検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“生誕”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

トヨタ カローラ アクシオ ハイブリッドG50リミテッド 2016年9月

歴代トヨタ車でクラウンに続く長い車歴を誇るのがカローラ。
70年代ファミリーカーブームを巻き起こしたベストセラーカーがカローラになります。

プリウスやアクアなどのハイブリッド車やノア・ボクシィなどのミニバンブームに押されて
販売面はそれほどではなくなているのが最近のカローラの販売事情です。

そんなカローラですが、販売開始から今年はめでたく50周年を迎えました。
並居るライバル達(サニー・ファミリア・ランサー・シビック)は車名変更や車格が変更
されています。

カローラアクシオは、5ナンバーサイズセダンを頑なに守り抜いた最後のファミリーセダンの
生き残りでしょうか。


kf_toyota_01.jpg
9月1日からカローラ生誕50周年を記念した限定モデルが発売となります。
全国限定500台で、ボディーカラーはホワイトパールシャインとブラックマイカの
2種類のみです。

リアトランク部分には初代カローラの懐かしい赤バッチが付けられます。
とても懐かしく思えるカローラのCマークは自分が昭和に青春時代を過ごしたことを
思い起こされてくれます。

20160807_4509100.jpg

内装色も初代カローラに使われていた赤い内装を採用しています。
ただ単に赤い内装にしたのでなくトヨタで保管されていた資料をもとに忠実に再現され
てるのが特徴的です。
160711_corolla50_02.jpg
シート、ドア、インパネ、肘掛などが赤い内装になっていますね。
最近のカローラ購買層は、定年まじかの方が多いので派手な内装はありませんでした。


ベースとなったのは、カローラアクシオ・ハイブリッドG。
1500cc直4DOHC+モーターのハイブリッドシステムは33.8km/L(JC08モード)を
達成する高燃費。駆動方式は、FFのみでミッションはCVTです。

最新の安全機能「トヨタ・セイフティセンスC」が標準で搭載されていて安心安全な走行が
約束されいます。価格は240万円です。

エンジンや足回りには、ベース車との差はありません。
走りに特化したモデルも用意してもよかったのではないかと思うのは、私だけでしょうか。

タグ

2016年8月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ