日産, キューブ, 15X, DBA-Z12

日産, キューブ, 15X, DBA-Z12

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
日産キューブを激安で手に入れる方法とは・・・?

 2008年11月にフルモデルチェンジを行い3代目となった新型キューブ(Z12)を見てきました。
今回は、コンパクトカーとしての使い勝手を中心に確認してきました。

 昨年11月にフルモデルチェンジを実施したばかりなのに、今年4月には装備の見直し等の
小変更を実施しています。
旧型のZ11の時も毎年、内外装に小変更を繰り返していたので、このZ12型も同じ様に、
年度毎に内外装の小変更を繰り返して行くものと思われます。

Z12型キューブの概要は以下の通りです。

・1.5リッターエンジン、2WD、エクストロニックCVTの3グレード
・1.5リッターエンジン、4WD、エクストロニックCVTの3グレード

販売価格は2WDの1,449,000円(消費税込み)から4WDの1,928,000円(消費税込み)です。

・4WD車は、日産が「e・4WD」と呼ぶ電動式4WDシステムで、通常は前輪駆動で走行。
センサーが前輪のスリップを感知すると専用ジェネレーター(発電機)が電力を発生して、
後輪のモーターを駆動する、パートタイム4WDです。
 
 凍結路や積雪路以外では2WDに固定して走る事ができる2WD⇔4WD切り替えスィッチも
装備しているので、通常は2WDで走行する事が可能です。

DSC01707.JPG

1)総評

 ・運転席、助手席に座った印象は、車高が高く、インストの奥行きが広い為に、
前席とフロントガラスの位置も遠く、広々とした室内空間を感じる事ができます。

 ・最近はワゴンRやムーブの様に背の高いトールワゴンスタイルの軽自動車も
多く、室内空間の広さは特筆する程ではありませんが、5ナンバー枠のサイズを生かした
外観と室内のデザインにより十分以上に満足できる広さを確保しています。

2) 室内デザイン、装備品の使い勝手

 ・先々台のZ11、先代のZ12の時には内装の樹脂部品の質感が安っぽく感じられ、
特に、ドアトリムやインストのプラスチッキーな感じが、視覚的にもチープな印象が強く
感じられましたが、新型Z12では、内装の質感や内装色もこだわってデザインで旧型車の
悪い部分を改良してきた印象を受けます。

・マーチ、キューブは過去にもコンパクトカークラスの中でトップクラスの販売台数を
稼いできた車なので、外観を見た時はZ11のキープコンセプトを踏襲してきたのかと
想像していたのですが、メーターからグローブボックスにかけて曲線を多用して、
3Dで飛び出している様なインスト周りのデザインや、今までの日産車とは違う雰囲気の
3種類のシート生地を採用し、フルモデルチェンジに相応しいデザイン変更をしています。

・Z11に比べ、内装で大きく変化した点は燃費系が付いたファインビジョンメーターと
プッシュ式エンジンスターターが標準装備となった点です。

th_DSC01700.jpg


































 ・画像では点灯していないので見えませんが、メーター中央の上に瞬間燃費、平均燃費、
航続距離を表示する事ができ、運転状況に応じた燃費をドライバーは知る事ができます。
 
 燃費に関しては試乗して燃費測定しないので何とも言えませんが、過去なら1.5Lクラス
としてCVTとの組み合わせで他社と比べてもトップクラスの燃費だったのでしょうが、
ハイブリッドが台頭してきている現在では、燃費系でドライバーにエコドライブを
心がけてもらい、燃費を良くしようとするギミックでは購買層へのアピールには弱すぎると
思います。
燃費に関しては、具体的に改善できるアイテムを搭載するのが望まれるところです。


 ・燃費に関して厳しい意見を言いましたが、プッシュ式エンジンスターターを採用した
事で、このクラスとしては高級感を演出する事ができていると思います。

 ・ちょっと変わったデザインのファインビジョンメーターは右のスピードメーター側の
周囲をブルーのグラデーションで囲んで強調してあり視認性も悪くありません。

 ・歴代キューブの利点として、小物入れの多さによる、CD等のちょっとした小物類の
収納量の多さと使い勝手の良さがあります。
 
 この点は新型Z12でもしっかり受け継がれていますが、後席のフロア足下にあった小さな
ボックス状のスペースが無くなったのと、運転席と助手席のベンチシートの間にある
フロントシート・シークレットボックスがカップホルダーを意識した形状になっていて、
CD等の収納ができないのが残念です。

 また今回、確認したグレードはオーディオレスだったのですが、メーカー&ディーラー
オプションの2DINサイズのオーディオまたはナビが収まるインストの位置には盲蓋があり
開く事もできず、ただのデッドスペースになっていました。

 旧型Z11の時はこのスペースは小物入れとして活用できる様になっていたので、できれば
Z11の時のようにオーディオを装備しない、または1DINサイズのオーディオを入れた時には
余ったスペースを小物入れとして活用できるようにして欲しいところでした。

th_DSC01701.jpg

 ・運転席と助手席のインスト脇にはスターバックス等のタンブラーが入れられる大きさの
カップホルダーが付いているので、フロントシート下のシークレットボックスは形状を
次回のマイナーチェンジで工夫して欲しい所です。

 ・無段変速のCVTはコラムシフトですが、これは旧型Z11と同じ操作なので、
コラムシフトに慣れてしまえば、フロアシフト車からの乗り換えでも違和感等を
感じる事無く運転できると思います。


3)居住性

 ・総評で書いた様に運転席、助手席は開放感があり、リラックスしてドライブを
楽しむ事ができる広さがあります。

 ・後席はシートがスライドするので、前席に背の高い人が座って前席を多少後ろに
下げていても、それほど窮屈な思いはしないですみますが、特に足下が広いという程でも
ありません。

・後席はシートバックが7:3で分割してリクライニングするので、着座姿勢をある程度、
調整する事ができます。


・ラゲッジスペースは、旧型Z11同様に横開きのバックドアを採用しています。

 横開きバックドアは左側にハンドルが付いていて右に開く様に設計されていますが、
個人的にZ11を使用した時の印象から言うと、スーパー等の駐車場で両隣に車が
駐車している状況で、わざわざ左側に廻ってバックドアを開けて荷物を入れるのが面倒に
感じました。
できれば、バックドアのヒンジを左側にして、運転席側からバックドアを開けるように
して欲しいと個人的には思いました。


th_DSC01705.jpg
































 ・バックドアを開けた時のラゲッジスペースは決して広くありませんが、後席が7:3分割で
倒す事ができるのと、シートバックを倒さなくてもシートスライドで後席を前進させる事が
できるので、3人乗車程度でも、かなり大きな物でも積む事ができます。

th_DSC01706.jpg
































 ・総じて、コンパクトカーとしての使い勝手は良いと判断します。トヨタやホンダに
遅れを取っているハイブリッド技術を日産はキューブ等にも早く採用して欲しいものです。


4)車両緒元 (2WD仕様)

・型式        :ニッサン DBA-Z12

・トランスミッション :エクストロニックCVT(無段変速機)

・エンジン型式      :HR15DE( 直列4気筒DOHC)
・最高出力        :80kw(109ps)/6,000rpm
・最大トルク       :148N・m(15.1kgf・m)/4,400rpm
・燃料          :無鉛レギュラーガソリン
・燃料タンク容量   :45L

・10・15モード燃費 :20.0km/L
・JC08モード燃費    :18.0km/L(スタイリッシュガラスルーフ装着車は17.2km/L)

・全長           :3,890mm
・全幅           :1,695mm
・全高           :1,650mm(スタイリッシュガラスルーフ装着車は1680mm)
・最低地上高        :  160mm

・最小回転半径       :4.6m(15Gは5.0m)

・車両重量         :1,180kg(グレード15X) *15Gは1,210kg
・車両総重量        :1,455kg(グレード15X) *15Gは1,485kg

・乗車定員          :5名

・サスペンション前/後:独立懸架ストラット式/トーションビーム式
・ブレーキ前/後     :ベンチレーテッド ディスク/リーディングトレーリング
・タイヤ  前/後    :175/65R15(グレード15X) *15Gは(195/55R16)

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
日産キューブ(15X DBA-Z12)に激安で乗り換えませんか?

タグ

2009年7月29日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)