日産 フーガ(2.5)

日産 フーガ(2.5)

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
フーガを激安で手に入れる方法とは・・・?

 「とにかくセダンは人気が無いのです」販売店を回ると大抵こんな声を聞きます、当然店頭には売れ筋のコンパクトカーとSUVが並びセダンの展示は「とりあえず・・・」って感じなのが現在の自動車販売店の姿なのです。しかし、この古典的なFRセダンにも利点はあります、前輪は操舵・後輪は駆動と明確に役割を分けている事で車の素性が素直で運転し易いしハンドルの切れ角も大きく取ることが出来るので一見大きそうな車でも結構楽に小回りが出来る。車の運転そのものが好きだと言う方にとっては家族の反対を押し切ってもやはりこのFRセダンに魅力を感じる方は多いのではないでしょうか?

 そんな訳で今回は日産のフラッグシップである高級セダン「フーガ」を見てみましょう、その昔はセドリック/グロリアとして一時代を築いた名車がフーガという名前に変更されて今回のモデルは2代目に当たります。そしてそのフーガの中でも個人での所有もそれ程無理ではない2.5リットルタイプを試乗してみます。

 フーガの実車の前に立つとやはりこの車は車好きの若干ヤンチャな感じのオーナードライバーに主眼が置かれているのだろうと強く感じます。クラウンが最大のライバルとなるこのクラスでありながらチョッと社用車として遊びすぎのデザインと威圧感は、ある意味日産は自分たちの得意とするマーケットはここだ、と全てを網羅するような体制との決別を図ったのでしょう。やはりメーカーの方向性はユーザーにわかりやすい方がより強い支持を受け易く固定ファンを形成し易いのでこの姿勢は企業経営にとってとても重要な事と思います。また、近年国内市場の低迷で世界市場とのプラットフォームの共通化が不可欠な時代、やはり新興国で人気のある抑揚のあるデザイン手法を取り入れる事で世界全体の販売台数を確保しようとする動きも見て取れます。 

 重厚な感じのドアを開くと「日産だ!」と感じるデザイン、乗員を包み込みおだてられる様なトヨタデザインとは間逆のベクトルで明らかに運転者を突き放したデザインがもう好きな人が買ってくれれば良いという潔い決断が伝わってくるようです。浅めで高さのあるダッシュボードとこれまた「俺は機械なんだ!」と主張する特大のセンターコンソールに仕切られた運転席に座ると気分はコックピット感覚で運転手は兎に角運転に集中する様なベクトルが自然に働いてしまいます、助手席や後部座席と和やかに楽しく過ごす最近流行のワゴン系の雰囲気は微塵もありません。シートはクッションが厚めで非常に座り心地が良くサイドのサポートも適切で軽くスポーツカーに乗車した様な雰囲気です、ATだからといって片足を組んで体を斜めにして片手ハンドル・・・はちょっと出来ない雰囲気。

 エンジンを始動するとクラウンやレクサスLSの様な密閉された静かさは全く無くごく自然にエンジンの鼓動や音が伝わってきます、走り始めるとこの感覚は特に顕著になり決してうるさい訳ではないけれど静かに滑らかに滑るように走る事は無く、大きな力強いエンジンがタイヤを強力に回転させてドンドン押し出してくる感覚です。ハンドリングもなかなかシャープで小さなカーブもグイグイ回ってくれるので峠道では結構夢中になれるし、この車体の大きさから考えると2.5リットルでは非力かな?と最初は心配したけれどV6のエンジンは高回転までストレス無く回り低速から高速までおよそ免許証が安全な速度域ではついつい元気に走らせてくなるセッティングです。(後部座席に乗せられている人は楽しくないけど)

 但し、一転ドライブモードをエコモードにするといきなりアクセルペダルが重くなり(無理して踏み込めば踏めるけど)環境省お勧めの「ふんわりアクセル」運転を強制的にやらされます。こうなると不思議なものでそれまでグイグイ切ってたハンドルも自然と滑らかに紳士的な運転で後部座席にも環境にも優しい運転になってしまうのです。機械の側で強制的にエコモードになるのではなく機械が人間にエコモードになるように働きかけてくれるのは人間の中々抑えられない欲求を外部からコントロールされている様で何だか面白い。

 走行中の雰囲気は路面の状況や振動、エンジン音、排気音等を常にある一定の量を車内に通してくるので運転者としては外部と遮断された感覚に陥らずかえって運転し易い。インテリアの造形や質感は流石に世界戦略車だけあって過度なコスト削減の痕が見えず気分的にもゴージャスな気分にさせてくれます、フロントがダブルウイッシュボーン・リアがマルチリンクのサスペンションは路面状態を選ばず常に程よく快適な乗心地で長距離移動の際も体への負担が少ないものですし、高回転型の滑らかなエンジンと組み合わされるのは7段ATのスムーズな変速。

 経済的で車としての最低限の機能があればOK!と言った感じの車も多い中、このフーガには他の車には無い個性が感じられる最近では珍しい一台とも言えるでしょう。2500㏄で最も安いモデルでも400円弱の価格は今の一般的な家計からすれば決して安いとは言えませんが、冒頭にも触れたように「今はセダンは人気が無いのです」色々探せば実用一点張りではなく走らせて楽しめる車らしい車が結構安くなっていたりするんですよ。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
フーガに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年1月25日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/80

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)