トヨタ SAI

トヨタ SAI

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
SAIを激安で手に入れる方法とは・・・?

 プリウスに続いてハイブリッド専用モデルとして発売されたのがSAIです、内外装のデザインをプリウスよりもより高級感のあるものにしエンジンも2400㏄の排気量でより高い動力性能を手に入れました。クラウン程の高級車は必要ないけどプリウスでは何となく安っぽいと感じるユーザー層を狙って発売されたもので同時期に開発されたレクサスHS250hと兄弟車になります。現在ではその後に発売されたハイブリッド車であるカムリや伝統のあるマークXとライバル関係になるのですが最先端の技術を搭載したハイブリッドカーであることやその近未来的なデザインで一定の評価を得ているようです。高級車としてのハイブリッドカーは商品としてどんな所が魅力なのか見てみましょう。

 プリウスやSAIには他の車には無い雰囲気があります、それはAピラーがフロントホイールアーチの中央部に至るほど前方に押し出されたエクステリアデザインや何処と無く無機質で従来の自動車のデザインとは異なり何か家電製品か無人の移動カプセルを連想させられるSFチックなインテリアデザインがそうさせているのではないでしょうか。これまでのガソリンエンジンを利用した車とは全く違う次元の車が誕生したのだというメーカーとしての明確な意思表示をこのデザイン手法で大きく感じさせられます。実際にSAIの運転席に座るとシートそのものは座面も広めで中々座り心地の良いリラックスできるシートに仕上っていると感じますが目の前の風景がこれまでの車の雰囲気と全く違うのでそのデザインの方向性の違いに戸惑う方も多いと思います。

 SAIの立ち位置としてはクラウン購入層のやや下辺りの予算を持つ人々ですがこれらの層にある程度の高級感と先進性を満足出来るレベルで提供する事に関してはインパネデザインには定評のあるトヨタにしても何か迷いがあるようです。FFレイアウトの車体なので室内空間を広く取り易い筈で実際数値的には決して「狭さ」を感じる物ではないのですが、実際には「広い」印象はありませんセンターコンソールが手前に張り出しマウス状のコントロールスイッチが装備されているからでスポーツカー等に見られる包まれ感とは異なる雑然とした窮屈感を感じてしまいます。それを解消する為に前方に出されたAピラーまでの奥行きの深いダッシュボードがあるのですが300万円半ば以上の価格帯にしては表面の仕上げや素材感が追い着いていない印象です。木目調パネルの出来自体は悪くないのですが全体的には兄弟車のHS250hが比較的従来の高級車のインテリアデザインを継承させているデザインになっている事と比較してSAIの場合はもう少し検討の余地があったのではないかと思います。

 実際エンジンを始動(と言うか、システムヲ起動して)走り始めると先ずは電気モーターで静かに走り始めます。プリウスよりは重量が増えた為にトルクの厚い電気モーターとは言え低速での軽快感はありませんが明らかにプリウスと異なる点は車内の静粛性の高さでロードノイズや外部の音の侵入は随分改善されています。走り始めた後に少し遅れてガソリンエンジンが始動されますがこの際の振動や音もプリウスとは比べ物にならないほどマイルドになっており普通に運転していればどこからエンジンに切り替わったのか判らない程です。走行中も流石にアッパーミドルクラスの価格帯なりの静粛性は保たれており乗員は移動中もとても静かな車内空間の中でリラックス出来ます。

 おや?と思うのはアスファルトが悪くなっている箇所や橋のつなぎ目、道路工事の継ぎ接ぎになっている路面を通過した時でこれまで静かだった車内に突然大衆車の様な音と振動が溢れてしまいます。どうもシャシーやサスペンションの性能に余裕が無い様で路面が荒れた途端に車体の許容範囲を超えてしまう様な印象なのです、見た目が3ボックスのセダンであることもあり落ち着いた雰囲気を持つ車で何も無い所では実にスムーズな乗心地なのですがその気になっていると突然何か大きな箱に乗っている様な感覚になってしまうのです。ハンドリングはやや軽めで路面の状況はイマイチ判り難い、またAピラーとその手前の三角窓の窓枠が結構太く右左折時に横断歩道を歩く歩行者が丁度隠れてしまうのも気になる点です。

 黙って立っていれば中々見栄えのするモデルさんも歩き始めた途端に魅力が減衰してしまう事があるがSAIに関してはどうもそんな印象、シートの作りやドアの開閉音、トランクルームの容量や物の出し入れの容易さ等は実に良く考えられ使い易い。特にハイブリッドカーは巨大な走行用のバッテリーが必要でガソリンタンクと併せてトランクルームの容量が犠牲になってしまう場合が多いのですがSAIのトランクを開くと開口スペースも十分で深さもしっかりあり非常に良く出来ています。SAIの使用状況を想像してみるに自宅を中心に比較的狭い行動半径の中で日常の用事を済ますような使い方かも知れません、車体の走行性能はそこそこでも最先端の機能とデザインを織り込んだスタイルが楽しめ車としての機能としては何とかまとまっています、実用燃費は実際の走行で17~18㎞/Lと言った所車の大きさを考えれば十分低燃費と言えるでしょう。もし、自動車の機能に「走って楽しい」と言う項目を追加したい人であれば個人的には同じハイブリッドであればカムリの方がお奨めかなぁ。

 

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
SAIに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年12月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/76

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)