日産 デイズ

日産 デイズ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
デイズを激安で手に入れる方法とは・・・?

 現在ね国内市場では1にハイブリッド、2に軽自動車と言っても良い程の人気を得ている分野でやや遅れを感じていた日産自動車が三菱自動車と合弁会社まで作って開発したのが新車種のデイズです。人気があるジャンルとは言えライバルにはムーヴやワゴンR等の看板商品が並ぶ中において今回のデイズはどの位健闘出来るのか気になる所です。
 発売直前に不具合が見つかったりと新規事業の立上げに苦労するのはどんな仕事であっても表通の事ですが、この車で日産は国内市場での軽自動車をOEMだけに頼らず自分の力で切り開こうとする実に日産らしい決断とも言えるでしょう。そんな発売されたばかりのデイズですが、果たして日産の思惑通りに新しい日産の顔となる事が出来るのか?実車を見てみましょう。

 デイズの実車を見ると「あ、日産の顔になったな」と言うのが第一印象です,標準タイプは同社のコンパクトカー「ノート」のデザインを随所に採り入れている事が判りますし、上級グレードのハイウェイスターはさしづめミニエルグランドと言った雰囲気を醸し出しています。個人的な好みの範囲内ですが、無理矢理立派に見せようとしたハイウェイスターよりもややノート似の標準タイプの方が車の大きさとデザインが良くマッチして中々スマートで良い印象を受けます。

 細かい所に目をやるとさすがに合弁会社第一弾の意気込みが感じられる所が散りばめられており、軽自動車でありながらも上質な快適空間を具現化されています。例えばヘッドランプやテールライトの造型もイマドキのデザインの流が採り入れられておりコスト管理の難しい軽自動車であってもデザイン的に手抜きをしていないのは日産がこのモデルにかなり本気に力を入れているのだろうと推測します。特にサイドパネルのプレスは立派なもので、メタリック系の色を選ぶとデイズのデザイン的な魅力を存分に堪能する事が出来ます。
 車内に乗り込んでもその印象は変わる事が無く、黒とベージュの上下二段で構成されたインパネは微妙な曲面が多用された形状であるし、センターにはタッチパネル式の空調操作パネルが装備されており何だか軽自動車のインパネにしては随分豪華な印象を受けます、又、フロントシートは標準的な軽自動車よりも少し大きめでクッションの厚みも十分に取られた造り込みがなされており大人が乗っても日帰りドライブ程度の距離であれば軽自動車としては十分快適な座り心地を提供してくれています。そして、室内の上質感の秘密は子育て世代にも嬉しい車内収納スペースが一見すると分らない様に上手に隠されている点にあります、軽自動車にありがちな「ここが収納スペースです!」的なプラスチックのトレイが並んだような雰囲気が一切無いのが嬉しい所です。

  ただ、ハイウェイスターと標準タイプの両方を比べてみると、特に内装に関してはハイウェイスターのブラックで統一された内装に統一しても良かったのではないか?と言う気もしてきます、「ハイウェイ~=上級モデル」という認識も市場に行き届いておりその2つのキャラクターの違いを明確にしたいのは当然判る話ですが、せめてドアトリム位はブラックにした方がモデル全体的に高級感が演出できたのではないかなぁ?と思ってしまいます。

 実際に走らせてみると新開発ね3気筒エンジンは組み合わされるCVTとの相性も良く実に滑らかな加速をしますし主要な幹線道路で交通の流れに乗るにも自然に運転出来ます。排気量が660ccの軽自動車と言う事と格別スポーティーに走らせるようなセッティングにはなってないのでカッ飛び性能を求める方には合わないかも知れませんが最初に触れた高いデザイン性と少し上質な仕上げを楽しみながら落ち着いて運転される方にはお奨め出来る車に仕上がっています。
 
 恐らく、日常的に通勤や通学、買物と言った比較的近距離の移動をより快適にしようといったコンセプトで作られている車のようで、普通の街中で(40~60キロ程度の速度)の運転に関しては多くの人が満足出来る仕上げになっています、アスファルトのつなぎ目や路面のギャップを乗り越えるのはそれ程得意では無い様子ですが、何と言っても静かに滑らかに快適に淡々と走る分には実にストレスの無い走行性能を見せてくれます。軽自動車にありがちな軽すぎるステアリングホイールやスカスカで手応えの無いペタル類・・・と言った類の事もさすがに日産が手を入れているだけあって普通車からの乗り換えユーザーでも違和感無く操作出来るレベルに仕上げられている点も好印象を持ったポイントです。

 反面、高速やバイパスでの追い越し車線での加速や急な上り坂、山間部のワインディングなどはこの車にとっては苦手な部分。これはダメと言うのではなくやろうと思えば出来たのだろうけどこのモデルは敢えて「大人がゆったり乗るのです」と言っている様なセッティングで良い様に解釈すれば心に余裕を持って安全運転できるし、燃費も良い!ネガティブな言い方をすれば刺激がない分イマイチ面白みは無い!これはあくまで乗る人の好みの問題だとは思いますがね、サイズの問題で普通車と同様にアレもコレもとはいきませんが日常の足として通常2、3人乗車で長距離には行かないと言うなら「この際軽自動車でも良いかな」と思っている方であれば是非一度試乗してみてどれ位自分の走り方に合っているか確かめてみましょう、快適性は二重丸ですよ。


ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
デイズに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年6月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/104

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)