トヨタ プリウスα

トヨタ プリウスα

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
プリウスαを激安で手に入れる方法とは・・・?

 長年トヨタの看板商品であったカローラの地位を引継ぎ好調な販売成績を続けているプリウスですが、そのプリウスをもっと実用車としての使い勝手を追及したモデルが「プリウスα」です。見た目の印象は従来型プリウスを膨らましたようなデザインで同じトヨタのウイッシュを丸くした感じ、車高を引上げホイールベースを伸ばしたプリウスαの実際の使い勝手はどうなのでしょうか?最近は海外メーカーもハイブリッド車のラインナップを進めており「ハイブリッド=プリウス」という図式は崩れつつあります、機能性と快適性と経済性を高次元でバランスさせるハイブリッドカーの方向性の一つとしてプリウスαの魅力を探ってみましょう。
 従来型のプリウスに乗った際に最も強く感じたフィーリングは何かと思い出すと、何か頑丈な箱にタイヤを付けてゴロゴロと転がっているような印象が強かった様に思います。見た目の無機質な家電っぽいデザインと相まってどうも自動車を運転していると言うよりは家電を操作しているような感覚になり、乗り心地に関しては意外とバタバタと落ち着かない印象の車だと感じたものです。そんなだからこのプリウスαも「ミニバン人気に乗じて単にボディをストレッチして7人乗車が出来るようにしたのだろう」と勝手に想像していたのです。
 しかし、この印象は実車に乗ると大きく改められることに成ってしまいました、実際に大きくなったボディと容量アップされたバッテリーのお陰で車重は120kgも増加してしまい運動性能のダウンを心配してしまう数値ながら実際にはこの重量増は思わぬメリットを生んでいるようです。最も印象的に変わったのは走行時のバタバタ感はすっかり無くなってしまい落ち着いた車らしい安定した走行性能を手に入れてしまいました、ハンドリングも路面の状況やタイヤが路面を支えている感覚が捉え易いセッティングとなり車の性格だけで見れば全く別の車に乗った様な印象です。

 天井高が高くなった事と少し落ち着いた感じのデザインに変更されたインパネ、少しだけ高くなったヒップポイントのお陰で運転席に座った際の開放感は明らかに高くなっており、外から見ると傾斜が強く視界への影響が心配されたAピラーも実際には運転者の邪魔をする事はなさそうです、特に劇的な変化があったのは2列目のシートで拡大されたボディの恩恵を高さと長さ両方で得ています。シートの造りは若干サポート性が向上されより体へのフィット感が増した事も快適性が向上した原因の一つでしょう。

 パワーユニットそのものは従来型と基本的には同じものなので重量が増えた分気になる燃費は若干落ちているようです、実際平均速度40㎞程度で流れている街中の道路と郊外の交通量の少ないバイパス道などを織り交ぜながら走行した場合の平均燃費は16㎞、以前ガソリンエンジンの「ノア」で高速道路を長時間走った際の燃費と然程変わらない数値。1L当り16㎞という数値自体は決して悪い成績ではないがユーザーの中にはハイブリッドだからもう少し伸びて欲しいと感じる人も居るかも知れません。
 αでは7人乗り仕様もラインナップされてますが3列目の実用性はやはり非常用程度、身長180cmの筆者はまず乗ってみようとは思わないレベルで多人数乗車のパッケージングだけに注目すればウイッシュのほうに軍配が上がるのは間違いありません、日頃は4人家族で利用という方であれば間違いなく5人乗りを選択することをお勧めします。ゆとりのある後部座席に大容量のトランクルームは日常の使い勝手の上できっと満足感を得られるに違いありません。

 調べてみると乗り心地が良くなったのは単純に重量が増して車体の動きが緩慢になったからでは無いようです、このαには車体の揺れを可能な限り抑える姿勢制御機能が備わっています。フロントが下がる状況では走行モーターの力を上げ故意にフロントを持ち上げ、逆の場合はブレーキの制御で姿勢を落ち着かせる、感心するのはこの故意の姿勢制御の動きが乗り手には殆ど伝わって来ず実に自然に滑らかな走行フィールとなって乗員に還元されている事です。現在のトヨタ車でこのシステムが搭載されているのは海外向けのアヴェンシスのみだとか、低回転時から強力な力を発揮できる電気モーターの特質を生かしたなかなかの優れた機能だと思います(因みにアヴェンシスもディーゼル仕様のみ、やはり低回転時に発生する厚いトルクあっての機能という事なのかも)

 プリウスに試乗に行って「意外と玩具っぽい」と興味が無くなった人は販売台数以上に非常に大いに違いないと思うのだけど、αはそんなプリウスの弱点を上手に解消している好製品のようです。「ハイブリッドはまだまだ」と一度は感じた人も同じプリウスとは思わず先入観を持たずに試乗すれば新たな発見があるかも知れませんよ。


ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
プリウスαに激安で乗り換えませんか?

タグ

2013年5月31日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:トヨタ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/100

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)