トヨタ プレミオ 1.5F

トヨタ プレミオ 1.5F

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
プレミオを激安で手に入れる方法とは・・・?

 最近話題になる車といえばハイブリッドやクリーンディーゼルなど燃費性能に大きな改善があった車に注目が集まっていますが、従来からある極普通の車も派手さはないものの市場では一定の評価と信頼を得ているようです。今回取り上げる「プレミオ」はかつて「コロナ」と呼ばれる車でしたが、時代の変遷とともに「コロナ・プレミオ」→「プレミオ」とその車名を変化させてきました。同じトヨタの看板車種であるカローラよりも1ランク上位機種にあたるプレミオは30代~40代の中でも落ち着いた雰囲気を手頃な価格で購入したいと考える層に指示を得ているようです。

 「クラウンやカローラと共に歴史のある車だけに中々手抜きが出来ない」とはトヨタの担当者の話ですが、現在やや人気の低迷しているミドルクラスセダンを改めてレポートしてみます。

 プレミオには基本的に2タイプのエンジンが用意されています、いずれもガソリンエンジンで1500㏄ 1800㏄ 2000㏄の3タイプですが、今回試乗したのは最も廉価版に当る1500㏄の「1.5F」というグレードです。車自体には排気量を表すマークは入らず単に「F」というバッチが貼られているだけなので知らない人が見ればその車の排気量を外見で判断する事は大変難しいでしょう。最近は車のダウンサイジングが世界的にも進み、あのフォードエクスプローラーでさえ2000㏄エンジンを積む様な時代、それだけユーザーの燃費に関する関心の高さと同時にエンジン性能の向上も感じられます。

 プレミオのパワートレインの構成は1500㏄のツインカムエンジンに変速機はCVT,ブレーキは前輪がディスク後輪はドラム方式、ステアリングは電動パワステを装備する現代の乗用車の常道といった所。しかし全グレードにスマートエントリーキーを装備する等快適装備も加えられ誰もが気軽に乗れる車に仕立てられています。

 プッシュスタート式でエンジンを始動させると1500㏄という比較的小さめな排気量を感じさせる軽い回り方をするエンジンが動き始めます、この辺りは2000㏄クラスから乗り換えると感覚的には少し頼りなく感じてしまいます。マニュアルモード付のシフトレバーをDレンジにいれ走り始めると始動時のやや高いメカノイズは消え殆どエンジン音自体はドライバーの耳には感じなくなってきます。加速して行くとCVT独特の切れ目の無い滑らかなフィーリングで交通の流れに乗る事が出来、1500㏄エンジンにしてはやや大きめのボディを持つプレミオですが普段の街乗りでその動力性能が問題になる事はないでしょう。山間部のやや勾配のきつい道においても意外とよく粘り、例えば上り坂のカーブ等で若干パワー不足を感じる点がドライバーには伝わってくるのですが同乗者にはその感覚は判らないようです。

 さすがにミドルエイジを意識してデザインされたというインテリアは車両価格にしてはよく考えられており、ドア、センターコンソール、ダッシュボード等の各所に配置されている木目調パネルも1クラス上の「マークX」等と比べても逆に落ち着いて上品な印象を受ける上手な素材選びがなされています。室内は大人4名がゆったりと座れるスペースがあり、シートの作り込みも比較的しっかりした座面で沈み込みが少なく長距離の移動でも体が痛くなり難い設計になっています。併せてリアシートにもリクライニング機能があるためより多くの人の体型に合せて調節することが可能です。

 比較的傾斜のあるリアウインドウの為外見上はトランクの大きさを意識させないデザインなのですが、いざトランクリッドを空けて見ると高さ奥行き方向に十分なスペースが確保されており家族での2~3泊の旅行であれば十分に耐えられる広さ、又、道路交通法の改正に伴い最近ではスペアタイヤを装備しない車も増えているのですが、二重底になったトランクの最下部にはしっかりとスペースセイバー型のタイヤが装備されてるので万一の際にも安心して対応出来るのも嬉しいところです。

 最近はカーナビの種類が豊富で販売時にはオーディオレスとなっている事を踏まえても、大人4人がしっかり乗れる、きちんと使えるトランクルームがある、走行中の騒音がよく抑えられている、デザイン的に安っぽさを感じない、などの基本が十分に押さえられており家族で使う安心感のある車としては中々お奨めできる車に仕上がっています。今の時代ハイブリッドも良いけど毎月の走行距離がそれ程でもない人はそのメリットも少なくプレミオのようなベーシックなセダンが意外と良い買い物になるのではないかと思いました。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
プレミオに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年6月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/44

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)