検索結果

タグ検索

新型車(新車)の評価と試乗レポートで“CX-3”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

マツダ CX-3 マイナーチェンジ 2016年10月

国産乗用車では、搭載エンジンがディーゼルのみになるディーゼル専用車がマツダの
CX-3です。

ハイブリッドや電気自動車ではない第3のエコカーとして華々しくデューを果たしました。

マツダの先進的省エネ技術のスカイアクティブテクノロジーの第5弾となるCX-3。

現行マツダモデルに共通するデザインアイデンティの鼓動デザインは、マツダの確固
たる信念をイメージするものでしょう。

世界的なブームになっているスモールSUVクラス。
maxresdefault2.jpg

日産・ジュークやホンダ・べゼルそしてこれからデビューするトヨタ・C-HRも同じ土俵で
戦うライバルです。

CX-3のデビューは2015年。

それから2年経過して、さらに激化するスモールSUV市場を勝ち抜くためCX-3も
マイナーチェンジで魅力の強化が図られたのです。

新たに投入された新技術は、コーナーの旋回能力が上がるG-ペタリング コントロールです。
先にマイナーチェンジされたアクセラやアテンザと同じ機能になります。

コーナーでハンドルを切ればそれに合わせてエンジン回転数を抑制してくる機能。

この機能に加えてサスペンションや電動パワステがさらにチューニングされて抜群の
乗り心地を実現しています。

登場時から驚くほどの静かなディーゼルエンジンでしたが、マイナーチェンジで
ナチュラルサウンド周波数コントロールが標準装備されてディーゼル特有の不快な
ノック音がさらに軽減されて快適なドライビングの向上しました。

ヘッドライトはハンドルに連動するアダプティブLEDヘッドライトが採用され夜間走行時
の視認性をさらにアップさせています。

新聞発表にもあったメーカートップクラスの性能を誇る衝突軽減ブレーキ
アドバンスド スマート システム ブレーキ サポート」もうれしい全グレードに搭載です。

インテリアでは、マルチインフォメーショ ンディ スプレイのフルカラーとなり視認性が抜群
に良くなりましたね。

ボディーカラーには、マシーングレープレミアムメタリックなど3色追加。

1500ccディーゼルターボエンジンの最高出力は105PS/27.5kg・mと
トルクでは2500ccNAクラスの実力。
index.jpg
燃費は、23km/L(JC08モード)とガソリンエンジンの同排気量と比べるとそれほどの燃費
ではないもののガソリンよりも15円以上も安いディーゼル燃料はやはりお財布に優しいと言えるでしょう。

価格は、約237~303万円です。

駆動方式は、FFと4WDでミッションは6速MTと6速ATがあります。

タグ

2017年1月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ

マツダ CX-3 新型 2015年2月

マツダCX-3.jpg

最近、絶好調のマツダが展開ているクリーンディーゼルエンジン搭載車の第5弾
モデルがマツダ・CX-3です。

新開発の1500ccクリーンディーゼルエンジン搭載!しかも、あえてガソリンエンジン
搭載車を用意しないマツダの自信溢れるモデルになっています。

ボディーデザインは、現行マツダ車に共通の「鼓動」デザイン。とても、1500ccの
コンパクトSUVとは思えないいい面構えになっています。のびやかで流れるような
流麗なスタイリングはまさに絶品です。

ボディー下部やバンパーそしてフェンダー周りがブラック塗装されていてSUVテイストを
醸し出しています。

ボディーサイズは、ベースとなったデミオよりも一回りづつ大きくなっていてCX-5と
デミオとのちょうど中間くらいの大きさです。ちょうど、ライバルのホンダ・べゼルや
日産・ジュークと同じくらいの大きさなのはやはり意識してのことでしょう。

内装も実に高級感あふれるおしゃれなものに仕上がっています。

搭載エンジンは、マツダが誇るクリーンディーゼルエンジン搭載車のみ。CX-3は
クリーンディーゼル専用モデル。(輸出仕様のガソリンエンジン2000ccにも興味が
惹かれますが、、。)

CX-3・デミオ用に新開発されたスカイアクティブーDは、1500ccの直4DOHCディーゼル
ターボエンジン。最高出力は、105PSながらディーゼル特有の巨大なトルクは27.5kg・m
と同じ排気量のソリンエンジンの2倍以上の数値でNAエンジンならば2800ccと同じ位です。


燃費は、23km/L(JC08モード)。実燃費は、13~20kmです。ガソリンよりも約20円
前後は安い燃料代を考えれば、ハイブリッド車に比べてみてもリーズナブルでは
ないでしょうか。


アクセラやアテンザに搭載されているディーゼルエンジンよりは、残念ながらガラガラと
したディーゼル音が大きくて車内の清閑性もコンパクトSUVのせいか少々大きいのが
残念です。

しかし、慣れてしまえばそれほど気になるものではないかもしれません。ディーゼル音と
いっても、小型トラックのディーゼル音に比べるまでもなく全然小さなものです。

あくまでも、アクセラやアテンザに比べた場合ですので、気にしなくともいいかもしれません。

マフラーは、コンパクトSUVらしからぬ2本出しでいい感じで迫力が伝わってきます。
ガソリン車よりも格段に優れた図太いトルクでグイグイ走れるので長距離走行もなんなく
こなせます。


グレードは、ベースグレードのXD(FF 237万6000円 4WD 259万2000円)
・XDツーリング(FF 259万2000円 4WD 281万8800円)
・XDツーリングLパッケージ(FF 280万8000円 4WD 302万4000円)となっています。

ミッションは、走りの6速MTと6速AT(6EC-AT)が選択できますが、MTもATも値段は同じ
になっています。



 

CX-3をお得に買うには?


値引きの期待ができない
新車・新古車・未使用車・展示車。

「えっ!そんな程度?!」

っていう値引き額にあなたの
大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・

中古も注目のCX-3だけに
価格はお高めだし!

そんな状況の中、
気になるマツダCX-3を
購入する際に値引き以上に
総額を大きく低減させる効果的な方法があります^^

その方法とは・・・

いま乗っているクルマを高く下取らせること!


いま乗っているクルマは
大きな資産であり高く買い取って
もらえれば値引き以上のインパクト!

購入総額を大きく低減することが
可能になります。

愛車の下取り価格をアップ
させることができれば

ローンを組む上でも月々の出費を抑え
余分な金利分を減少させたりと
いろいろと助かっちゃいますよね^^

ただし、
ディーラーと下取り交渉をする前に
注意する点が1点あります。

それは・・・

自分のクルマの価値を知るということ。


 

新車 新古車 未使用車 値引き.jpg

あなたは自分のクルマが
いくらの価値があると思いますか?

「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」

そんなふうに思っていて
自分のクルマの価値を知らないで
販売店に下取り額UPの交渉をしたら
大きな損をする可能性があります。

あなたが20万円くらいと
思ってた自分のクルマを

「25万円の下取り査定しますよ!」

なんていわれたら
OKしちゃいますよね!?

でも本当のあなたのクルマの価値が
60万円だったとしたら・・・?!

35万円も損することに

なってしまいます!!

この「自分のクルマの価値を知る」
ということはとても大切なこと
ですので覚えておくと
いいと思います^^

 

どうすればクルマの価値がわかるの?


中古車屋さんやクルマ買取店などを
まわって1軒・1軒と見積をだして
もらうのは現実的でありませんね!

そこでおススメなのは、
インターネットの無料一括査定。

1回・1分程度の入力で
10社以上の買取価格がわかり、

自分のクルマの下取り相場を
カンタンに知ることができます^^

実際自分もクルマをインターネットで
一括査定をしたことがあるんですが、
けっこう衝撃的でした・・・

ホンダのアコードユーロRを
10年近く乗って9万kmオーバー。
30万ぐらいになればいいかな~
なんて思っていたんです。

一括査定を申し込んだら各社から
ポツポツとメールが帰ってきて

・A社・・・55万円 (おっ?!)

・B社・・・70万円 (えっ!えっ!?)

・C社・・・50万~80万円 (ホ~!)

・D社・・・100万円!!!(・・・いいんですか?!)

いやぁ~、自分では30万円と
思っていた車がこんな価値があるとは
・・・と、
買取相場と自分の感覚の開き
正直驚いたのを覚えています。

この無料一括査定サービスは、
たった1分~2分程度の入力で
あなたの愛車の価値がわかるので

気になるマツダCX3を
よりおトクに購入するために

無料一括査定で愛車の買い取り相場を
知っておいて損はないでしょう。

たった1分の入力で10万円トクするか、それとも50万円トクするか。
はたまた自分の思い込みで後で悔しい思いをするか。

それはあなた次第です・・・!

下取り価格が高ければ
毎月のローンを1万も2万も
安くするのも夢じゃありませんし、

お目当てのCX-3の
購入予定を前倒しすることだって
出来ちゃいますしね!!

まずはあなたも愛車の価値、
確認してみてはいかがでしょうか!?

ネットで簡単に愛車の下取り最高値がわかる無料一括査定サービスはコチラ
↓   ↓   ↓

 

 

 

 

タグ

2015年9月 9日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:マツダ