cc直4DOHC(158PS)とソフトトップに比べて500cc排気量アップ!
ハードトップや排気量アップしたことによる車両重量増をカバーして余裕ある走行性能を
確保しました。

車両重量は、1100kg。ソフトトップに比べて約100kgの増加。

やはりライトウエイトの神髄はオープンモデルにかなわないものの、使い勝手の良さなど
ハードトップならではの気軽な使い方が出来るのも良いところでしょうか。

グレードは、ベースグレードのS(約324万円)・VS(約357万円)・フラッグシップの
RS(373万6800円)の3つ。

駆動方式は、FRのみ。ミッションは、SとVSに6速MTと6速ATがありRSは6速MTのみになっています。

タグ

2016年12月27日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ アクセラ マイナーチェンジ 2016年7月

2013年登場して、いまだに高い人気でヒットしているマツダ・アクセラ。

ボディータイプは、セダンと5ドアハッチバックの2つで、若者から熟年世代まで
あらゆる層に人気があるモデルになっています。

販売開始から、安全装備など後発のアテンザやデミオには搭載されている機能
などがないため、良を兼ねて、2016年7月にマイナーチェンジが実施されました。

今回のマイナーチェンジの目玉は、2つあります。
マツダ-アクセラ-マイナーチェンジ-2016-燃費%u30001.jpg


クリーンディーゼルエンジンの人気が高いマツダ。
現在、マツダがもっているクリーンディーゼルエンジンは、2200ccと1500ccの2種類です。
アテンザやCX-5には2200ccのクリーンディーゼルエンジンが搭載され
1500ccはCX-3のみに搭載されています。

小排気量でビックなトルクの1500ccクリーンディーゼルエンジンは、かなり
高い人気を獲得しています。

そんな今一番人気のある1500ccクリーンディーゼルエンジンがアクセラにも
搭載されました。

1500ccクリーンディーゼルエンジンの出力は、105PSとガソリン1500ccエンジンとほぼ同じですが
トルクは27.5kgf/1600-2500rpmと、2500ccNAガソリンエンジン並みの出力はなかなかのものです。
気になる燃費は、21.6km/L(JC08モード)と高燃費!

1500ccクリーンディーゼルエンジン投入にかわり、2000ccガソリンエンジンは廃止されました。
これにより2200ccと1500ccの2つのディーゼルエンジンが選べることになります。


2つめの目玉は、「G-ベタリング コントロール」初搭載です。
G-ベタリング コントロールって?なんでしょうか。

ハンドル操作によってエンジン回転制御をおこなってカーブを滑らかに曲がる技術です。

まぁ、今まではカーブ進入直前にブレーキや減速してドライバーはコーナー中に微妙な
アクセルワークで調整していました。

今までは、オーバースピードでカーブに進入してヒヤットすることがあったかもしれません。



G-ベタリング コントロールがあってもカーブでの基本動作はかわりはないでしょうが、コンピュ
ーター制御からよりスムーズなコーナーリングが出来るようになりドライビングテクニックが
上がったなどと錯覚するかもしれませんね。

価格は、15C(FF)が176万円から、最も高額なHYBRID-S Lパッケージ(FF)287万円です。
4WD(AWD)は、1500ccガソリンエンジンと2200ccクリーンディーゼルエンジン搭載車に
設定されています。

タグ

2016年7月22日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ デミオ15MB 追加 2015年10月

2014年から新型となったデミオ。新たにモータースポーツベース車両として追加販売
されたのが15MBです。

モータースポーツベース車両なので、装備は簡略化されて価格は150万1200円。
デミオで参戦可能なモータースポーツは、ジムカーナやダートトライアルとかラリー
もOKでしょう。

dm_15mb_gallery_img1.ts.1509240230361830.jpg.png



ノーマルデミオの搭載エンジンは1300ccガソリンと1500ccクリーンディーゼル
エンジンの豪華二本立て。


しかし、モータースポーツするならばやはりガソリンエンジンに限ります。
1600ccのテンロクエンジンでないのがなんとも残念な気がするのは往年のカーマニア
の性でしょうか。

搭載エンジンは、1500cc直4DOHC(P5-VPS)は、スカイアクティブーGエンジン。
最高出力は116PS/15.1kg・mとライバルの日産・マーチクニスモSと互角の性能を
発揮します。

残念ながら、現在国産唯一のテンロクスポーツのスズキ・スポーツスイフトは
1600ccエンジンのスポーツテンロクエンジンなので最高出力は136PS/16.3kg・m
で残念ながら歯が立ちません。

遥か昔の、カローラのデビュー時から100ccの差は歴然としたものがあります。
しかしながら、テンロクスポーツエンジンを有しているのももはやスズキのみで
世界有数のあのトヨタでさえも現在はありません。

ですから,1600ccでなくともそんなに気にしなくてもよいかもしれませんね。


使用ガソリンは、燃焼効率に優れるプレミア仕様です。奇しくも、スイフトスポーツも
マーチニスモSも同じくレギュラーでないプレミア仕様となっています。
さすが、ガソリン代はケチらないで走行性能を重視するモータースポーツ仕様です。


燃費は、19.2Km/L(JC08モード)なのでプレミア仕様ですが一昔のテンロクエンジン
と違い全然小食で驚いてしまいますね。


駆動方式は、FFのみ。ミッションは男のマニュアルミッション豪華6速!です。

車両価格は、150万1200円は、ライバルのスイフトスポーツやマーチニスモSよりも
約20~30万円もお得な価格となっています。

モータースポーツ参戦車両はとにかく低価格であることが絶対条件です。

とにかく、ベース車両にあれこれ手を加えてしまうのでお金が掛かるのは
言うまでもないことですね。

 

デミオをお得に買うには?


値引きの期待ができない
新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も注目のデミオだけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中、
気になるデミオを
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるデミオを
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのデミオの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2015年12月 5日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ CX-3 新型 2015年2月

マツダCX-3.jpg

最近、絶好調のマツダが展開ているクリーンディーゼルエンジン搭載車の第5弾
モデルがマツダ・CX-3です。

新開発の1500ccクリーンディーゼルエンジン搭載!しかも、あえてガソリンエンジン
搭載車を用意しないマツダの自信溢れるモデルになっています。

ボディーデザインは、現行マツダ車に共通の「鼓動」デザイン。とても、1500ccの
コンパクトSUVとは思えないいい面構えになっています。のびやかで流れるような
流麗なスタイリングはまさに絶品です。

ボディー下部やバンパーそしてフェンダー周りがブラック塗装されていてSUVテイストを
醸し出しています。

ボディーサイズは、ベースとなったデミオよりも一回りづつ大きくなっていてCX-5と
デミオとのちょうど中間くらいの大きさです。ちょうど、ライバルのホンダ・べゼルや
日産・ジュークと同じくらいの大きさなのはやはり意識してのことでしょう。

内装も実に高級感あふれるおしゃれなものに仕上がっています。

搭載エンジンは、マツダが誇るクリーンディーゼルエンジン搭載車のみ。CX-3は
クリーンディーゼル専用モデル。(輸出仕様のガソリンエンジン2000ccにも興味が
惹かれますが、、。)

CX-3・デミオ用に新開発されたスカイアクティブーDは、1500ccの直4DOHCディーゼル
ターボエンジン。最高出力は、105PSながらディーゼル特有の巨大なトルクは27.5kg・m
と同じ排気量のソリンエンジンの2倍以上の数値でNAエンジンならば2800ccと同じ位です。


燃費は、23km/L(JC08モード)。実燃費は、13~20kmです。ガソリンよりも約20円
前後は安い燃料代を考えれば、ハイブリッド車に比べてみてもリーズナブルでは
ないでしょうか。


アクセラやアテンザに搭載されているディーゼルエンジンよりは、残念ながらガラガラと
したディーゼル音が大きくて車内の清閑性もコンパクトSUVのせいか少々大きいのが
残念です。

しかし、慣れてしまえばそれほど気になるものではないかもしれません。ディーゼル音と
いっても、小型トラックのディーゼル音に比べるまでもなく全然小さなものです。

あくまでも、アクセラやアテンザに比べた場合ですので、気にしなくともいいかもしれません。

マフラーは、コンパクトSUVらしからぬ2本出しでいい感じで迫力が伝わってきます。
ガソリン車よりも格段に優れた図太いトルクでグイグイ走れるので長距離走行もなんなく
こなせます。


グレードは、ベースグレードのXD(FF 237万6000円 4WD 259万2000円)
・XDツーリング(FF 259万2000円 4WD 281万8800円)
・XDツーリングLパッケージ(FF 280万8000円 4WD 302万4000円)となっています。

ミッションは、走りの6速MTと6速AT(6EC-AT)が選択できますが、MTもATも値段は同じ
になっています。



 

CX-3をお得に買うには?


値引きの期待ができない
新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も注目のCX-3だけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中、
気になるマツダCX-3を
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるマツダCX3を
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのCX-3の
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2015年9月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ ロードスター 新型 (4代目ND系)2015年6月

新型ロードスター.jpg

昨年、末に市販化版が発表されてから、今年6月にようやく販売開始された4代目
マツダ・ロードスター。

6月の販売台数は予想を10倍も上回る10倍以上の5000台を記録しました。


ロードスターは、2代目・3代目とモデルチェンジするたびに大柄なボディーと排気量
アップでかなりの重量級へ、、。

初代NA系にあった、英国風ライトウエイトスポーツのヒラヒラ感が薄れてしまったの
は否めません。

4代目ND系は、初代NA系の小型・軽量のライトウエイトスポーツのヒラヒラ感を
取り戻すために大幅なダイエットが施されたのです。

肥大化したボディーは、コンパクト化され全長×全幅×全高=3915×1735×1235。

全長は、初代よりも40mm短くなり歴代最短です。
車幅は、15mm広くなり、車高は10mm低くなりました。
幅と高さはほぼ先代モデルと同じ。


軽量化のためにアルミや高張力鋼が多く使用して硬性を高め、エンジンやミッションなど
もより軽量化された結果、なんと120kgものダイエットに成功!

車重120kgは、実に大人2人分にもあたる重さです。軽量化されたボディーは、
約1tの車重となり、初代モデルの1800ccエンジン搭載車とほぼ同じ重さになりました。

今回のモデルチェンジでコンパクトボディー&軽量ボディーになり、モデルチェンジごとに
薄くないったヒラヒラ感を見事に復活させています。


搭載エンジンは、ダウンサイジングされてシリーズ初となる1500cc直4・DOHC。
初代から搭載エンジンは、1600ccそして1800ccとなり先代モデルではとうとう2000ccに
拡大され、圧倒的なパワーとトルクを獲得したかわりに軽快さを犠牲にしてきたのです。


4代目ロードスターに搭載された1500ccエンジン・P5-VP(131PS/15.3kg・m)は、技術革新
によりスペック的には初代の1600ccエンジン・B6(120PS/14kg・m)スペックをはるかに
凌駕するものとなっています。

4代目開発テーマであった「原点回帰」を見事に達成していますね。


駆動方式は、FRのみでミッションは6速ATと6速MTの2種類。


グレードは、S(ベースグレード・2,494,800円)・Sスペシャルパッケージ
(2,700,00~2,808,000円)・Sレーザーパッケージ(3,034,800~3,142,800円)です。

 

ロードスターをお得に買うには?


値引きの期待ができない
新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も注目の
ロードスターだけに
価格はお高めだし!!

そんな状況の中、
気になるロードスターを
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるロードスターを
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのロードスターの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2015年7月 4日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ ベリーサ「ミスティックレザーセレクション」

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ベリーサを激安で手に入れる方法とは・・・?

 今やモデル末期と思われるモデルだけど意外とコンスタントな販売成績を維持しているのがマツダのベリーサです、先代のデミオと同じプラットフォームながら走りを楽しむデミオとは異なりシックで落ち着いた内外装のデザインと静粛性能を高めてコンパクトながらも上質感の高いモデルに仕上がっています。最近のマツダはスカイアクティブを基にした新構造のモデルを次々に投入していますのでこのベリーサも今のまま販売が継続されるのかどうかは"?"な所ですが、それでもコンスタントに販売成績を伸ばしているのはやはりそれなりの魅力があるのでしょう。今やチョッとマツダの本流からそれてしまった感のあるベリーサですがこの夏新たにデビューした限定モデルに試乗して改めてチェックしてみましょう。

タグ

2013年8月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ ロードスター RHT

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ロードスターを激安で手に入れる方法とは・・・?

 自動車後進国であった日本が今や世界でもトップレベルの自動車製造技術を身に付けたのはより多くの人の求めるモノを丁寧に聞き取り一つ一つ問題点をクリアしてきた結果なのでしょう。室内はより広く、スムーズで快適な走行性能、リーズナブルな価格、見た目の美しさ、環境に負荷をかけ過ぎない環境性能などクリアして来た項目は星の数ほどあると思います。最も一部の富裕層向けに十分なコストをつぎ込む事が出来るのであればそれぞれの技術に特化した特別な車を作ることは可能でしょうし実際そういった種類の車も存在しますが、世界中のより多くの人に自動車の良さを体感してもらった事に関しては日本の自動車メーカーの残した功績は大きいと思います。しかし、一方ではそんな車作りはどうしても八方美人的な車になってしまい個性が無くどれも同じに見えるデザインや大して代わり映えのしない性能の車が乱立する事となったという批判も最もな意見でしょう。
 そんな無個性的な日本車の中で最も世界の自動車市場に影響を与えた車がマツダのロードスターではないでしょうか、80年代後半にデビューしたこの車のお陰でBMWやメルセデス、アウデといった欧州勢に多くのライバルを出現させるきっかけを作ったのです。

タグ

2013年4月25日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ プレマシー SKYACTIV

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
プレマシーを激安で手に入れる方法とは・・・?

 マツダのミドルクラスワゴン「プレマシー」がモデルチェンジした、と言っても今回はマイナーチェンジで外観からは新型なのか従来型なのかを区別するにはリアゲートに貼られた「スカイアクティブ」のバッチしか無い。ウイッシュやストリームという人気のミドルクラスワゴン激戦区に投入されたプレマシーは自然な運転感覚が自慢と言うライバル車に比べどうにも地味な印象だったけど唯一これらのライバルに一歩リードしていたのが両側スライドドアを採用していた所でしょう。実際、このスライドドアは車両寸法に対して最大限大きな開口部が得られる様に設計され後部座席への乗降性は最も高いモデルであったと記憶している。
 そんなプレマシーですが今回もモデルチェンジでどのように変わったのでしょうか?早速実車をみてみましょう。

タグ

2013年4月17日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ アテンザ セダンXD 短評

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
アテンザを激安で手に入れる方法とは・・・?

 CX-5の発売以来マツダの話題としてはクリーンディーゼルエンジンの話題で持ちきりになっている様子、確かにCX-5発売以前にもエクストレイルやパジェロなど国産のクリーンディーゼルエンジンは存在したのですがその騒音・振動・排気のネガティブな面の改善具合を考えるとマツダ製のディーゼルエンジンが一歩リードしている様です。

 今回短い間でしたが新型アテンザに乗る機会があったのでその印象を報告します、CX-5と比較して何処がどんな風に異なっているのかも併せてお伝えしたいと思います。

タグ

2012年11月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ ビアンテ 20S

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ビアンテを激安で手に入れる方法とは・・・?

 近年ファミリーカーの大部分を占めるようになった1BOXタイプのミニバン、人気車種のセレナ、ノアに続いてマツダからも「ビアンテ」が発売されています。最近のマツダはCX-5に代表されるようなスカイアクティブエンジンが話題になっており正直ビアンテの存在感はマツダ内でも高くは無いのが実情なのですが自動車の世界では昔から必ずしも「売れてる車=良い車」となっていないのも良く知られた話。

 かつて80年代前半には「ボンゴフレンディー」が大ヒットし後のフルモデルチェンジではルーフが電動で持ち上がり広い屋根裏部屋が出来る事でキャンパーの間で話題になったオートフリートップなど過去にも名車を誕生させたマツダの1BOX、名称を改めビアンテとなったこの車を改めて見てみましょう。

タグ

2012年9月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ MPV

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
MPVを激安で手に入れる方法とは・・・?

 1988年にデビューしたMPVは元々日本では販売する予定のなかった車でした、当時の同社上級セダン「ルーチェ」に搭載されていたV6 3,000㏄のガソリンエンジンを搭載した大型のバン(当時は日本ではミニバンというカテゴリーは認知されていませんでした)が、運転しやすい車体に広く使い易い室内、4WD仕様は乗用ミニバンとは思えない悪路走破性が高く評価され北米を中心に大人気となりました。 折からのRVブームで日本でも販売されるようになり北米同様アウトドア愛好家には知る人ぞ知る名車(但し、市街地や高速道路ではドンガメ等と呼ばれましたが・・・)でありました。

 そのMPVも現在の車で3代目、初代の「クロカンも走れるミニバン」から「市街地をスマートに走るミニバン」へと車の性格を大きく変更したモデルになりました、日本車としてはかなり大きい部類に入るMPVですがその大きさゆえに実際の走行性能はどうなのでしょう?日常の使い勝手と共に検証してみましょう。

タグ

2012年8月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

CX-5  SKYACTIV-D

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
CX-5を激安で手に入れる方法とは・・・?

 数年前、ドイツのアウディ社がル・マン耐久レースで優勝した際にそのエンジンがディーゼルだったと聞いて大変驚いた物ですが、先頃マツダより発表されたCX-5のディーゼルエンジンも先進の低燃費技術と高い走行性能のバランスがとても良いとの事、2200ccのSKYACTIV-Dと呼ばれるこのエンジンはマツダのこれからの世界戦略エンジンとの事です。日本ではクロカン四駆等の一部のマニア意外には殆ど見向きもされなかったディーゼルエンジンを前面に売り出そうというメーカーはこれまで皆無だったのではないでしょうか?ガソリンエンジンよりやや遅れて市場投入された新世代ディーゼルエンジンを実際に体感してみましょう。

タグ

2012年4月 1日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

アテンザ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
アテンザを激安で手に入れる方法とは・・・?

 「第3のエコカー」としてマツダが展開している「SKYACTIV」技術、デミオ・アクセラ・CX-5と順次ラインナップされる商品に導入されていますが今回はそのスカイ技術が未導入のアテンザに試乗してみます。一説には前回の東京モーターショーで公開された「雄(TAKERI)」が次期アテンザのコンセプトカーで来年デビューとの噂もありますが現行アテンザの実用面ではどうなのか見てみましょう。 アテンザには2.0Lと2.5Lの2タイプのエンジンが用意されていますが今回は保険や税金等の面でお買い得感のある2.0Lのエンジンを搭載したセダンの20Cというベースグレードに試乗してみます。

タグ

2012年3月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

CX-5 SKYACTIV-G

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
CX-5を激安で手に入れる方法とは・・・?

 昨年のデミオのマイナーチェンジから順次導入されているマツダの「SKYACTIV」技術、その技術が車体全体に生かされたモデルとしては最初の車となるのがCX-5です。ガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジンの2タイプが用意される同車ですがまずは現在一般に普及しているガソリンエンジンモデルを試乗してみます、バブル崩壊後の90年代の経営危機の救世主となった初代デミオのように平成の超円高からの経営再建の救世主となる事ができるのでしょうか?

タグ

2012年2月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

アクセラ スカイアクティブ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
アクセラを激安で手に入れる方法とは・・・?

新世代のガソリンエンジンとトランスミッションを載せたマツダの新型アクセラ、低燃費と走行性能の大幅な見直しを図った今回のマイナーチェンジ。プレスや評論家の評価は概ね好評のようですが実際の乗り味は? またこれからのマツダへの期待も含め考えて見ましょう。

タグ

2011年12月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ