日産 ムラーノ 2.5

日産 ムラーノ 2.5

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムラーノを激安で手に入れる方法とは・・・?

 SUVの人気に火が付いたのは北米のファミリーカー市場でした、それまでのRV人気の中、実はRVを所有している人の多くはラフロードを走行する機会も少なく4WDである必要も無いファッションとしての車選びの結果車高の高いRVを選んでいたのです。当然メーカーからはよりオンロード嗜好の強いモデルがラインナップされるようになり駆動方式もFFが多くの割合を占めるようになってきたのです。

 そんな中、日産が北米で販売していたのがムラーノです、背の高い車体に広い室内、上級な内装の質感は北米でも人気の車となり後に日本市場にも投入されるようになったのです。そんなムラーノのFF仕様を今回は試乗してみます、世間はエコカーブームですが実際には毎日車を使う人は少数派で多少の燃費性能よりは自分の好みの車に乗りたいと考えるユーザーも多く最近では両者の特性を生かしたCX-5と言うモデルもマツダから販売されています。

 レクサスRXやCRVといった競合も多い中、このムラーノの乗り味はどうなのでしょうか?実際に見てみましょう。

 ムラーノを見て「これ日本車?」と感じる方も多いようです、それも納得で元々ムラーノは北米向けに作られ販売されていた車なのでデザインも日本人向けにはなっていないのです。しかしその事が逆にこの車の個性を際立たせる結果となり「外車のデザインに魅力を感じながらもその商品としての品質に不安を感じる」と言う方にはとても魅力的に写るのではないでしょうか?塊感のあるデザインは国産車のどの車にも似ておらず特に複雑な形状のヘッドランプやボディパネルのプレスなどは「ちょっと乗ってみようかな」と言う気にさせられるものです。

 実際にドアを開けて運転席に乗り込んでみるとその室内空間の広さを感じる事が出来ます、左右のシート間隔も広い上にシート自体の作りが一般的な国産車のシートと比べてひと回り大きく作られており身長180cmの筆者が座っても実にゆったりとした感覚を得る事が出来ます。インパネのデザインは外見ほど奇をてらった印象は無く意外とシンプルでおとなし目な印象、ライバルとなるレクサスRX等と比べると「豪華さ」という点では全く方向性の異なる車であることが分かります。RXの内装は如何にも富裕層向けに運転者を持ち上げるようなデザインであるのに対しムラーノの内装はあくまで大型のファミリーカーで誰にでも親しみ易いのが特徴です。

 今回試乗したモデルは2500㏄のFF方式ですが、上級モデルには4WD仕様のタイプもあるのでフロアセンター部の大き目の張り出しが視覚的には気になる所なのですが、実際には十分に取られた室内幅のお陰でその張り出しによって窮屈感を感じさせられる事はありません、また、この手の車高が高い上に幅広の車に慣れてない方でも助手席側の真下の状況をディスプレィで確認できる装置のお陰で幅の狭い道での離合の際や車庫入れの切替し等も比較的安心感を持って対処できます。そしてこのカメラのお陰でボンネット上にサブミラーを接地する必要が無くなった為にムラーノらしいグラマラスなボディデザインが実現できていると言っても良いでしょう。後部座席に移ってもそのゆったりと座れる雰囲気はそのままで、大男が4人乗っても窮屈に感じる事無く快適にドライブをする事が出来ます。

 エンジンは4気筒ながら静粛性も高く組み合わされるCVTとの相性も良く1600㎏程の車体をスムースに加速させてくれます、確かに3500㏄エンジンの強烈な加速は魅力ではありますがこの2500㏄のモデルでも必要以上のパワーは十分感じる事が出来ますので自動車税や燃費などの年間のコストを考えればファミリーカーとしては十分快適な車であると言えます。やや高めの開放感のある視界から滑らかに加速する感覚を体感するとセダンでドライブするのとはまた違った快感が得られます、何処か無重力的な開放感に満ちた感じはSUVの大きな魅力でしょう。

 街中で実際に走行した際の燃費は8k/L程度で車の大きさを考えれば妥当な所でしょう、高速道では概ね10k程度でこれも標準的な印象、以前のエルグランド辺りから比べれば少し燃費性能も改善されているようです。走行中は至って静か、ロードノイズを拾い易い大型のタイヤながら車内への侵入はよく抑えられています、多少の路面のギャップやうねりも気にならずボディ剛性の高さも感じられます。車外見から想像するよりもステアリングはかなり軽めですから街中での走行もドライバーの負担を和らげてくれます。

 ムラーノはSUVというカテゴリーに含まれていますこれは「スペース:ユーティリティ:ヴィークル」の略で室内が広めの車とされていますが、室内が広くゆったりしているので家族でロングドライブに行っても快適な車でもあります。但し、荷物を積んでキャンプ等のアウトドアスポーツに使う「RV レクレーショナル:ヴィークル」とはカテゴリーが異なるのでその分トランクのスペースがより室内に振り分けられています。従ってムラーノのトランクも通常のセダンよりは当然多くの荷物が収納できますが道具を満載して出かけるような楽しみ方は苦手かも知れません。

 日常生活に於いて運転も楽で広くて快適、シートの位置が高いので乗降りも楽、荷物も取り出し易い。そんな使い勝手の良い大き目のファミリーカーとして考えれば非常に利用価値のある車と言えます、加えて国産車にありがちな「車によってエラそうに見える雰囲気」を感じさせないスタイリッシュな車としても中々高感度の高い車であると思います。

 

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ムラーノに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年1月 7日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/77

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)