トヨタ オーリス

トヨタ オーリス

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
オーリスを激安で手に入れる方法とは・・・?

 欧州で人気のあるコンパクトハッチバックに対抗する為に作られたのがオーリス、現在の車は2代目に当たります。元々はカローラハッチバックの派生車種であったのですが、より足腰の強い欧州風の車として国内では名前を変えてデビューさせた車です。当然ながらこのクラスはゴルフを始めドライバーの感性に訴えかける競合車種がひしめいていますが、量販メーカーのトヨタがこれらのクラフトマンシップによる車の中でどれだけ存在感を示すことが出来るのでしょうか?最近では珍しくなった1800ccのMT仕様車を元に見てみましょう。

 コンパクトハッチバックとは言えオーリスの車体は堂々の3ナンバーモデルとなっておりコンパクトにまとまってはいますが、決して小さい車ではありません。先ず目に付くのはそのフロントマスクのデザインでヴィッツを始めとした最近のトヨタ顔でまとめられています、全体のデザインは現代の欧州車をよく意識したものでデザイン的にはゴルフやアルファ等と並べてみてもそれなりに日本車らしい個性を発揮してくれて決して見劣りはしていません。乗降の際に気になるドアの開閉音も密閉間のある重い音が特徴的でドイツ車のようにメカニカル的にしっかり閉まる印象を受ける音とはまた一つ違った中でもそれなりの出来栄えの良さを感じさせてくれます。

 運転席に乗り込むとカローラよりは少しポジション的に低めに設定されている様でやや目線が低くなった様な印象を受けます、比較的大きめに作られたシートは国産車にしては少し硬めでホールド性の良い作りになっています、ワイドボディーのお陰で車内も大人4名で乗車しても狭い印象は無く十分な居住性が確保されている事に併せてリアシート後のトランクスペースも十分確保されており移動の為のキャビン容量は十分といえるでしょう。車内のデザインに関しては「欧州風」な作りを目指したのだな、と判る様なデザインですがややどこかで見たような印象を受けます。「〇〇っぽい」というのは昔から日本のメーカーにとっては得意分野であり、それだけにダッシュボードやメッキ部の仕上げの質感に「これくらいしておけば良いだろう・・・」的な雰囲気を感じてしまえる所が残念。

 運転席から見た視界は流石にトヨタ車で無難にまとめられバックミラーも本体が直接ボディーやドアに取り付けられるのではなくアームによって支えられている構造のお陰で右左折の際左右の視界を妨げるのを最小限に抑えてくれます。エンジンを始動させると軽く静かにアイドリングを始めますがエンジンの個性の感じられない所が国産車の個性と言うべきなのかエンジンの鼓動や排気音から何かを感じさせられるような類のものでは無いようです。ギアを1速に入れ軽いクラッチを繋いで行くとスルスルと加速して行きます、比較的軽めの車体であるから加速に関するストレスは皆無でクラッチの繋がり6段あるギアの選択も実にスムースに行うことが出来ます。所謂、スポーツタイプと言うカテゴリーとはちょっと違うのでシフトストロークが長めである事は仕方の無い所なのですが、オーリス全体の中でもスポーティーなタイプだけにもう少しショートストロークな物であれば・・・と言うのが個人的な希望。

 このモデルは他の1500㏄モデルとは異なりリアサスがウイッシュボーンサスとなっており乗心地に関しては随分良い印象を受けます、軽い峠道で路面にうねりのあるような場面においても良く踏ん張ってくれておりボディ全体の剛性も比較的高い部類で運転操作を楽しみながらドライブすると中々楽しく運転出来ます。先代ではやや硬過ぎた印象のあったサスペンションでしたが今回のモデルでセッティングが少しだけマイルドになり「如何にも欧州車風にするために硬くしました」という味付ではなく極自然で硬(高)質な印象は確かに欧州のゴルフやアルファ等を随分意識して造ったのだろうと感じる事が出来ます。しかしながら、ハンドリングに関してはどうも軽過ぎる印象、折角足回りが平均的な国産車よりも少し上質な印象を受ける内容なのにこのハンドリングだけは好きになれない感じ。

 自動車の性能に何を求めるかはユーザーによって異なります、動作が軽く手軽に動かせるもの、動作が重く一つ一つの動作をしっかりと行う性質のもの、ヒラヒラと軽快なもの、ズッシリと安定的なもの。オーリスの場合は操作感覚に関しては極めて国産車的な印象、動作は軽く振動も音も小さいので機械の性格や機能などに無頓着なユーザーであっても何も気にする事無く扱う事が出来るし機能的にも何ら劣る所は無い。ただ、車は実用的な側面の他に操るドライバーの感性に訴える所が大きい乗り物でもあります、日本人の嗜好は欧州人に比べそう言った感性に左右され難いのも事実です、これは優秀で効率的な機械を求める傾向にあり車としての面白さとは対極になってしまいます。国産車の手軽さと快適性が第一優先順位、その上に欧州風の味付がなされているのがこのオーリスという車の正体のようです、トヨタの開発人も「これ以上マニアックな車を求めるならそれはいっそ外国車をご購入下さい」と言う事なのだろう、自動車としての欠点は殆ど無い が 特徴も薄い、 量産して利益を出す国産車の限界を感じてしまいます。オーリスを工業製品である機械と見るならば少しドイツ風のエッセンスが効いた良い製品であると言う事になるでしょう。

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
オーリスに激安で乗り換えませんか?

タグ

2012年12月22日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/75

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)