検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“ルーミー”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

トヨタ ルーミー・タンク 新型 2016年11月

トヨタの子会社となったダイハツが主に開発をしたのが新型ルーミー・タンク。

トヨタでの前モデルは、若者向けのラクティスとBbでした。ボディスタイルは
2ボックスの5ドアハッチバック。

ラクティスとBbが統合されて誕生したのがルーミーとタンクです。
20161112210915.jpg

先代モデルは、若者向け車でしたがニューモデルは家族向けの車に変身!
しました。

現在の若者は、車離れがかなり進んでいます。

もはや、若者向けの車の市場は成り立たなくなってきているのかもしれません。

ズバリ!販売ターゲットは、ダイハツ・タントなどの軽トールワゴンからステップアップ
してきたユーザーでしょう。


まさに子育て世代のファミリーが標的になっています。


ボディスタイルは、タントをそのまま拡大して5ナンバーサイズに仕上げた感じです。

5ナンバーサイズならではの幅の広さは、なぜかあまり感じられなく軽トールワゴンと
同じの頭上空間の余裕が感じられます。

あまり軽自動車に乗ったことがない私にはとても違和感が感じられます。
しかし、軽トールワゴンからのステップアップならばそれほどの違和感はない
のかもしれませんね。



ボディサイズは、全長×全幅×全高=3725×1670×1735。

全幅よりも全高のほうがはるかに高いので、妙に背高のっぽに感じられたのも
無理がありません。

タンクのフロントマスクは、現行カローラと同じキーンルックでキリリとした表情です。

兄弟車のルーミーと大きく異なるのは、フロントマスクのデザインであとはほぼ同じ
デザインになりました。

なお、トヨタの子会社のダイハツではトールで販売され業務提携しているスバルへは
ジャスティの車名で販売されます。

前モデルの、ラクティスやBbのように各社にOME供給されてるようです。

Autocone_2999510_1.jpg

室内は、ウオークスル―も可能なフラット床になっています。

タッチパネル式のインパネシフトで室内の出っ張りも少なくていい感じです。

後席には、左右にドリンクホルダー付専用テーブルが備わりリヤシートはリクライニングと
シートスライドが左右それぞれ独立しています。

後席シートを目一杯スライドさせても、荷室はかなり大きくとられているのは流石に
5ナンバーサイズの余裕でしょう。

搭載エンジンは、1000cc直3DOHCのNAとターボ。まぁ、この手のミニバンでスポーツ走行や
過激なドライビングをする人はたぶんいないでしょう。

長距離や高速道路の走行が多い方にはパワーに余裕があるターボをお勧めします。

お買いものなどチョイノリが多い方にはNAの1000ccでも必要十分です。

もちろん、アイドリングストップなどの省エネや誤発進抑制装置などの先進的安全機能も
搭載されているのは言うまでもありません。

タグ

2016年11月27日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ