トヨタ

トヨタ コースター 新型 2017年1月

トヨタ・コースターって?どんな車か不思議に思われた方がいらっしゃるかも
しれませんね。
そう、コースターはトヨタが販売しているマイクロバスです。

実に24年ぶりの新型登場です。
images ca.jpg


マイクロバスは、幼稚園バスや観光バスそしてレンタカーなどでよく利用されています。
マイクロバスの乗車定員は、11人~29人。

images2ca.jpg

運転するには、中型免許が必要です。
2007年に免許改正で新しく出来たのが中型8t限定免許で、2007年以前に普通免許
を取得した人は、中型8t限定免許に自動的に変更になりました。


中型8t限定免許では、29人乗りのマイクロバスの運転は出来ません。
しかし、限定解除すれば運転することが認められています。


ただし、キャンピングカーに改装して9人乗りにすれば運転することは可能です。

タレントの清水国昭さんが、マイクロバスをキャンピングカーに改装して
日本各地を旅行したことは有名ですね。

コースター登場は1969年で、現行モデルに変わったのは1992年。
実は、海外へも輸出されているマイクロバスで、国内供給よりも輸出のほうが
多いくらいです。

今回のニューモデルチェンジはヨーロッパでの安全基準「ECE 基準R-66」
の変更に伴って、新開発されました。

まぁ、新しい安全基準に達していないと輸出できなくなってしまうのですね。


ボディサイズは、全長×全幅×全高=6255×2080×2635。

全長は、ノーマルタイプの6255mmとロング仕様の6990mmの2つあります。

ベースとなるプラットホームは、前モデルを踏襲しながら上半分の乗客の安全性
に拘わるボディ硬性は格段に向上させ新しい安全基準をクリアしています。

さらに、乗用車では当たり前になったVSC(横滑り防止装置)が全グレードに搭載。
運転席と助手席にはSRSエアバックを装備し、客室シート(補助席は除く)
3点式シートベルトが採用されて安全性能の向上が見られます。

搭載エンジンは、4000cc直4直噴ディーゼルターボのVK型(180PS/47kgf・m)と
VJ型(150PS/42.8kgf・m)の2つ。

ミッションは、5速MTと6速ATで、駆動方式はFFと4WDがあります。

グレードは、通常のバス(LX・GX・EX)・幼児専用車・ビックバンの5グレート。

価格は、594~887万2200円。

トヨタから業務提携している日野には「リエッセ」で、またいすゞ自動車には「ジャ―二―」の

車名でOME供給される予定です。

発売日は、2017年1月24日から。
OME供給される日野のリエッセ発売日は驚きの1月6日!
で20日近くも早く発売されるのは驚きですね。





タグ

2017年1月31日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トヨタ ヴィッツ・ハイブリッド 追加 2017年

2017年新春そうそうにマイナーチェンジされたトヨタのコンパクトカー・ヴィッツ。
とうとう噂されていたハイブリッド搭載車が国内デビュー。

vhv.jpg
実は、ヨーロッパなどに輸出されているヴィッツにはかなり前からハイブリッドが
搭載されていました。

まぁ、そんなことを知るのはかなりの事情通かカーマニアにほかありません。

国内では、アクアがちょうどヴィッツと同じコンパクトカークラスになってしまうため
ヴィッツのハイブリットは販売が控えられてきたのです。

トヨタではハイブリッドはハイブリッド専用車、つまりプリウスやアクアなどで
販売する方針でした。

しかし、クラウンHVやカムリHVそしてカローラにもHVモデルが登場したことから
コンパクトカークラスのヴィッツにもハイブリッドが満を持して登場!となったのです。

期待のヴィッツハイブリッドは、輸出されているものとは違う最新式の1500cc
ガソリンエンジン(74PS)+モーター(61PS)。現行プリウスと同じTHEⅡが採用
されました。

燃費は、34.4km/L(JC08モード)です。

ハイブリッドモデルが登場したことから、従来からあった1500ccガソリンエンジン
はカタログから消滅しました。

トヨタは1500ccガソリンエンジン搭載のコンパクトカーを捨てて、ハイブリッドで
戦う強い意志を表しています。

22hv.jpg
まぁ、アクアともちょうど被るキャラなので今後のモデル展開はどうなるのか?

かなり興味深いところがあります。



搭載エンジンは、1300cc直4DOHCのNAと前述した1500ccガソリンエンジン
+モーターのハイブリッドの2つです。

フロントマスクはマイナーチェンジでフェイスリフトされ、以前にまして
キーンルックが強調されています。

直近で販売された、C-HRとよく似たデザインでまるで兄弟のようですね。

安全装備は、「トヨタ セフティセンス C」が搭載されさらに向上。

ボディーカラーは、全17色となりツートンカラーの設定も出来ました。

yaris_HV4.jpg
価格は、1300ccガソリンエンジン搭載車が、約118~179万円で、
ハイブリッド搭載車が約181~208万円です。

1300ccの駆動方式は、FFと4WDがありハイブリッドにはFFのみになっています。

タグ

2017年1月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ