日産 スカイラインクロスオーバー

日産 スカイラインクロスオーバー

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
スカイラインクロスオーバーを激安で手に入れる方法とは・・・?

 第一印象"長い名前"日本で発売される以前から訪米ではなかなかの人気車種とは聞いていたのだけど実際に日本仕様のネーミングが「スカイラインクロスオーバー」となるとは業界関係者誰も想像していなかったのでは?今やお若い方にとってはスカイラインという名前自体にも古さを感じてしまうのではないか心配してしまいますが古くは日産自動車と合併前の「プリンス」(もう知らない人の方が多いだろうなぁ)で発売されたスポーツセダン。その後のレースシーンでの活躍を経て日産のスポーツイメージを継承するブランドとしてはやはりスカイラインなのかなぁ・・・背の高いスカイラインに若干の違和感を感じながらも日産としても月間販売台数が見込める車では無いだけにここは敢えて企業のスポーツイメージを残すための使命を帯びてのネーミング?とやや頭を捻ってみた次第。
 ネーミングに関する賛否はひとまず置いておいてこの車、最近の日本車の中では中々のデザイン力でまとめられている事が判ります。最大のライバルとなるであろうレクサスRXもかつての「ハリアー」をリメイクしたような感じを否めず決して美しいデザインとは言い難いもの、一方スカイラインクロスオーバーは3,700㏄の大型エンジンを搭載しながらも全体として車の長さを抑え、ルーフもSUVとしては低めに設定され全体としては流体の流をデザインしたような複雑な曲面で構成されているデザインは文句の付け所はありません。実際このクラスの車となると購入する層も実用性を求めて購入というよりも所有欲を満たせるプレミアム感を求めているケースが多く外見的にもSUVとしての使い勝手は切り捨てられている事が判るようにある種の人々に上質感を味わってもらいたい車である事を考えるとこの思い切り割り切って決定されたデザインはこの車のコンセプトに実に良くマッチしていて好感が持てます。

 室内に入ると更にこの感覚は強まりインパネからドアトリムへと連続するデザインやブラウンを基調とした落ち着いた配色、表面仕上げの質感など欧州のライバルたちと並べても決して見劣りしない立派な物です。シートはやや大柄で比較的柔らかめ、この辺りはさすがに北米を強く意識して造られた感じがあり一般的な国産車とは少し趣が異なります。センターコンソールのデザインが日産のデザインの流を汲んではいますが日本車らしくない何か特別感のあるインテリアデザインもオーナーには十分満足感を与えてくれるものでしょう。
 着座ポイントが高い為に大柄に見える車体でありながらも視界は良好、全幅も1800㎜に抑えられているので日本の道路事情であってもそれ程困った状況に陥ることは少ないでしょう。装備されるアラウンドビューモニターを活用すれば狭い駐車場でも取りまわせるが一応合成の景色なので安全確認は運転者自身の目で行うのは基本なのは念のため。

 重い車重に長い足の組み合わせは安定性のある車を造るにはなかなか苦労します、学生の頃に習った慣性の法則の事を思い出せば判ると思いますが一度バランスが崩れ始めるとなかなか収束しないのです。しかしながらこの車のサスペンションは車体の強さと重さを程よく包んでくれているような印象で、一般的な市街地でもうねりの大きい峠道やアスファルトの継ぎ目など車のバランスを崩す様々な要因をしっかりと受け止めて実にフラットな乗り心地を提供してくれます。特に高架道路の繋ぎ目などは路面に金属やコンクリートの帯が走ってしまうケースが多く、それらはアスファルトとは硬さが異なるので当然路面に段差を生じさせてしまいます、こんな場所を通過する際は運転者は無意識のうちにも出来るだけ段差の少ない所をタイヤが通過する様にライン取りして行きますが、スカイラインクロスオーバーではんな心配をせずともいつの間にかギャップを通過してくれるのでこれだけでも長距離運転時の疲労感が随分違ってくるものです。

 4枚扉のSUVではありますがフル乗車で楽しむ性格ではないのもこの車の特徴です、勿論それは動力性能的に何の問題も無いのですが後部座席はフロントに比べるとやや狭めです。リアガラスもクーペの様に傾斜の強いデザインでトランクルームの容量としては決して広いとはいえない物、4人分の旅行荷物を載せるには少し余裕が足りないし後部座席そのものも大人が乗って文句は言わないとは思うけど長距離移動がリラックスして受け入れられるか?と聞かれれば「それなら普通のスカイラインの方が良いよ」と言ってしまいそう。やはりこの車は子供達が独立した後夫婦二人で余裕を持ってリッチに楽しみたい・・・そんな気分にさせてくれる車です。

 7段のATはそれ程クイックでシャープな印象では無いけれど余裕のあるエンジンパワーと短いホイールベースのお陰で運転自体にダイレクト感があり運転して楽しいセッティング、エンジンからのメカノイズやタイヤを伝わるロードノイズもセダン以上に行き届いた遮音設計のためクルージング中の室内は快適そのものです。少し余裕があり一般的な国産車では何か特別な感覚が受け取れないと思う方、この車であれば国産車の品質に併せて欧米のプレミアムな雰囲気を同時に味わえる造りになっていますよ。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
スカイラインクロスオーバーに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年6月 6日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/101

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)