日産 ラティオ

日産 ラティオ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ラティオを激安で手に入れる方法とは・・・?

 「コンパクトカーなのに上質な仕上」が売りの一つだった日産の「ティーダ・ラティオ」がフルモデルチェンジして今回からは「ラティオ」という車名になりました。特に先代は表面の仕上げについてはクラスを超えた質感に定評があり、大きな車を扱うのが面倒になった方や自宅の駐車スペースでコンパクトサイズしか難しい方など「小さい車であっても安っぽくない車が良い」と言うちょっとこだわり派のユーザーにとても人気の高い車でした。

 今回のティーダは先にデビューしたマーチと兄弟車、プラットフォームはマーチと共通となり名前には「ラティオ」の文字が残っていますが実際は全く別の車となったと言っても良いでしょう、今回はそんな新型ラティオに試乗してみました。

 日本車(特に乗用車)にしては異例の販売戦略で殆どテレビCMも行われなかった新型ラティオ、そのお陰で今回フルモデルチェンジとなっている事に気が付かなかった方も多いのではないでしょうか。今回のラティオの特徴は基本的な車体がマーチと共通になった事、コンパクトセダンの必要性を持つユーザーに特化して作られた車、と言う2点に集約されるようです。具体的にはこれまでの「ティーダ・ラティオ」の上質なコンパクト路線は今回から「ノート」に引継ぎ、ラティオのメインターゲットは外見上セダンの形でないと都合が悪いと考える法人ユーザーがその大部分で各人の嗜好が多岐に渡る個人ユーザーは別の車種を提案すると云う事らしい。確かにこの手法はいたずらに似たような車種を増やして結果的に自社の商品の中で競合させてしまう事を避ける事が出来るし、より目的にあった車種それぞれに力を注いで販売できるというメリットは感じられます。

 実際に新型ラティオを目にすると車の外形寸法は先代までと殆ど変わらないように見えますが、そのコンセプトに関しては随分方向転換したような気がします。その事を最も感じられるのはドアを開けて運転席に座った時、マーチ同様にブラックの樹脂製パネルに統一されたインパネは色調から引き締まった感じは受けるものの「くつろぎ」とか「充実」といった雰囲気は無く「機能性」と「効率」を感じされられるデザインです。かと言って悪い事ばかりでもなく新しくなったプラットフォームのお陰でキャビンは先代に比べより長くなり前後の座席共に十分な居住空間を確保しています。身長170cm程度の方であれば「外見の見掛けよりも随分広い車だなあ」と感じる事になると思います。内装の仕上げは妙な高級感の演出は避けあくまで機能重視、グレードによってセンターコンソールのデザインが少し変わる事を除いてはインパネ・シート・トリムなど全体が黒を基調に必要な装備を効率的に配置した印象です。

 エンジンは全車1200㏄の3気筒エンジンですが静粛性や振動の無さ等は特に心配しなくても3気筒のネガな部分は殆ど感じる事は無くこれまで4気筒モデルに乗っていた方が乗り換えたとしても特に違和感無く付き合ってゆく事が出来るでしょう。組み合わされるCVTも同様でエンジンの排気量は先代モデルより小さくなっているものの車自体の重量は100㎏近く減量されているお陰で街中の走行では実にスムーズかつ機敏に行動することが出来るのも今回のラティオの特徴でもあります。ただその排気量を感じる部分があるとすえば高速道路の追い越しやバイパス道等への合流の際に一時的にアクセルを踏み込むような場合、やはりそれなりの音や振動が室内に充満します。が、多くの人が日常生活で使用する上においてはその動力性能を不満に思うことは無くむしろ「エンジンが小さくなったのに良く走る」と感じる人の方が多いのでは荷でしょうか。

 車は趣味性の高い道具でもありますのでその車に何を期待するかによってその車の評価が大きく変わってしまうところではあるのですが、運転した際に感じるフィーリングや味付・・・そう言った物はこの車では極力排除されています。ハンドリングは素直で中立性も高いのですが足回りのセッティングは必要最低限の物なので峠道を走ったり路面のうねりに対してどんな反応するか?と言えば「趣味として運転を楽しむ」ような人を満足させるような物ではありません、必要以上に踏ん張らない足回りやうねりや切り替えしのムラがダイレクトに感じられる乗り味は一言で言えば営業車的な超シンプルなセッティング、お飾り無しの車です。

 しかしその辺りの性能を感じ、扱え、また必要とする人ばかりが自動車ユーザーではないのも事実、日常の必要性に迫られて自動車が無いと仕事や生活が不便なので乗っているに過ぎないのであれば必要な機能に絞ってシンプルな構造にするのも道具の作り方としては正しい方向性だと思います。

 冷静に考えれば、「クラスを超えた室内空間」は正にその通りで大人4人が乗車しても十分広い室内を持ちエンジンルームをコンパクトに押さえている結果トランクルームにも十分なスペースを振り分ける事が出来ているので荷物の収容能力も申し分無い、車体も軽く取り回しが易しいなど実用車として捕らえれば十分快適性を保っている車であると言う事が出来ます「それ以上の雰囲気」を求めたい人にはそれなりの選択肢が十分残されています、というのが日産のメッセージのようにも感じられます。確かに「豪華であれば良い」って言うものでも無いかな。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ラティオに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年2月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/84

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)