日産 リーフ

日産 リーフ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
リーフを激安で手に入れる方法とは・・・?

 最近街中を運転していると必ず何台かはリーフを見かけるようになって来ました、殆どの場合は会社のイメージアップのための社用車である事が多いのですが化石燃料の埋蔵量が議論されて既に30年以上の月日が流れながらも未だに自動車燃料の主流が化石燃料であるのは価格や技術面でちょうど良いバランスが取れた使い易さに他なりません。しかしこれから先50年を見た場合自動車の燃料はどうなっているのか?非常に興味深いテーマでもあります。
 今回の試乗は遅ればせながらではあるけれども次第に市民権を得つつある電気自動車である日産リーフを見てみましょう。航続距離や充電スポット、社会インフラの整備などクリアしなければならない課題も多いのですが目的によっては十分使える機能を備えたものでもあるようなのです。
 高級車のエンジン性能を表す言葉として頻繁に使われる表現の一つに「まるでモーターの様な滑らかな加速」なんて言葉があります、実際に電気自動車が実用化される前から遣われていた表現で本当に「モーターの加速を知っとるんかい!?」と聞いて見たくなる事もありましたが、今や本当に電気モーターで走る車が量産されるようになってしまい技術の進歩は全く凄いものだと思います。元々モーターは電車などに広く使われている様に低速から強大なトルクを発生させ滑らかに加速することが出来るので乗り物の動力源としては非常に理想的なパワーユニットなのですが、何と言っても燃料となる電気はガソリンの様に簡単に溜めておく事が出来ないので実用化が難しいのです。昭和の初期にはそんな電気の欠点を解消するべくトロリーバスが実用化され現在の路面電車のようなパンタグラフを持った乗り合いバスが走っている風景もありましたが当然送電線の無い場所に行くことが出来ないので普及には自ずと限界があったのです。

 電気を備蓄するバッテリーの性能が最近飛躍的に伸びた事、回生ブレーキの小型化が進み自動車に搭載できる様になって来た事で何とか実用化の目途が立ち量産されるようになったリーフですが同じく電気自動車である三菱のi-MIVEとは異なり量産型電気自動車専用設計の車両としては国内唯一の存在となります。

 電気モーターを動力源にする利点は動力の段階的な抽出が容易であるためエンジン車のような変速機を必要としない点が挙げられます、自動車部品の中でもエンジンに次いで重量があるトランスミッションが不要でなおかつ電気モーターはエンジンに比べ非常に軽量コンパクトに作る事が出来るので自動車の軽量化や室内スペースの拡大は電気自動車の最大のメリットとも言えるでしょう。しかし、実際にリーフに乗ってみて感じるのはまるでスポーティーカーの様なパワフルで滑らかな加速と素直なハンドリングが最も印象的であったのは自分の中でも少し意外な一面を見た感じがしました。パワフルな加速と言うのはモーターの出力特性からして乗る前からある程度は予想が付いてはいましたが、ハンドリングに関しては全く期待はしてなかっただけに驚きも大きかったのですが冷静に考えてみればボンネット内のエンジンが無くなりモーターと制御回路が入り床下には重いリチウムイオン電池が並べられる。これは自動車の重心が車体の中心部の低い位置に集まる事を意味します、当然ハンドルの切れはシャープになり見た目はコンパクトカーのような可愛らしさも感じられるデザインなのにカーブでハンドルを切るとスッと運転者を中心にノーズが入って行きます。しかも低重心にまとまっているので挙動は比較的落ち着いておりこのクラスの車にありがちなヒョコヒョコした落ち着きの無さは感じられないのです。

 当然、エンジンの音はしないので走り始めると何だか不思議な気分になります、滑らかに殆ど音も無く、しかも実に力強く加速していくのですが市街地の走行等ではまるで乗り心地は高級車に乗っているような落ち着きと静かさが味わえます。車の重量を見てみると再びビックリで1.6t程もある結構な重量車、エンジンが無いのでさぞかし軽いのかと思えばバッテリーは今の技術ではまだまだ軽量化には多くの課題があるようです、でも逆にこの重たいバッテリーが床下にあるお陰で見た目に似合わずどっしりと落ち着いた挙動が生まれ しかもそれが車体中央部に集まっているのでハンドリングにも良い結果が出ているのです。ンジンのノイズが無いとその分路面の音や風切音を感じやすくなるのですが時速50キロ程度の街中の走行であれば全く問題無し、高速道路に入っても風切音を下げるためにボディデザインには随分苦労したんだろうなぁとその努力を認められる程度の静かさは常に約束されています。

 走りこんでゆけばそれなりに気になる点もあり、路面のギャップやうねり等を通過する際のギャップは結構大きく乗員に伝わってきますし車両本体価格で考えると350万円程度の支払い価格の車にしては内装の仕上げのチープさシートが電動でないのは消費電力を抑える為に仕方ないとしても調節レバーの仕上げや品質はもう少し工夫があっても良いのでは?と感じる面も確かにある。ただ車の基本性能自体は決して低い訳では内容なので今後重ねられるであろう改良を楽しみにしたいところです、とにかく初めてだらけの車で書くべき事が多いのでその他の続きは又別の機会に触れたいと思います。単純に良い車か?と聞かれれば「間違いなく良い車の仲間である」と言える。逆に言えば国産車の中で最も期待値が大きい車ともいえるかも知れませんね。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
リーフに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年5月 5日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/96

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)