検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“ルノー”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ルノー ルーテシア RS トロフィ 2016年1月 追加

日本では、潰えたようなテンロクホットハッチスポーツはヨーロッパではまだまだ
十分に健在です。

フランスを代表するメーカー・ルノー。
ルーテシアは、ルノーの代表的なハッチバックモデルで老若男女問わない人気の
高いモデル。
img_99102153154bc119164fc2e80088253b110318.jpg

そのルーテシアのスポーツグレードのRS。
RSはもちろんレーシングスピリットの意でしょう。
決してロードセイリングなんて生ぬるい名前にしてはいけません。

トロフィは文字通り、優勝者に与えられる勝利の証です。
文字通り走りのRSグレードの最高峰に贈られた称号になります。

トロフィの称号を与えられたモデルには、従来モデルよりも20PSパワーアップされた
エンジンが搭載されました。

1618cc直4直噴DOHC+ターボエンジンの最高出力は、220PSでトルクは260Nm。
トルクも20Nm従来モデルよりもアップしています。
あきらかに、動力性能は高められて最高の称号トロフィに恥じないようになっています。

FF駆動を伝えてくれるミッションは6段DCT(セミAT)のシフトスピードは約20%も
早くなっていて軽快そのもの。
気持ち良い加速フィールが存分に味わえます。

足回りは、電子制御されているわけではなく極々オーソドックスなもの。
しかし、念入りにセッティングされた足回りは固めなのに腰砕けがなく実にしなやかに動きます。

この足回りで峠道を責めるのはまさにRSトロフィを手に入れた人だけが得られる至福のひと時
でしょう。

室内インテリアは、各所にレッドを使用したインパクトのあるものになっています。
燃える魂は何色?と聞かれれば古今東西それは赤でしょう。

レーシングスピリットのレッドが室内インテリアに各所に施されていて否が応でも気分を
盛り上げてくれます。
035_o.jpg




ハンドルやシフトノブそしてドアハンドルなどレッドが配色されていますが極めつけは
シートベルトが真っ赤なのはちょとスゴイかもしれませんね。

価格は329万5000円。

ルノー本国では限定モデルなのに日本では限定でなくカタログモデルなので発売期間を
気にしなくてもいいですね。


タグ

2016年6月13日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ルノー

ルノー キャプチャー マイナーチェンジ 2016年3月

ルノーが発信するスモールSUVの旗手キャプチャーが3月3日に、装いも新たにマイナーチ

ェンジされたのです。

01_s.png
キャプチャーは、都会派SUVで、実にファッショナブルなのはそのまま。

エンジン出力が、アップされて最大トルクは実に15nmも向上!


1200cc直4・DOHC直噴ターボエンジンの最高出力は118PS/205nmをマークしています。馬力で

、2PSダウンしましたがトルクで15Nm向上したので走行性能には全く問題ありません。

むしろトルクがアップしたことからより運転しやすくなったのは言うまでもありませんね。


6速DSCのギヤ比も見直され、さらにアイドリングストップ装置が搭載されたことから燃費も

従来よりも大幅によくなっています。


燃費は17.2km/L(JC08モード)と、国産コンパクトと比べてしまうとすごく物足りなく感じ

られるかもしれませんが、1200cc直噴ターボエンジンの2クラス以上上の余裕のトルク溢れ

る走りが楽しめてこの燃費は納得行くものでしょう。


さらに、ECOモードやコントロールドフラップ(ラジエター前側のフラップを自動開閉する

ことにより空気抵抗を軽減)、エナジースマートマネジメント(スズキのSエネチェージの

ようなもの)などの優れた低燃費テクノロジーが満載です。


ボディーカラーが、新たに追加されました。
ツートンカラーのベージュサンドレM(ボディー)+イヴォワール(ルーフ)と、ベージュサンドレM(ボディー)
+ノワールエトワールM(ルーフ)。

同じボディーカラーで2つのルーフ色違いで、ボディーカラー選択肢も増えて購買意欲が注

がれますね。


先進的安全機能は、対衝撃性にも優れた高硬度ボディー、坂道発進簡単なヒルスタートアシ

スト、暗闇での右左折時にとても良いディレクショナルフォグランプ、パーキングアシスト

(バックソナーやリヤカメラ)など充実しています。


グレードは、キャプチャーインテンス(2,672,000円)とキャプチャーゼン(2,569,000円)

の2種類です。

キャプチャーゼンは、注文生産の廉価グレードになります。

 

ルノーキャプチャーをお得に買うには?


値引きの期待ができない

新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も人気の
ルノーキャプチャーだけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中
ルノーキャプチャーを
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるルノーキャプチャーを
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのルノーキャプチャーの
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2016年3月23日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ルノー

ルノー カングー(5MT)

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
カングーを激安で手に入れる方法とは・・・?

 私の普段の足は国産のミドルクラスセダン、最近は輸入車の価格も国産車に比べそれ程高額ではないし機械としての信頼性も上がって来ているので個人的にはとても興味はあるのだけどやはり経年劣化の際のメンテナンス費用や万一のトラブル等を考えるとどうも二の足を踏んでしまいます。先日もゴルフについて販売店の人に聞いてみたけど「性能は良いよ!でも長く乗るんだったら国産の方が金が掛からないかなあ」なんて言われてしまった。まあ、個人の好みを考慮して敢えて強く輸入車を勧めないのだろうけど・・・
 以前から気になっている輸入車の一つにルノーのカングーがあります、同じマンションにも乗っている人がいて興味津々だったのですが、今回やっと試乗のチャンスが巡って来たのでここは一つフランス車のファミリーカーの出来栄えをじっくりと観察することにしましょう。

タグ

2013年7月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ルノー

ルノー 新型SUV コレオス ABA-Y2TR

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ルノーの新型車を激安で手に入れる方法とは・・・?

 ルノーのSUV 新型コレオスを見てきました。
ルノーは過去にセニックをベースにしたSUV、セニックRX4を発売していましたが、新型コレオスは最初からSUV専用車として開発されたルノー初の本格的なSUV車となります。

th_DSC01715.jpg



























 ルノー初の本格的SUVコレオスは、日産XーTRAILのプラットフォームをベースにデザインをルノーが担当、生産は韓国のサムスン(SAMSUNG)とルノーと日産、サムスンのアライアンスにより生まれました。

1) 総評

・プラットフォームは日産X-TRAILをベースにしているのでエンジン、CVTは基本的にX-TRAILと同様ですが、コレオス専用にエンジン、CVTのチューニングを施してあるので、外観同様にX-TRAILとは違う車に仕上がっています。

・日本向けには現時点で2.5Lのガソリンエンジン+CVTの仕様しか導入されていませんが、海外向けには150psと170psの2.0Lディーゼルエンジンと6速MT、6速ATの組み合わせと2.5Lガソリンエンジン+6MTの仕様が用意されています。日産のX-TRAILにはディーゼルエンジン+6速MTのラインアップが日本でも用意されているので、いずれはディーゼルエンジン車も日本に導入されるかも知れません。


・外観は一目でルノーと判るデザインで、ルーテシアのイメージに近い印象を受けます。
内装はシンプルなイメージながらルノーらしいモダンデザインでまとめられています。

th_DSC01711.jpg



























2) 室内デザイン、装備品の使いやすさ

・シートに座ってドライビングポジションを取った時のステアリングやエアコン、オーディオ等の各部の操作性は手の届く範囲にまとめられていて良好です。

・オーディオはコンソールと一体の専用デザインとなっているので、社外品のオーディオへの交換ができないのが唯一残念ですが、車のデザインを重視している事を考えると仕方ない事でしょう。

3) 居住性

・SUVと言う事もありフロアは高い位置にありますが、十分なヘッドクリアランスを確保されており、窮屈な感じを受ける事はありません。後席も前席と足下の空間が広く取られているので、後席に座っての長時間のドライブも不満が無いレベルと言えるでしょう。

th_DSC01710.jpg



























・5ドアH/Bスタイルのバックドアは上下2分割に開くタイプで、狭い駐車場で後ろの車を気にせずバックドアを開ける事ができ便利です。
分割して開けたバックドアの下側は大人が座っても問題無い200kgの荷重に耐えられる設計になっているそうです。

th_DSC01712.jpg



























th_DSC01713.jpg



























4) その他

日本の法規制でSUV車はフロント左下側の視界が確認できるようにフロント左位置に小さなミラーを付ける事が義務づけられています。日産のムラーノやデュアリスの様に、ナビゲーションと連動してフロント左下をカメラで確認できる機能が付いていれば、フロント左の小型ミラーは必要無いのですが、メーカー純正オプションのナビゲーションは決して安くありません。

ルノーコレオスでは、左側ドアミラー下部に小型ミラーを追加して、日本独自の法規制による小型ミラー装着によりデザインがスポイルされる事が無い様に工夫されていました。

th_DSC01714.jpg



























4) 試乗結果

・2.5LガソリンエンジンとCVTの組み合わせは、街乗りを想定した、停止状態からの発進加速でも車重を意識させない十分な加速をします。CVTの変速ショックも気にならず、サスペンションもベースとなった日産X-TRAILよりも、しなやかな柔らかさを感じ、路面の段差や凹凸を拾っても、ゴツゴツした乗り心地感は殆ど感じさせない所はフランス車らしい味付けです。


5) 車両緒元

・型式        :ABA-Y2TR

・駆動方式      :4WD(ALL MODE 4X4-i)

・トランスミッション :CVT
・エンジン型式    :2TR (直列4気筒DOHC)
・エンジン排気量   :2,488cc

・最高出力      :126kw (170ps)/6,000rpm
・最大トルク     :226N・m (23.1kgm)/4,400rpm

・全長        :4,525mm
・全幅        :1,855mm
・全高        :1,695mm(グラスルーフ車は1,710mm)

・車両重量      :1,660kg(コレオス)、1,700kg(プレミアム)、1,730kg(プレミアム)
・乗車定員      :5名

・燃料        :無鉛レギュラーガソリン 
・燃料タンク容量   :65L

・ブレーキ(前/後)   :ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
・タイヤ       :225/60/R17
・ホイルサイズ    :6.5J x 17inch

タグ

2009年9月13日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ルノー

ルノー トゥィンゴGT(ABA-ND4FR)

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ルノーを激安で手に入れる方法とは・・・?

 2008年11月にフルモデルチェンジされたルノー トゥィンゴ。
現在、日本には1.2リッターの2ペダルMTの"クィックシフト5"と1.2リッターターボの5速MT車のGTの2種類です。

 本国フランスや欧州向けには、1.6リッターのRSが最上級モデルとしてラインアップされていますが、残念ながら日本には正規輸入されていません。

 今回は14年ぶりにフルモデルチェンジされたルノーのコンパクトカー、トゥィンゴを試乗確認してきました。


1)総評 
 ・初代トゥィンゴが軽自動車に近いサイズだったのに対して、モデルチェンジにより、全長で17cm、全幅2.5cm、全高が3.5cm大きくなり、見た目の印象は数値よりも大きくなった感じがします。

DSC01697.JPG



























2)室内デザイン、装備品等の使い勝手

 ・インストはステアリングの中央奥にタコメーターが設置、スピードメーターや水温系は車体中央部に配置されるセンターメーター方式を採用して日本車には無い雰囲気を醸し出しています。

th_DSC01719.jpg




























・インスト周囲の奇抜なデザインの割には装備は簡素でステアリング前方のインスト上面に小物入れトレーがある以外には特にトゥィンゴならではと言える装備はありません。

・運転席、助手席に着座した時のポジションは、マーチやヴィッツ等よりも低めです。
実用車として乗るには視界が低く感じるかもしれません。

th_DSC01718.jpg



























・ひとつ気になったのは、運転姿勢に合わせてチルトステアリングを調整すると、自分の様にシートを前方にセットする姿勢を取った場合、タコメーターがステアリングにより見難くなる点です。タコメーターをステアリングの奥に配置するのではなく、全てのメーターをセンター位置に配置した方がタコメーターからスピードメーターへの視線移動の必要も無く、更に運転しやすいと思います。

3)居住性

・車体サイズの大型化に伴い、室内空間はスモールカーとして、狭さを感じさせる事はありません。

・シートの着座した感じは、昔からフランス車の座り心地は固すぎず柔らかすぎず、絶妙な座り心地が評判ですが、昔よりは若干固めに感じる様になりましたが、それでも伝統的なフランス車の座り心地を引き継いでいて、疲れ難い座り心地をしています。

・3ドアH/Bスタイルのラゲッジスペースはスモールカーと言う事もありあまり広くはありませんが後席を倒せば、広いスペースができるので、実用には十分と言えるでしょう。

th_DSC01717.jpg



























4)試乗結果
・GTのターボエンジンは2000rpm付近から最大トルクの97%を発生するのとマニュアルシフトの恩恵で、信号待ち等の停止から発進する時や、街乗りでの周囲の車の流れに遅れる事も無く、1200ccのエンジンでも、街乗りでは力不足を感じる事はありません。

 乗り心地もフランス車ならではの固くもなく柔らかすぎず、路面の荒れた部分でも、それ程不快なショックを感じる事はありません。
試乗車は185/55R15と現在では標準的なロープロファイリングのタイヤを履いているから、過去のフランス車全般の乗り心地に比べると路面の固さに反応しやすくなっていると思います。


5)車両緒元

・型式        :ABA-ND4FR

・トランスミッション :5速 マニュアルトランスミッション

・エンジン型式      :D4F( 直列4気筒SOHC ターボ)、1148cc
・最高出力        :74kw(100ps)/5,500rpm
・最大トルク       :145N・m(14.8kg・m)/3,000rpm
・燃料          :無鉛ハイオクガソリン
・燃料タンク容量   :40L

・10・15モード燃費 :ー
・JC08モード燃費    :ー

・全長           :3,600mm
・全幅           :1,655mm
・全高           :1,470mm

・車両重量         :1,040kg
・乗車定員          :4名

・サスペンション前/後:ストラット式/ツイストビーム式
・ブレーキ前/後     :ディスク/ドラム
・タイヤ  前/後    :185/55R15

・車両価格      :2,400,000円

タグ

2009年8月31日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ルノー