トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ヴォクシーを激安で手に入れる方法とは・・・?

repo0109_01.jpg
トヨタホームページから画像引用(http://toyota.jp/voxy/)

 5ナンバーサイズミニバンは、各メーカーが力を入れている車種を投入しているが、その中で、トヨタのノア、ヴォクシーがフルモデルチェンジを行った。これによって、5ナンバーミニバンを選択する人にとって、更に悩ましい選択になることは間違いない。その中で今回はヴォクシーの実車に触れることができたので、こちらをレポートする。

 トヨタのミニバン、ノア、ヴォクシーは外観こそ違いが現われているが、中身は同じ兄弟車。身も蓋もないいい方をするなら、
「どちらを選んでも同じもの」
 で、カローラ店で買えばノア、ネッツ店で買うならヴォクシーになるのだが、あとは、見た目のちょっとした違い、好きか嫌いかで選んでも外すことはない。筆者が考えるに、ノーマルで乗るならノア、今後のカスタマイズを考えているならヴォクシーだが、これはカローラ店よりもネッツ店の方が、カスタマイズに積極的に対応してくれるからで、ノアがヴォクシーよりもカスタマイズに向いていないということではない。実際、カローラ店でもノア専用のエアロパーツをディーラーオプションで付けてくれる。もっとも、フロント以外はノアもヴォクシーもアフターパーツは共通なのだが......。
 で、新しいヴォクシー、全長が長くなってついに5ナンバー枠をいっぱいいっぱいに使った寸法になった。エアロパーツを付けたグレード「ZS」は幅と長さがちょっとだけ大きくなって、3ナンバーサイズになる。そして、全高が少しだけ低くなった。フロアはもっと低くなって、実質的に室内の高さが増えたわけ。

 そして、ついに、ヴォクシーにもハイブリッド車がラインナップされることになった。エンジンは従来と同じバルブマチック付き2リッターガソリン車に加え、1.8リッターハイブリッド車が選べるようになったが、カタログスペック上は、ガソリン車の方がパワーがあって、かつ価格も安い。ならばガソリン車がいいかといえばそんなことはなく、燃費と静粛性はハイブリッドに軍配が上がる。ガソリン車には7速マニュアルモード付きのCVTトランスミッションが組み合わせられるが、どこかで見たスペックと思いきや、前回説明したハリアーと、パワートレインが共通だったのだ。アイドリングストップも同じように装備されている。燃費はJC08モードでガソリン車がリッター16.0km、ハイブリッド車がリッター23.8kmと、計測方法が昔とは違うので一概に比較はできないが、過疎輪台は更に安くなると思われる。当然、レギュラーガソリン仕様。
 ノアかヴォクシーかを選ぶと、次はエンジンについて、購入を考える人は悩まなければならない。

 そして、次に悩むところが、7人乗りか8人乗りか。8人乗りが必要なシチュエーションは、
「3列目を倒して5人乗る」
 というのが典型的。2列目の快適さを求めるのであれば、7人乗りもよさそうだ。
 筆者が見るところ、新型ヴォクシーで最も変わったところが2列目シートと思う。ミニバンという、運転席だけでなく、2列目より後ろの同乗者の快適性も重要視される車では、この部分のシートの作りが悪いというのは本末転倒。先代では2列目のシートがあまり大きくなく、家族全員で長距離を走るには不向きと、筆者は感じていたのだが、新型は、7人乗りであれば、運転席と助手席並の大きさのシートになった。もちろん、居心地もよくなっている、――8人乗りでも。新型ヴォクシーでは、3列目シートを左右の窓側に収納するようになっているが、そこにできた空間を利用して、2列目を最後部まで下げることができる。これによってできた広々とした空間はかなり快適で、2列プラス人数分の荷物を余裕を持って積むことを常時利用するという方法もありそうだ。

 このような車なので、ドライバー的快感は二の次、もちろん悪いよりよいにこしたことはないのだが、ミニバンを選択した時点で、同乗者とともに移動するという、別の喜びを見いださなければならない。その走りは、ガソリン、ハイブリッド車とも、60km/hまでは案外速くて楽。この設定を、
「アクセルを半分踏むだけで全開になる」
 と揶揄したモータージャーナリストがいたのだが、日本で使われる車を日本人が運転するには、こういう設定が最適と開発者が判断した結果で、おそらく、日本人であれば、ヴォクシーのような車でもゼロ発進がそこそこ速い車を好む傾向がある。先のモータージャーナリストの好みが通過ぎるか、あるいは日本の交通事情を理解していないだけなのだ。同様に、ミニバンの限界付近での挙動を書くモータージャーナリストも別にいそうだが、この車はそれを体感する性質のものではなく、ましてや同乗者がいる時点で限界を試すという運転はあり得ない、というか、あってはいけないので、そこに価値を求めるところから間違っていると、筆者は思う。ミニバンなら、もっと重きを置くべきとことは数多く、メーカーでも使う人の傾向を知った上で設計に組み込んでいるに違いない。

 で、エクステリアだが、ガソリン車にのみ設定されたエアロパーツ付き3ナンバー「ZS」は、なかなか精悍で、ちょっと悪っぽい雰囲気のファミリーカーを求めるのであれば、このクラスのミニバンの中では最有力候補になりそうだ。フェンダーの幅が広いのでかえって全体的なバランスもよく感じる。カスタマイズしたい方は、5ナンバーのベース車両を選択して、社外品エアロパーツを付けることを考えてもよさそうだ。たぶんノア、ヴォクシーは新型になっても売れるだろう。ということは、アフターパーツのメーカーも奮発してこの車専用のパーツをいろいろ出してくることになる。それは、数年後かもしれないが、カスタマイズのノウハウをショップが蓄積できる時期でもある。
 なお、ハイブリッド車とガソリン車は性格が違うので両方試乗するのが望ましい。3人もしくは4人で乗ることが多いならば購入を検討してもいい。普段、運転席と助手席くらいしか使わない人には、ヴォクシーに限らずミニバン以外の車を選択することを勧めたい。

・スペック
 全長×全幅×全高:4,695mm~4710mm×1,695mm~1,730mm×1,825mm~1,870mm
 車両重量:1,570~1,680kg
 エンジン:3ZR-FAE(直列4気筒DOHC1986cc)
 最高出力・トルク:112kw(152ps)/6100rpm・193Nm(19.7kgm)/3800rpm
 エンジン(ハイブリッド):2ZR-FXE(直列4気筒DOHC1797cc)
 最高出力・トルク(ハイブリッド):73kw(99ps)/5200rpm・142Nm(14.5kgm)/4000rpm
 駆動方式:前輪駆動、四輪駆動
 価格:\2,437,714~\3,054,857

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
ヴォクシーに激安で乗り換えませんか?

タグ

2014年4月29日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/124

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)