トヨタ カムリ

トヨタ カムリ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
カムリを激安で手に入れる方法とは・・・?

  トヨタ自動車の「カムリ」と言えば同じくトヨタの中堅セダンコロナと同等のクラス、ひと頃は比較的コンパクトな車体ながら室内の有効スペースが広くゆったり乗れる車としてミドルクラスセダンの中でも存在感のあるブランドでした。近年自動車市場におけるセダン需要の低迷等の煽りを受けて「セプター」や「カムリ・プロミネント」「ウインダム」等との統合により2000年代中頃にはトヨタ車の中でも比較的地味な部類の商品んなってしまいました。

 しかし、初代から続く広い室内スペースや作り込まれた高級感のあるインテリア等により北米では非常に評価が高くここ最近でも9年連続でトヨタ車の中での販売数No.1を勝ち取っている車でもあります。日本国内でハイブリッドカーの市民権が不動の物になったと感じられた昨年、トヨタはこのカムリをハイブリッドカー専用車として国内投入してきました。北米での人気同様日本でもその足元を固める事ができるか非常に興味が沸いてくる車で、この車の販売実績如何によっては今後のトヨタのハイブリッドカーのデザインにも大きな影響を及ぼしそうな一台ですね。

 カムリに搭載されるエンジンは2500ccでこのガソリンエンジンだけでも既に十分な動力性能を得られる事が容易に想像できます。しかし今回のカムリにはそのエンジンに加えて更に143psもの強力な電気モーターが装備されたハイブリッドシステムとなっており一見地味な印象を受けるエクステリアデザインからはその動力性能を創造する事はチョッと難しいかもしれません。インテリアもプリウスの様な近未来的なデザインではなく、これまでの多くのミドルクラスセダンの歴史を受け継ぐ落ち着いたデザインでどんな年齢層の人にも受け入れられるデザインになっています。実際に車に乗り込んでみるとゆったりとした座面のシートは座り心地もよくトヨタ車の中では比較的硬めで沈み込みも少ないので長距離ドライブにも疲労感を感じ難い造りになっています。後部座席の広さは更に開放感があり、身長180cmの筆者が座っても膝や頭上に圧迫感を覚える事はありません。

 プリウスとは対照的な一般的なシフトレバーをDレンジに入れゆっくりと走り出すとさすがに143psもある電気モーターのお陰でごく静かに車が滑り出し電気モーター特有の低速度での太いトルク感で実際よりも一クラス大きな車に乗っているかの様な印象を受けます。一般道に入り加速するとすかさず電気からガソリンへの動力切り替えが行われるが、この辺りもプリウスと比較すると大きく進化しており同乗者が殆ど気付く事なく動力源が切り替わって行きます。

 街中を走らせた印象は「静か」「滑らか」非常に少ない走行ノイズで実に滑らかな加速を感じる事が出来、実際街中で運転しているとここまで強い動力性能は必要ないのではないか?と感じる程です。横幅が1825mm重量1560kgの車体は昔の「カムリ」を知る人にとっては随分大きい車になったなあと感じると思います、その大柄な車体を軽々と走らせて行く性能をみるとデザイン的にももう少し力強さを表現しても良い様な気がしてきます。

 ハイブリッドカーブームの中で燃費の良い車を探している方は多いと思いますが、人気のプリウスやアクアのデザインや居住性能には満足出来ないとおっしゃる方、フォーマルな場所でも余り目立ち過ぎない車を選びたい方には今回のカムリは良い選択かもしれません。クラウンのハブリッドとの価格差を考えてもクラウンに全く引けを取らない室内スペースはお買い得感が得られるでしょう、加えて言うならば峠道を走行した際に感じられるトヨタ特有のロールの大きい柔らかい足は余り姿を現さず、コーナーでも(それ程硬い訳ではないですが・・・)それなりに踏ん張ってくれます。

 ただ、これがエコカーなのか?と言う点には疑問が残る所。そもそも搭載されているエンジンが2500ccもあるので普通に考えても燃費の良さを過度に期待出来る物ではない事も事実、ハイブリッドシステムやCVT等の採用で消費される燃料を節約している努力は感じられますが、実際に街中を走らせた祭の燃費は11~12㎞/L程で2000ccのノアとほぼ同じ程度。高速を利用しても20km/Lに到達しなかった点を考えると諸経費を含めると400万円弱の車に「エコ」を求めるのは少し無理があるのかな?とも考えてしまいます。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
カムリに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年7月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)