トヨタ ポルテ

トヨタ ポルテ

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ポルテを激安で手に入れる方法とは・・・?

 子育て世代に人気のあるポルテがモデルチェンジしました、先代モデルは発表時にはその斬新なドアで話題になりましたがその後はそれ程強い印象は無かったのですが実際には月平均3000台も売れていた隠れた人気車種だったのです。今回のモデルチェンジにより先代モデルには無かった運転席側後部座席用のヒンジドアが追加され、運転席側:2ドア・助手席側:1ドア(スライド)の3ドアレイアウトの車に生まれ変わったのです。車内へのアクセス性がより向上された新型ポルテ、実際の使い勝手を見てみましょう。

 今回新型となったポルテを見た印象は実は先代のデザインコンセプトをそのまま継承している為かフルモデルチェンジにしては「変わったな」と言う印象の少ない物でした、ただトヨタがより力を入れたと感じたのはこれまで同様丸い感じの女性っぽいデザインの他に販売店系列に合せて「スペイド」というやや男性的なシャープなデザインのモデルも市場投入して来た点です。これによりそのデザインを理由に敬遠していた若いお父さんも奥様の薦めに同調して購入に結び付けようと言う意図なのでしょう。

 この車の最大の売りである助手席側の大型スライドドアは実際に使うとその利便性に驚かされます、開口部の大きい入り口である為感覚的には「自動車に乗る」と言うよりは「部屋に入る」感じの乗車スタイルになります。実際フロアの高さも地面から30cm程で幼児からお年寄りまで誰もが非常に楽に車内に出入りできます~通常なら「乗降出来ます」と表現する所ですがこの車ではやはり「出入り」の方がしっくり来るのです~

 所謂、自動車という商品はとかくドライバー目線で評価しがちになるのが常ですが、ポルテに関しては主役はあくまで同乗者です、運転者は同乗者を快適に運ぶ為の運転士に徹するのがこの車のオーナーの勤めになるでしょう。出産を控え新しい家族が出来るとなると使う車もどんなタイプが良いのか悩む所です、特に核家族でご夫婦にとって最初のお子さんとなれば「運転は夫に任せっきり」とは行かない事も多いでしょう、奥さんはご主人が仕事に行ってる間にお子さんを連れて病院の検診や買い物などもこなさ無ければなりません。そんな時でもポルテであればリモコンキーで大きなスライドドアが開閉出来るので両手が塞がった状態であっても安全にお子さんと共に車内に乗り込む事が容易に出来るのです。

 天井高も十分高くお子様が幼稚園に通う間は幼稚園バッグや遊具等を持ちながらも普通に歩く姿勢のままで乗車させる事が出来ます、広い室内空間のお陰で車内で子供を立たせたまま着替えさせたり、乳児の間は車内でオムツを換えたりするのもかなり楽な部類の車であると言えます。これは同様に介護が必要になるかも知れないご高齢の方に乗車して貰う際にも同様に有効で体の自由が利き難い高齢者の方も楽な姿勢のまま乗降できるので、お出掛けや通院の際の負担も随分逓減出来ると思います。

 自動車としての評価は誰の立場で評価するか?によって随分違った見解になると思いますが、運転者として気を付けたい点はAピラーが以外に太く右左折時や緩やかなカーブの際に斜め前方の視界を塞いでしまう所です。このタイプの小さなワゴンタイプの車にはそのレイアウトの都合上起き易い現象ですが、恐らく同乗者は一般の成人よりも体の弱い立場の人が乗っている事が多いと思われますので死角に隠れていた歩行者や二輪車に驚き急ブレーキを踏むような運転にならない事が必要です。今回組み合わされるパワーユニットは新型カローラ等と同じ1.5Lのガソリンエンジン+CVTで通常の市街地走行ではストレス無くスムーズに走らせる事が出来ます。特にトランスミッションのCVT化で先代では燃費の悪さが不評でしたがこの新型でゴー&ストップを繰り返しても実用燃費で16㎞/L以下になるような事は無さそうです。

 目的に特化して作られる車と言えばクロカンやスポーツカーを連想しがちですが、このポルテは「日常の利便性を向上させる」事に特化して造られた車です。短いホイールベースと背の高いパッケージングで車の安定性が犠牲になっているのはこの際仕方ない所、この車で長距離のドライブや旅行をしたりするのは始めから想定外。内装、外装のデザインがある程度納得出来るのであれば日々の通勤や通勤、買い物などをより快適にこなすには最適な一台となるでしょう,そんな同乗者目線の車選びも良いものですね。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ポルテに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年10月 5日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/62

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)