フォルクスワーゲン up!

フォルクスワーゲン up!

ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
UP!を激安で手に入れる方法とは・・・?

 最近街中でも結構な頻度で見かける様になった欧州製のコンパクトカー、外車と言うと所有するステータス性に重きを置く風潮もここに来て大分鎮まったと見え国産車と輸入車の選択もかなり自由度が増した様です。 大きな要因は車を自身のステータス性に重ねる人の割合よりも人目を気にせず自分のライフスタイルに合った車を選ぶ人が増えて来た事に加えて輸入車の品質がより日本の車事情にも適合されるように外国メーカーも生産管理や搬送、アフターサービス迄も工夫を重ねて輸入車とは言え特別な覚悟をしなくても良くなった事も大きいでしょう。そこで前回に続いてヨーロッパの小型車の中でも人気の高いフォルクスワーゲンのUP!をご紹介します。
 UP!を最初に見たのはフランクフルトのモーターショーを紹介する記事だったと思いますが、見た瞬間に感じたのは故赤塚不二夫先生の漫画に登場する「泥棒キャラクターにそっくり!」口の周りをグルリと取り囲む泥棒ヒゲが何とも可愛らしいデザインで見る人の印象に残るフロントフェイス。実物を見てもその印象はそのままで目付きは精悍なワーゲン顔なんだけどグリル周りの愉しそうなデザインにデザイナーのこの車に込めた気持ちが伝わって来ます。シルエットを見ると以前のポロのボディラインを踏襲している様にも見えますが、サイドに回って見ると極端に切り詰められた前後オーバーハングからも相当な理詰めで組み立てられた様子が伺えます。

 ドイツ車にしては軽めのドアを開けて運転席に腰を下ろすと先ず思うのが「広い!」外見からも車全体の大きさの割には長いホイールベースだと思ったけれど、その恩恵でクラス以上の開放的で明るい室内に仕上げられています。開放感が高いのは明るい配色のなされたインテリアや余り寝かされてないサイドガラス、大きめの窓等の色々な要素を折り混ぜて一体感のある明るい雰囲気を作っています。ドイツ車の常でシートの作り込みはしっかりしており、見た目の可愛らしさに似合わず適度な硬さと軟らかさが巧くバランスしており背もたれのサイドサポートも見た目以上に効果があり程良く身体を支えてくれます。

 最近国内でもコンパクトカーでは主流になった3気筒エンジンは1000cc、始動させるとバラバラッ・・・と回り始めたと思ったらすぐに安定して滑らかなアイドリング状態に、セミATの様な変わったトランスミッションをドライブモードにして走り始めると滑らかに進んでくれます。ハイパワー車に慣れた方には若干物足りないと感じるかも知れない加速力ですが排気量なりの加速は国産コンパクトと同等の加速、街中で交通の流れに乗るには必要十分な力があり街乗りで不満を持つ事は無いでしょう。然しながら、この車が本領を発揮するのはやはりシフトをマニュアルモードに切り替えて元気良く回しながら走る時です、それまでのスローペースな加速は何処かに行ってしまい歯切れの良い排気音と共に小気味良くキビキビと走ってくれます。ハンドリングのセッティングは国産車と比較すると随分ダイレクト感のある味付けで、ハンドルの切り初めから間髪を入れずに向きを変えて行く様は外見の可愛らしさからはチョッと想像出来ない位です。

 そんな元気の良い一面も持つUP!だけにボディやサスペンションの設定も良く考えられており凸凹の多い路地や橋の繋ぎ目、フラットなバイパス等何処を走っても十分な安心感を持って通過出来ますし室内の静粛性も耳障りなノイズを立ててしまう事はありません、見掛けはちっちゃなUP!ですが、「車は走らせてナンボ」の欧州車としてのしっかりとした作り込みは施されており見掛けが可愛らしいエントリーユーザー向けのコンパクトと高を括ってしまうには勿体無いと思う位しっかりとワーゲンの世界が堪能出来ます。

 唯一気になる点と言えばこのセミオートマの扱い方、ギアは5速である事も静粛性に一歩貢しているのだと思いますがマニュアルモードで元気良く意のままに走らせるには少し慣れも必要です。しかし、普通に運転免許を受けている人であればまず間違いなく習得できますし、その「癖」が逆にこの車でしか味わえない特別な感覚を醸し出してくれて所有した後の満足感がより高いものになるのは間違いない。稀にエンジンの回転数とギアの選択の関係なのかエンジンの振動を感じる場面がありましたが3気筒のネガティブさを感じる程ではありませんのでどうかお試しあれ。

 ともかく車両本体価格が200万円を切る価格にお洒落で開放的なデザイン、足腰の強さはさすがドイツ車!と言ったところでしょう、動力性能に絶対的な優先度が無く日常の足としてしっかりした車を探す方であれば尚更「UP!」は良い選択肢になるでしょう、この価格と性能に加え欧州でね衝突安全基準を5つ星で通過する車体構成は単に上手にコストダウンした車ではありません、サイドエアバックや衝突回避ブレーキも付いて実にお得感のある車に仕上がっています。やはり、ワーゲンも車好きの気持ちがよく判っているのだなぁ、ここ数年の業績の良さが実感出来る気がする車でした。



ディーラーが新車をガンガン値引きする"魔法の一言"とは?
UP!に激安で乗り換えませんか?

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sinsha.jp/mtos2/mt-tb.cgi/108

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)