日産 エクストレイル

日産 エクストレイル

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
エクストレイルを激安で手に入れる方法とは・・・?

repo0105_01.jpg
 日産車の中でもエクストレイルは目立たないながらも好調な売れ行きであることはご存じだろうか? 2013年末にエクストレイルはフルモデルチェンジを行った。現在では各メーカーともラインナップを充実させ、激戦の様相を見せるSUV市場。新型エクストレイルはどのようになっているのだろうか? これをレポートしたい。

 昔からの傾向だが、日産というのはよい技術を出しながらも、セールスの不調など、つまらない理由で技術の進歩を止めてしまうところがある。記憶に新しいところではエクスとロイドCVTがあるのだが、自社での熟成を断念し、そのノウハウはダイムラー・ベンツに移っている。
 エクストレイルにも驚くような技術があった。2リッターのクリーンディーゼルエンジン。低燃費車が求められる時代に、このディーゼルエンジンをどのように進化させていくか、筆者は密かに注目していたのだが、今回のフルモデルチェンジでは消滅してしまった。エンジンはガソリン2リッター1種類にまとめられてしまった。そう、モデルチェンジ前には存在していた2.5リッターも消滅してしまったのだ。
 話の流れで、その新型となったエンジンから説明しよう。
 このエンジンはエクストレイルから搭載される新型で、直噴ガソリンエンジン、レギュラーガソリン仕様となっていて、馬力こそ並だが、この排気量に対して大きめのトルクを発揮する特性になっている。スペック的には扱いやすいし、初代より一貫して提案している悪路の走行性にも寄与するだろう。147馬力と侮ってはいけない。車重からはこのスペックでも十分な走行性能を発揮するのだ。そして、駆動方式はFFと4WDを選ぶことができる。この4WDは、前輪が滑ってから後輪へ駆動力を伝えるという「なんちゃって4WD」などではなく、前輪と後輪を直結して駆動するモードを備えているという本格的なもの。アウトドアへ車を持ち出すのであれば、頼もしい味方になってくれるだろう。反面、FF車を選択するのであれば、エクストレイルにこだわる必要はなく他社の同じクラスのSUVと時間をかけて比較してみたいところ。
 筆者が気になるのは、このクラスの車のトランスミッションにCVTを用いていることで、実際に走行する上で違和感があるか、あるいは10万km以上の走行距離を重ねたときの耐久性はどうかとか、気になるところが多い。昨今のコンパクトカーのように、軽くアクセルを踏むだけでエンジン回転が異様に上がるようなセッティングだと、オフロードでは使いにくいだろう。

 エクステリアは、褒めるなら都会的ということに、悪く書くならば他社のSUVと横並びになってしまったようなところは否めない。エクストレイルは、これらSUVの中でもひときわアスファルトのない路面を走破するようなイメージを出してきたはずではなかったか? シルエットだけ見て、この車と直感するためのイメージは低くなったと、これは否定できない。もっとも、都会的になったのはエクステリアだけで、本来のエクストレイルの売りである悪路走破性は、先代よりも向上しているという。
 内装も、防水素材を使っているなど、高級ではないが、車を実用的に使う上で優れた工夫がなされている。Webサイトでは、サーフボードを搭載した写真を見ることができたが、このような使い方、人も荷物も汚れた状態で運んでも後の清掃が楽、というところで、エクストレイルの個性は残されている。運転姿勢は車高が高く、タイヤが大きいのでやや高めの姿勢になる。運転席に座ったときのインパネの見え方は悪くはなく、メーターデザインもよい。普通のドライビングポジションが取れ、ボンネットの角も見える。
 また、このモデルチェンジにより、5人乗りと7人乗りが用意された。筆者のお勧めは3列シート7人乗りのサードシートをたたんだ状態にして2列で常用することだが、たたんだときの形状がよくないと、ラゲッジルームの大きさを活用できなくなる。絵来るトレイルに関しては、この形状は割とよく、ほぼフラットにすることができる。ただし、ミニバンと異なり、3列目をたたんでも2列目のスペースが広くなるわけではない。

 エンジンが1種類の割には、シートの列数、グレード、駆動方式で多彩なバリエーションになっている。そこにメーカーオプションで衝突防止システムなどを選択できるようになっている。日常的に4WDが必要な使い方をするのであれば、エクストレイルは積極的に選択する意味がある。4WDを活かしたアドバンスドヒルディセントコントロールが用意されているので、悪路での安心感は、圧倒的にこちらの方が上。
 筆者のベストチョイスだが、実は、世間のモータージャーナリストと少々異なる。
 実は、モデルチェンジ前のクリーンディーゼル車が、当分の間、新型と併売されるのだ。この状況からすれば、現行車よりも更に燃費に優れ、悪路でも使いやすく、トランスミッションが従来型の6速ATであるこちらの方が、走行性としてはむしろ優れていると思えてしまう。さらにドライビングが好きな方にとっては6速MTは選べるのも嬉しいところ。新型よりは若干価格が高めだが、車と毎日つきあうようなライフスタイルであれば、むしろこのディーゼルエンジン搭載の旧型を選ぶ価値はある。

・スペック
 全長×全幅×全高:4640mm~4670mm×1820mm×1725mm
 車両重量:1440~1580kg
 エンジン:MR20DD(直列4気筒DOHC1997cc)
 最高出力・トルク:108kw(147ps)/6000rpm・207Nm(21.1kgm)/4400rpm
 駆動方式:前輪駆動、四輪駆動
 価格:\2,259,000~2,797,200

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
エクストレイルに激安で乗り換えませんか?

タグ

2014年1月27日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:日産

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/120

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)