日産

日産 ノート eーPOWRE マイナーチェンジ 2016年11月

2016年11月にマイナーチェンジされた日産・ノートに追加されたーPOWRE。
突如、販売開始された新たな電気自動車か、または新たなハイブリッド車なのです。

161102-01-06-1200x900-20161102104106-618x464.jpg

日産の電気自動車は、リーフです。

リーフは電気自動車での販売台数世界一の実績を成し遂げています。
リーフの航続距離は、約280km。長距離ドライブでは、航続距離が約500kmないと心
もとないですね。

行った先で、充電設備が必ずあれば片道280kmでも走れますが、なければ帰りのこと
も考えて半分の140kmで往復しなくてはいけません。

日産が、マイナーチェンジのノートに搭載した新たなハイブリッド車・eーPOWERは
いわゆるレンジエクステンダー。

レンジエクステンダーとは、電気でモーターを駆動して走行します。蓄えられた電気
だけで走行するのがリーフのような電気自動車です。

ハイブリッド車は、低速走行のみ電気でモーターを駆動して走行して高速走行は
ガソリンエンジンのみの走行で走行スピードでモーター(電気)かエンジン(ガソリン)
のどちらかで走行します。


レンジエクステンダーは、電気でモーターを駆動して走行しますが、搭載されている
バッテリーが無くなるとガソリンエンジンの発電機が始動してバッテリーを充電します。
ッテリーがフル充電になるとガソリンエンジンの発電機は止まります。
ぁ、発電機を積んでいる電気自動車と思っていただければよいでしょう。

同じカテゴリーの車には今年販売されたBMW・i3が、レンジエクステンダーです。
気自動車では、航続距離が足かせになって行動範囲が制限制限されてしまいますが
レンジエクテンダーのノートeーPOWERは搭載されているバッテリーが無くなればすぐ
に充電開始されるので電機用のガソリンを確保すれば、航続距離はまさに無限大!。
ソリンスタンドは日本中どこに行ってもあるので、まず困ることはないでしょうね。

搭載エンジンは、従来型と同じ1200ccのガソリンエンジンです。
費は、37.2km/L(JC08モード)。ちなみにトヨタのハイブリッド車のアクアの燃費は
37km/L(JC08モード)なので、ハイブリッド車の販売で後塵をはいしている日産として
ノートeーPOWERは、まさに起死回生の一発逆転ホームラン的な存在であることは
間違いありません。

価格は、約177万円からです。ライバルのフィット・ハイブリッドやトヨタ・アクアとほぼ同じ
車両価格なので、まさに道巴の戦いになるかもしれません。




タグ

2016年11月23日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

日産 セレナ 新型 2016年8月

今やミニバン市場は各メーカーが凌ぎを削る凄まじい状況です。まさに、群雄割拠
のような戦国時代を思い起こさせてくれる活況を呈しています。
しばらく前からブームになっているミニバンブーム。

特に、ファミリーユースが多い5ナンバーサイズのミニバンの需要が大いにのは事実でしょう。
ミニバン販売台数のナンバー3は、トヨタ・ボクシィやノア、ホンダ・ステップワゴンそして日産・セレナ。

先代モデルが2010年発売でモデル末期のセレナですが昨年モデルチェンジされたステップ
ワゴンよりも販売合戦ではセレナのほうが圧倒していました。

まぁ、奥様方のターボは燃費が悪いの古い認識のためステップワゴンのダウンサイジング
ターボ売れ行きが振るわないのですが、、。

モデル末期でも絶大な人気を誇ったセレナですが、日産は激戦の5ナンバーサイズミニバン
市場トップを奪うべくセレナに新型を投入したのです。
PFA01.jpg
もはや、日産・セレナの独壇場と言っても良い状態なのは間違いありません。

ボディーデザインは、使いやすい箱型なのはもちろん前モデルよりもカクカクした
ガンダムチックものになりました。

フロントマスクは、ライバルのボクシィを真似たのか2段のライトの配置です。

まぁ、スズキのソリオも似たようなデザインなので一概に猿真似とは言えませんが
もう少し日産らしいロントデザインにして欲しかったのも事実。

基本的なシャーシ構成は先代モデルをリファインしたものです。

もちろん、新型なのであらゆるところで前モデルを凌駕しています。

特筆すべき新技術は、自動運転技術「プロパイロット」搭載!で、国産車では初の試みです。

永ちゃんが登場するCM。ドライバーもノリノリで、楽しいドライブに参加できるCMは実に魅力的です。

プロパイロットは、レーンキープアシスト・アダプティブクールズコントロール・自動操舵機能
(60km以下で機能するもの)の3つの機能が組み合わされて制御される安全機能。

単独では、これまでにも装備されている車は多数ありました。

これを組み合わせたのは画期的なシステムです。

ただ、完全手放し運転はやはり無理なのでプロドライブ作動中でも軽く手を添えていなくてはいけません。

まぁ、現時点ではジャンボジェット機のような完全自動運転までの大きな一歩と考えるべきでしょうか。

次に日本初になるのは、キャップレスの給油口です。

たまにあるのがスタンドでの給油口の閉め忘れです。

実は、たまにではなくキャップの閉め忘れはかなり多くあります。

もともとキャップがなければ閉め忘れも起こりません。

私には、とても歓迎する日産の新たな試みです。

燃費は、15~17.2km(JC08モード)。

新型セレナの価格は約231~371万円です。

駆動方式はFFと4WDがありミッションはCVTのみです。

タグ

2016年10月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産